海外ドラマ「スーツ シーズン8」5話あらすじ、ネタバレ

海外ドラマ「SUITS シーズン8」の
5話のネタバレを公開します。

4話のネタバレはこちら

5話あらすじ、ネタバレ

ある日の朝、
ルイスは恋人のシーラから
不妊症の検査を受けようと言われます。

恥ずかしがり屋のルイスは、
検査に行くことを嫌がりますが、
ハーヴィーからアドバイスを受け
クリニックへと向かいました。

 

スポンサーリンク

ハーヴィーは弟のマーカスから
電話で相談を受けました。

マーカスは
妻のケイティと離婚調停中で、
ハーヴィーに代理人を頼みたいのです。

ハーヴィーが事情を尋ねたところ、
マーカスの不倫が原因だと判明しました。

不倫を毛嫌いするハーヴィーですが、
完全に親権を奪われそうな弟の為に
代理人を引き受ける事にしました。

 

アレックスの娘のジョイは反抗期で、
アレックスのいう事を聞きません。

その挙句、
学校でトラブルを起こして、
停学処分を受けてしまいました。

アレックスは
ジョイを事務所に連れて行き、
目の届くところで自習させました。

 

ジョイはアレックスと彼の妻が
トラブルについて尋ねても
何も答えようとしません。

アレックスは
ルイスの秘書のグレッチェンに
子育ての秘訣を尋ねます。

グレッチェンは、
「あなたの言う事は聞かなくても
イケてる人の言う事なら聞くはず。」
と助言しました。

「イケてる人」を考え抜いた結果、
サマンサという答えになりました。

アレックスはサマンサに娘を預けます。

ジョイはサマンサには正直に
停学になった理由を喋りました。

サマンサは自分が学生時代に
停学になった時の話をしたのです。

これで2人は打ち解け合い、
サマンサは仕事を手伝ってほしいと
ジョイを助手に任命しました。

 

サマンサはジョイを連れて、
カフェに向かいました。

そのカフェでは、
訴訟の相手とその代理人が
打ち合わせを行っていました。

サマンサは
有利な証拠を持っていませんが、
自信満々な姿を見せつけに来たのです。

サマンサはジョイに
コーヒーを買いに行かせます。

ジョイはレジで並んでいる時に
サマンサの訴訟相手と弁護士の会話を
咄嗟に録音しました。

これが重要な証拠となり、
サマンサは訴訟で勝利しました。

 

ハーヴィーはケイティを訪ね、
「弁護士を入れずに話し合って欲しい」
と義理の兄として頼みます。

ケイティは絶対に無理だと答えます。

本当に不倫が原因なのでしょうか‥

 

海外ドラマバナー

 

ハーヴィーとマーカスは
ケイティと代理人との話し合いを行います。

ケイティと彼女の代理人は、
単独の親権を主張しました。

ハーヴィーは共同親権を求め、
マーカスが父親としては、
優秀な男だと主張します。

ここでハーヴィーは
離婚の原因が不倫ではなく、
ギャンブルだと知って驚きます。

かつてのマーカスは
ギャンブル依存症に陥っていました。

治療とレストラン経営の成功で、
その病は治まっているはずでしたが、
彼は自宅でギャンブルをしていたのです。

しかも娘にその姿を見られた時、
ママには内緒にするよう口止めしています。

話を聞いたハーヴィーは激怒します。

不倫した母のリリーも
ハーヴィーに口止めした過去があり、
その事で悩んだハーヴィーは
マーカスの行動が許せないのです。

ハーヴィーはNYに帰ると告げます。

 

ハーヴィーが帰宅の準備をしていると、
母のリリーが訪ねてきました。

リリーは自分の行いを謝罪し、
マーカスを助けて欲しいと頼みます。

ハーヴィーは考え直し、
マーカスの弁護を続けました。

まずハーヴィーは、
「二度とギャンブルはしない」
という誓約書を書かせます。

次にハーヴィーは
ケイティの弱点を突こうとしますが、
マーカスは止めて欲しいと言いました。

 

ルイスは医師に呼び出され
検査の結果を告げられます。

ルイスの体に問題はありませんが、
「趣味の泥風呂はオススメしない。」
と告げられました。

帰宅したルイスはシーラに
泥風呂には行かないと約束します。

 

スポンサーリンク

結末

ジョイはアレックスに
サマンサの仕事を手伝ったと報告して、
サマンサの事を褒め続けました。

話を聞いたアレックスは、
サマンサが娘を利用して、
訴訟で勝ったと考えて激怒します。

 

 

翌朝、
ジョイはサマンサに声をかけ、
今日も手伝いたいと頼みます。

サマンサ
「アレックスが許さないわ。」

ジョイ
「パパの事なんて無視すればいい。
サマンサと居る方が勉強になる。」

アレックス
「いいえ、パパが正しいわ。

私は14の時に停学ではなく退学になった。
このままじゃ負け犬になると思って
心を入れ替えて勉強したわ。

アレックスはあなたを大事に想ってる。
私には叱ってくれる人がいなかった。

だから私はアレックスに従うわ。
だってあなたのパパは頭いいから。」

ジョイ
「そうしてみる。
パパは1つだけ正しかった。
あなたはイケてる。」

サマンサ
「まだわからないの?
イケてるのは私ではなくて
あなたのパパよ。」

その後、
アレックスはサマンサに
ジョイを諭してくれた事に対し感謝します。

サマンサも訴訟の件で謝罪します。

アレックスはサマンサに
自分はハーヴィーと約束しており、
代表の座を目指すと告げます。

2人は同時就任は望んでおらず、
正式にライバルとなりました。

 

ルイスはシーラとの約束を破り、
泥風呂に入ってしまいます。

シーラには隠そうとしますが、
あっさりバレてしまいます。

怒ったシーラは、
子供は諦めようと提案します。

ルイスは
本気で泥風呂を封印する事にして、
メンバーカードを返却しました。

ドナは落ち込むルイスに
「世界一のパパ」と書かれたマグカップに
温めた泥を入れてを贈ります。

ルイスは泥に指を入れて
プチ泥風呂を味わいました。

 

ハーヴィーはケイティに会いに行き、
君の弱点を突こうとしたが、
マーカスに拒否されたと伝えます。

マーカスは本当に家族を愛しており、
その事を知ったケイティは、
共同親権を認める事にしました。

ハーヴィーはドナに電話をかけ、
全て片付いた事を報告します。

ハーヴィーはドナに
今回は身を削る思いだったと
珍しく弱音を吐きます。

ドナはそんなハーヴィーに
自分から進んで身を削って
家族を助けたのよと伝えました。

6話へ続く

 

スポンサーリンク



コメントを残す