海外ドラマ「スーツ シーズン6」1話あらすじ、ネタバレ 長い1日

海外ドラマ「SUITS シーズン6」の
1話のネタバレを公開します。

シーズン5最終回のネタバレはこちら

1話あらすじ、ネタバレ

ギブスと取引したマイクは、
ハーヴィーやジェシカを守る為に
刑務所に入る事になりました。

ハーヴィー達は罪を免れましたが、
パートナーや社員のほとんどが
事務所を去ってしまいました。

 

スポンサーリンク

 

マイクを送り届けたハーヴィーは、
レイチェルの様子を見に行き、
マイクの話をしながら酒を飲みます。

そんな中、
ルイスから留守電が入ります。

ハーヴィーとレイチェルは、
弁護士や社員のほとんどが
姿を消した事を知って、
事務所に向かいました。

ハーヴィー、ジェシカ、ルイスは、
今後の対策を練り始めますが、
何をするにしても人材がいません。

さらに追い打ちをかけるように
マイクが担当した顧客から
集団訴訟を起こされてしまいます。

弁護士や社員たちは、
集団訴訟を起こされる事を予期し、
訴状が届く前に逃げ出していたのです。

要求金額は1億ドル。
敗訴すればお金を工面できません。

ドナが社員たちの転職先リストを作り
ルイスが連絡を取ろうとしますが、
失敗してしまいます。

ハーヴィーとルイスは喧嘩を始め、
ジェシカは事務所を立て直すべきか悩みます。

落ち込むジェシカを見たレイチェルは、
「あなたに一生付いて行く」
と忠誠を誓います。

やる気を取り戻したジェシカは、
ハーヴィーにパイプを吸おうと提案します。

ハーヴィーとジェシカはルイスを誘って
3人でマリファナを吸いました。

3人はハイになって仲直りします。

あのジェシカが
受付のテーブルで寝たりします。

ハーヴィーは、
マイクを雇った事を2人に謝ります。

 

マイクは髪の毛を短く切られ、
刑務所内でのルールを説明され
監房へと入れられます。

そこでマイクは、
同室のフランクと知り合います。

フランクは
優しく刑務所のルールを話し、
マイクに身内の話をしました。

フランクを信用したマイクは、
家族の事や捕まった経緯を喋ります。

話を聞いたフランクは、
隠し持っていた携帯を取りだし、
レイチェルに電話をかけるよう勧めます。

マイクは感謝しつつも
携帯は借りませんでした。

 

そのころレイチェルは、
ドナにマイクの事を話していました。

ドナは優しく話を聞いて、
強く生きるよう伝えます。

配偶者ではないレイチェルが
マイクと面会ができるのは、
少なくとも1ヶ月以上先です。

 

スポンサーリンク

結末

事務所に残ったメンバーは、
代表のジェシカ、ハーヴィー、ルイス、
パラリーガルのレイチェル、
秘書のドナ、グレッチェン、
IT部門のベンジャミンです。

代表の3人は
お互いに軍資金を提示します。
(貯めているお金)

ルイスが書いた額を見て、
ハーヴィーとジェシカは驚きます。

当面は3人だけで資金を捻出できそうです。

そんな中、
ベンジャミンがある事に気付きます。

元パートナーたちが
事務所のデータベースをハッキングし、
顧客の情報を盗もうとしているのです。

ベンジャミンは
すぐにハッキングを止めますが、
顧客の資料は盗まれてしまいます。

その矢先、
ジェシカの顧客・ジムから連絡が入り、
真実を話せと告げられます。

ジェシカは真実を話して、
月末までに事務所を立て直すと答えます。

ジムの話を聞く限り、
パートナーは事務所の顧客を
奪うつもりではないようです。

ルイスはパートナーたちの狙いは、
顧客ではなく出資金だと気付きます。

ルイスとジェシカは、
金は使ってしまえばいいと考えます。

使ってしまえば奪われる事もないのです。

ジェシカは、
要求額の10分の1の金額で
和解を持ちかけると宣言します。

出資金をその費用にするのです。

 

 

マイクはレイチェルの事を想って、
夜も寝付けませんでした。

マイクは考え直して、
フランクに携帯を借りて、
レイチェルにメールを送りました。

その場に1人の刑務官が現れて、
「そろそろ自分の部屋に戻れ」と
フランクに命じました。

フランクは同居人ではなかったのです。

 

実はこのフランクという男、
検事補時代のハーヴィーの手によって、
刑務所に入れられた受刑者なのです。

ハーヴィーに恨みを持つフランクは、
新聞でマイクの記事を読んで、
同居人のフリをして近付いて、
レイチェルの連絡先を手に入れたのです。

そして面倒な事に、
フランクは刑務所内の権力者で、
数人の刑務官も抱き込んでいます。

2話へ続く

スポンサーリンク



コメントを残す