海外ドラマ「エレメンタリー シーズン1」7話あらすじ、ネタバレ

「エレメンタリーホームズ&ワトソン in NY」
シーズン1第7話のネタバレを公開します。

6話のネタバレはこちら

7話あらすじ、ネタバレ

ワトソンはホームズに
アイリーンについて尋ねます。

アイリーンの名前を聞いたホームズは、
ワトソンに対して激怒し、
彼女を無視するようになりました。

 

スポンサーリンク

ホームズが無視を始めた次の日、
凶悪な殺人事件が発生して、
ホームズは1人で現場に向かいます。

殺されたのは金持ちの夫婦、
現場は2人の自宅。

犯人は金品を盗んだ後、
夫婦の頭に枕を巻き付けて
拳銃で殺害しています。

さらに戦利品として、
妻の靴を持ち帰っています。

現場を見たグレッグソンとホームズは、
クルーズという男の名前を口にします。

今から13年前の1999年、
クルーズは連続殺人事件を犯し、
グレッグソンに逮捕されています。

クルーズは服役中ですが、
今回の事件の手口がクルーズと同じなのです。

導き出される答えは4つ。

・クルーズの模倣犯
・クルーズに共犯者が存在した
・クルーズが誰かに犯行を命じた
・そもそもクルーズは犯人ではない

 

そんな中、
夫妻はウォルシュという男から
脅迫を受けていた事が判明します。

夫妻はリフォームの為に
ウォルシュを雇っていましたが、
彼の仕事が適当なので解雇したのです。

ウォルシュには前歴もあるので、
ベル刑事は彼が犯人だと考えます。

ホームズ、グレッグソン、ベルは、
ウォルシュの取り調べを行いますが、
彼は犯行を否定しました。

ホームズとグレッグソンは、
ウォルシュの家宅捜索を行います。

すると女性が監禁されていました。

ウォルシュは女性を監禁し、
性的暴行を行っていたのです。

ただし、
夫妻は本当に殺していないようです。

 

そのころワトソンは、
ホームズが入っていた施設を訪ね、
アイリーンの手がかりを探します。

ホームズはセラピストには何も話さず、
施設の人間も彼の事はよく知りません。

ただし、
蜂が好きな庭師とは、
仲が良かったようです。

ワトソンは庭師に会って、
アイリーンについて尋ねますが、
明確な答えは返ってきませんでした。

それでも庭師は、
ホームズから預かっていた手紙の束を
ワトソンに渡しました。

 

グレッグソンは13年前に
クルーズを逮捕しましたが、
凶器の拳銃は見つかっていません。

そして、
今回の事件で同じ拳銃が
使用された事が判明します。

 

ホームズとグレッグソンは、
刑務所のクルーズの面会に行きます。

クルーズは共犯者説を完全に否定し、
自分は冤罪だと訴えます。

 

海外ドラマバナー

ホームズとグレッグソンは、
13年前にクルーズのアリバイ証言を
断った女性・カーラに会いに行く事にしました。

人妻のカーラは、
証言によって不倫がバレる事を恐れ、
クルーズのアリバイ証言を断っています。

2人はカーラの自宅を訪れますが
彼女は4年前に他界していました。

 

この日の夜、
ホームズは13年前の取り調べの映像を観ます。

グレッグソンが差し出したマグカップは、
現場に残された証拠品として
裁判で提出された物と同じでした。

証拠は捏造されたのか‥‥

 

次の日、
ホームズはマグの事を追求しますが、
グレッグソンは捏造を否定しました。

一方でワトソンはホームズに
庭師から預かったアイリーンの手紙を
中身を確認せずに渡しました。

ホームズはジュースの中に
手紙を入れてしまいます。

 

ホームズとワトソンは、
13年前の別の容疑者を洗います。

その中の1人のナーダンは、
別の罪で服役していましたが、
3週間前に出所しています。

ナーダンは所在不明ですが、
ホームズはすぐに居場所を突き止めます。

 

時を同じくして、
グレッグソンは警察署の外に
13年前の相棒・テリーを呼び出し
証拠の捏造を追求しました。

捏造したのはテリーだったのです。

グレッグソンは、
仮にクルーズが無実だった時は、
事実を明らかにすると告げました。

 

ホームズとワトソンは、
ナーダンの宿泊先に忍び込み
凶器の拳銃を発見します。

 

スポンサーリンク

結末

ホームズが拳銃を見つけた頃、
新たな被害者が発見されていました。

やはり同様の手口で夫妻が殺されています。

ただし今回の事件では、
夫妻の客人も殺されていました。

客人は逃げ出そうとしましたが、
犯人に中距離から撃たれています。

ホームズが拳銃を見つけた事で、
警察はナーダンを指名手配しました。

ただし、
ホームズはナーダン犯人説を否定しました。

 

その直後、
ベル刑事がナーダンを確保しました。

ホームズはナーダンに会いに行き、
右側からオレンジを投げつけました。

ナーダンは気付かず、
オレンジは顔面に直撃します。

その様子を見たホームズは、
ナーダンは犯人ではないと断言します。

彼は左目しか見えておらず、
離れた相手を撃ち抜くのは困難です。

ホームズは部屋を見たときに
単眼だと気付いたのです。

 

ホームズは、
クルーズが外の誰かを利用して
ナーダンに罪を着せていると推測します。

しかし刑務所の記録によると
クルーズには誰も面会していません。

資料を見たホームズは、
ボランティアの職員を怪しみます。

団体を確認したホームズは、
意外な人物に辿り着きます。

クルーズと不倫していたカーラの息子・ショーンです。

 

ショーンはクルーズの息子でした。

4年前に母が他界した後に
その事に気付いたショーンは、
実の父親に興味を抱いて
ボランティアに参加し始めました。

やがて2人は話すようになり、
クルーズはショーンを利用したのです。

ホームズに説得されたショーンは、
今回の事件の真相を自白しました。

ショーンは逮捕されて、
ホームズとグレッグソンは、
その事を刑務所のクルーズに告げました。

 

この日の夜、
ホームズはワトソンに
アイリーンは元恋人で
他界した事を明かしました。

8話へ続く

 

スポンサーリンク



コメントを残す