「エレメンタリー シーズン3」7話あらすじ、ネタバレ 誘拐事件の真相

「エレメンタリーホームズ&ワトソン in NY」
シーズン3第7話のネタバレを公開します。

6話のネタバレはこちら

7話あらすじ、ネタバレ

ワトソンは
弁護士のキムという女性から
妹のジェシカを探して欲しい
と依頼されます。

ジェシカが行方不明になったのは5年前で、
警察とFBIも捜索を諦めています。

キムも妹が生きているとは考えておらず、
事件の真相が知りたいようです。

 

スポンサーリンク

FBIが事件に関わっていた理由は、
ジェシカが行方不明になった事件が
連続誘拐事件の1つだと思われているからです。

事件の共通点は被害者が消えた場所に
ナツメグのような匂いが残っていた事です。

時間を持て余しているホームズは、
ワトソンの案件に口を出します。

資料を見たホームズはワトソンと
FBIのタナー捜査官に会いに行きます。

タナーは、
連続誘拐事件だと主張しますが、
ホームズはこれを完全否定しました。

ホームズ曰く、
一連の事件に関連性はないようです。

ナツメグの謎はまだ解けません。

 

捜査を進める中で、
ワトソンはコペンハーゲンに滞在中の
アンドリューと連絡が取れなくなります。

ワトソンは恋人を心配し、
何度も携帯をチェックしています。

 

そんな中、
生前のジェシカが弁護士のクレイマーと
不倫関係だった事を突き止めます。

クレイマーを問い詰めますが、
彼には確実なアリバイがありました。

 

この日の夜、
ワトソンは元同僚のクリスと再会し、
「成りすまし詐欺の被害に遭った」
と相談されました。

健康診断に行って、
医療情報を盗まれたようです。

ワトソンは
手が空いたら調査すると約束し
キティに医療履歴を調べてもらいます。

 

さらに次の日、
ホームズはワトソンを連れて
刑務所へと向かいました。

クレイマーを調べていたところ、
麻薬組織の大物の弁護を
引き受けていた事が判明しました。

その大物・カーペンターが
別件で逮捕されて刑務所に服役中です。

クレイマーが不倫相手のジェシカに
カーペンターの悪事を喋っていた形跡を
ホームズは見つけたのです。

教師で正義感が強いジェシカが
カーペンターの悪事を告発しようとして、
消されたと考える事もできます。

 

海外ドラマバナー

ホームズとワトソンは、
カーペンターに話を聞きます。

ホームズは
刑務所内の待遇改善を条件に
彼が殺人を外注した事を認めさせます。

ただし、
ジェシカ殺しの実行犯・ダニーは、
組織によって消されたようです。

これで事件解決と思われましたが、
新たな情報が手に入ります。

野外音楽堂で銃弾の痕が見つかり、
ナツメグの匂いがしたようです。

ホームズとワトソンは
急いで現場に向かいます。

ホームズは匂いの成分を調べる為に
匂い博士の通称・ノーズを呼びます。

ノーズ曰く、
ナツメグは他の匂いを消すための物で、
微かに漂白剤の匂いが残っているようです。

さらにノーズは、
金属と水酸化ナトリウムの匂いも感じます。

話を聞いたホームズは、
現場で何があったのか悟りました。

水酸化ナトリウムで被害者を溶かし、
現場を掃除したのです。

一連の事件の被害者は、
全て溶かされて消されているのです。

これは実行犯の仕業ではなく、
殺しの後始末を行う掃除人の仕事です。

掃除人を見つける方法が見つからず、
ホームズはキティを被害者に見立て、
殺人写真をネットにアップし、
掃除人を雇いたいという広告を出します。

もちろんこんな事では
掃除人を釣る事はできません。

それどころかホームズは、
警察官に怒られてしまいました。

一方でワトソンはキティの助けを借り、
クリスの成りすまし犯を見つけました。

どうやらワトソンとクリスは、
交際していた時期があるようです。

 

スポンサーリンク

結末

ホームズとワトソンの調べで、
ウッドバインという男が浮上します。

かつてはNY市からの依頼で、
犯行現場の清掃なども行っていた人物です。

今はビルを買い取って、
自由気ままに絵を描いています。

一介の清掃員がビルを買えるはずありませんが、
ホームズが探している掃除人なら‥

 

さっそくホームズは、
ウッドバインに会いに行きますが、
罪を認めるはずありません。

そこでホームズは、
ウッドバインの顧客について調べ
アルメニアの犯罪組織のボスの
デディキアンに辿り着きます。

 

翌朝、
ホームズとワトソンは、
殺人については追及しない代わりに、
ウッドバインを売って欲しいと頼みます。

デディキアンはウッドバインを売りますが、
彼は姿を消してしまいました。

ウッドバインの家には
ナツメグの匂いが残っています。

掃除人が他の掃除人に消されたのです。

しかも同じ手口で‥‥

ウッドバインには、
弟子か相棒がいたのでしょうか。

 

一方でキティは、
ウッドバインのビルで
管理人の仕事をしていた男が、
カーペンターと一緒に映る写真を見つけます。

この管理人を調べてみると
カーペンターの三男・ジェレミーと判明しました。

ホームズとワトソンは、
刑務所内のカーペンターを追求します。

長男と次男は父の後を継ぎ、
組織で活動しています。

ジェレミーは父親の紹介で
ウッドバインから掃除人の
仕事を教わっていたのです。

カーペンターは、
ジェレミーからの報告で、
ウッドバインがホームズの
追及を受けていると知り、
口を封じるよう命じたのです。

ジェレミーは、
ウッドバインの顧客の情報を持っており、
口封じに消される可能性もあります。

カーペンターはホームズの勧めで、
ジェレミーに自首を命じました。

 

事件は無事に解決となり、
ホームズはキティの成長を褒めました。

一方でワトソンは、
NYに戻る予定のアンドリューの為に
豪華な食事を用意しています。

8話へ続く