海外ドラマ「エレメンタリー シーズン1」8話あらすじ、ネタバレ 置き忘れ

「エレメンタリーホームズ&ワトソン in NY」
シーズン1第8話のネタバレを公開します。

7話のネタバレはこちら

8話あらすじ、ネタバレ

ホームズとワトソンの契約が
残り3週間となりました。

ホームズを支える支援者を
見つける必要があるのですが、
ホームズが乗り気ではありません。

これにはワトソンも困った様子。

 

スポンサーリンク

 

ホームズとワトソンが言い合っている頃、
ウェブ制作会社のオフィスで
爆発事件が発生しました。

2名が死亡、11名が怪我をしました。

ホームズは
グレッグソン警部から連絡を受け、
ワトソンと共に現場に向かいます。

爆弾は通気口に仕掛けられていました。

ホームズは現場で
過去の新聞の切れ端
ポケベルを発見しました。

ポケベルは起爆装置のようです。

 

 

ワトソンは支援者候補として
証券取引委員会で働くエイドリアンを
ホームズに紹介しました。

ホームズはまともに会話もせず、
エイドリアンの前から去ります。

 

警察はポケベルの着信履歴から
起爆した男を逮捕します。

ところが、
この男には爆破する動機はなく、
「ピザ屋とかけ間違えた」と話しています。

ホームズも聴取を確認しますが、
男が嘘を付いている様子はありません。

爆弾に使用されていた新聞は
2008年の物でした。

爆弾は4年も前に作られ、
ずっと通気口に置かれていたのです。

 

4年前は別の会社が
オフィスに入っていました。

その会社とは「ヴァン・オーエン社」。

女性社長のヴァン・オーエンが
18年前の1994年に設立したPR会社です。

ホームズとワトソンは
ヴァンを訪ねて話を聞きます。

ヴァンは、
エコテロリスト団体のELMから
脅迫を受けていた事実を明かします。

ヴァン・オーエン社は、
エネルギー関連企業とも取引があるので、
標的にされてもおかしくはありません。

実際にELMは、
複数の企業を爆破しています。

 

この日の夜、
脅迫状を読んだホームズは、
テレビに出ていたノールズという男が
ELMの一員だと見抜きます。

 

翌朝、
ホームズとベル刑事は
ノールズを事情聴取します。

ノールズは脅迫状を送った事と
他の企業を爆破した事は認めますが、
ヴァン・オーエン社の通気口に
爆弾を設置した事は否定します。

ホームズはこの自白を信じます。

ノールズはELMの一員なので、
環境に害がある有害物質は使いません。

しかし、
ホームズが現場に駆け付けた時、
有害物質の臭いが残っていたのです。

 

海外ドラマバナー

ホームズは新聞紙の破片を集め、
犯人が書いたと思われるメモを見つけます。

やはりノールズの筆跡とは一致しません。

ホームズは、
ヴァン・オーエンに恨みを持つ者が
ELMの脅迫を利用しようとしたと考えます。

 

ホームズはヴァン・オーエンを訪ね、
会社に恨みを持つ者を探します。

会社の資料を読んだホームズは、
2003年に雇ったシンという社員に目を付けます。

彼は2007年に昇進して
2008年に給料交渉で揉めています。

その矢先、
シンは行方不明となったのです。

今でもシンは見つかっていません。

経理担当の話では、
シンはある日を境に傲慢になり、
昇進と昇給を望むようになったようです。

 

ホームズとワトソンは、
シンの妻を訪ねます。

妻は夫の死を確信しているようです。

そんな中、
ホームズはシンの家の壁に
違和感を覚えます。

壁を調べたホームズは、
シンの遺体が隠されていると推測します。

警察が壁の中を確認すると
シンの遺体が入っていました。

容疑者は妻となりますが、
彼女はシンの死亡推定時期に
故郷のムンバイに居た事が判明します。

シンが行方不明と聞いて
慌ててNYに帰って来ているのです。

 

ホームズは
シンは爆弾魔ではないと考えます。

昔の資料を見直すと、
シンのデスクが通気口の傍と判明したからです。

爆弾魔は爆発でシンを殺す予定でしたが、
その前にシンを殺して壁に隠したので、
爆破する必要がなくなったのです。

そのまま放置された爆弾が
4年経った現在になって爆発したのです。

 

スポンサーリンク

結末

シンは胸部を撃たれて死んでいましたが、
ポケットに貸金庫の鍵が入っていました。

ホームズとグレッグソンは、
貸金庫の中身を確認します。

中にはビデオテープが入っており、
衝撃的な映像が録画されていました。

シンが娼婦との行為を盗撮した映像です。

その娼婦は若き頃のヴァンでした。

ヴァンは娼婦として稼いだ金で
ヴァン・オーエン社を設立したのです。

2003年に入社したシンですが、
最初はヴァンに気付きませんでした。

そんなある日、
シンは社長が元娼婦で
自分の相手をした女性だと気付き、
傲慢な態度を取り始めたのです。

要求が飲めなくなったヴァンは、
ELMからの脅迫を利用して、
爆破で彼を始末しようとしました。

ところが、
起爆に失敗して銃殺したのです。

 

ヴァンは逮捕されますが、
証拠がないと高を括ります。

ホームズは笑みを浮かべます。

証拠はあるのです。
新聞に残されたメモです。

すでに筆跡は一致しています。

 

ワトソンはホームズの為に
アルフレードという支援者を見つけます。

アルフレードも元依存者で、
車泥棒を行っていた過去もあります。

今はその技術を見込まれ、
車のセキュリティの仕事をしています。

ピッキングが得意なホームズは
アルフレードに興味を示しました。

9話へ続く

 

スポンサーリンク



コメントを残す