海外ドラマ「スーツ シーズン6」4話あらすじ、ネタバレ 司法取引

海外ドラマ「SUITS シーズン6」の
4話のネタバレを公開します。

3話のネタバレはこちら

4話あらすじ、ネタバレ

ハーヴィーは、
証券取引委員会のケイヒルから
マイクを釈放させる方法を聞かされます。

それはマイクの同居人・ケヴィンから
ある事件の証拠の情報を聞き出し、
密告する事です。

 

スポンサーリンク

 

マイクとケヴィンは、
お互いに自分の事を話します。

ケヴィンには2人の子供がいますが、
1度も面会はしていません。

会いたい気持ちはありますが、
刑務所には来て欲しくないのです。

話を聞いたマイクは、
両親が事故死した過去を明かし、
面会するべきだと伝えます。

 

そんな中、
ハーヴィーが面会に来ました。

ケイヒルが欲しがっているのは、
ケヴィンの義父の犯罪の証拠です。

ハーヴィーの提案を聞いたマイクは、
ケヴィンは裏切れないと答えました。

ハーヴィーは、
レイチェルに説得させようとしますが、
ドナに反対されました。

 

 

コロンビア大に通うレイチェルは、
ダンパー教授に頼まれて
死刑囚の冤罪証明を行う
イノセンスプロジェクトに協力しています。

レイチェルは、
ベイリーという死刑囚に会いに行き
再審請求を提案しました。

12年も無罪を訴え続けたベイリーは、
レイチェルが学生と知って落ち込みますが、
最終的には助けて欲しいと口にしました。

レイチェルは、
ベイリーが起こしたとされる
殺人事件について調べ始めます。

仕事に没頭したレイチェルは、
一瞬だけマイクの事を忘れます。

レイチェルは、
その事を少し反省しますが、
ドナはいい事だと励まします。

 

そのころルイスは、
大切にしていたマグカップを
バジーニ達に勝手に使われて
激怒していました。

しかもバジーニ達は、
カップを尿検査に使用したようです。

ルイスは、
バジーニらを追い出したいのですが、
彼らはハーヴィーに守られています。

ドナはそんなルイスに
しっかりとした建築家を雇って、
事務所のレイアウトを変更すれば、
彼らと顔を合わさずに済むと助言します。

 

スポンサーリンク

 

マイクの説得に失敗したハーヴィーは、
ケイヒルへの返事を延ばします。

ケイヒルもバカではないので、
マイクが断った事に気付きます。

 

ハーヴィーは、
ネイサンと顧問契約を結びました。

そのネイサンの会社の株が
大量に安売りされてしまいます。

犯人はバジーニ達です。

ジェシカはバジーニに会いに行き、
株を買い戻すよう要求します。

バジーニは、
食事に付き合うならと条件を出します。

ジェシカの答えはノーです。

 

ハーヴィーはケイヒルを訪ね、
ケヴィンの義父が起こした犯罪を
マイクに話して欲しいと頼みます。

ケイヒルは、
「話すのは構わないが、
刑務所に行くと怪しまれる」
と答えました。

ハーヴィーは笑みを浮かべます。
何か作戦があるようです。

 

ドナの提案を受け入れたルイスは、
女性建築家のタラを雇いました。

タラが美人だったので、
ルイスは鼻の下を伸ばします。

タラはルイスの希望を汲み取り、
「ピアソン・スペクター・リット」と
間借りしている企業との境界線を考え、
すぐに設計図を書くと約束します。

さらにタラはバレエが好きで、
ルイスは本気で彼女に惚れてしまいます。

そんなタラが
「事業を拡大する予定だから
このオフィスを借りたかった。」
と口にしました。

ルイスはジェシカに
バジーニ達を今すぐ追い出して、
タラに貸そうと提案します。

ジェシカが認めるはずありません。

さらにジェシカは、
リフォームも禁止します。

 

次にジェシカは顧客を使って、
バジーニが持つ株を暴落させました。

バジーニは激怒しますが、
ジェシカには勝てません。

 

ルイスはタラを訪ねて、
「リフォームの話はなくなった」
と謝罪します。

落ち込むタラを見たルイスは、
自分の別荘をリフォームして欲しい
と頼みました。

タラは喜んで引き受けました。

さて、
ルイスは別荘を持っているのでしょうか‥

 

hulu

結末

マイクは、
フランクの仮釈放の申請を済ませ、
自由時間にケヴィンとバスケします。

ところが、
急にマイクが苦しみ始め、
倒れてしまいました。

マイクは医務室に運ばれます。

 

ハーヴィーは刑務所に駆け付け、
フランクが毒を盛ったと激怒します。

ハーヴィーは、
フランクとも口喧嘩して、
囚人たちにアピールします。

刑務所を出たハーヴィーは、
刑務所長に感謝します。

全てはゆっくり話す為の演技です。
マイクは無傷で別の場所に居ます。

マイクと合流したハーヴィーは、
彼とレイチェルを引き合わせます。

レイチェルとの時間を作れば、
マイクが取引に応じて、
ケヴィンから情報を得ると考えたのです。

レイチェルと抱き合ったマイクは、
取引に応じる事を決意して、
彼女にも取引の内容を話しました。

 

バジーニは、
ネイサンの会社の株を買い戻し、
ジェシカに顧問になって欲しいと頼みます。

ジェシカは、
ルイスをからかわない事を条件に
顧問契約を結びました。

5話へ続く

スポンサーリンク



コメントを残す