海外ドラマ「スーツ シーズン5」3話あらすじ、ネタバレ 同等の立場で

海外ドラマ「SUITS シーズン5」の
3話のネタバレを公開します。

2話のネタバレはこちら

3話あらすじ、ネタバレ

朝早くハーヴィーが出勤すると
秘書のグレッチェンが働いていました。

給料体制変更の件で
ルイスを恨むハーヴィーの為に
ルイスへの嫌がらせを提案しますが、
ハーヴィーは却下しました。

その場にジェシカが現れ
「ソロフと和解しろ」
とハーヴィーに命じます。
(ジェシカはいつも朝が早い)

 

スポンサーリンク

マイクは
ケルトン保険会社集団訴訟の
原告側の代理人を引き受けました。

資金の問題で反対されたので、
レイチェルの父・ロバートと
手を組む事にしました。

ロバートが集団訴訟の件で
「ピアソン・スペクター・リット」を
訪ねてきました。

ジェシカは怒りつつも
マイクを同等の関係として扱う事を条件に
2人が協力し合う事を認めました。

 

ルイスは
ハーヴィーの給料の件で
ドナのご機嫌を取ります。

「二度と私をあんな立場に追い込まないで」
と釘を刺されました。

ルイスはソロフに
自分はハーヴィーとの争いから
手を引くと伝えました。

 

ハーヴィーはソロフの為に
伝説のNBA選手・バークレーとの
ゴルフをプレゼントします。

ところが、
ソロフはハーヴィーの魂胆を見抜き、
プレゼントの受け取りを拒否しました。

ハーヴィーはキレます。

ハーヴィーの様子を見たグレッチェンは
ソロフの顧客の情報を渡します。

書類に目を通したハーヴィーは、
笑みを浮かべました。

ハーヴィーは、
ソロフの3番目に大きい顧客に
バークレーを引き合わせました。

顧客はバークレーの大ファンで、
ソロフとの契約を打ち切って、
ハーヴィーと契約を結びました。

 

マイクとロバートは、
原告団と面会します。

正式に依頼を引き受けて、
保険会社に和解を提案します。

2人は交渉を優位に進めますが、
マイクはアソシエイト扱いされます。

さらにロバートは
マイクの知らない所で
ヘッジファンドから出資を受けていました。

 

海外ドラマバナー

顧客を奪われたソロフは、
ジェシカに苦情を入れます。

ソロフはルイスと手を組んで、
ハーヴィーの給料明細をばら撒き
給料体制を改定しています。

ジェシカは
ソロフの言い分を無視します。

ハーヴィーを庇うジェシカ、
他のパートナーに支持されるソロフ、
2人がぶつかり合っています。

ソロフはルイスのオフィスに行き、
自分に手を貸すよう頼みます。

一度手を貸したルイスは、
要求を飲むしかありません。

 

一方でハーヴィーは、
ソロフの顧客を奪った件で
ジェシカに叱責されました。

ハーヴィーは
マイクとロバートが手を組んで、
集団訴訟を弁護している事を気にしています。

その事を追求されたハーヴィーは、
パニックの発作を起こしてしまいます。

パニック状態でオフィスに戻ると
マイクがハーヴィーを待っていました。

不審に思ったマイクは、
救急車を呼ぼうとしますが、
ハーヴィーに止められました。

ハーヴィーはマイクに
パニック発作だと打ち明けます。

その場にソロフが現れて、
「給料から成功報酬を外す」
と宣言しました。

もちろん勝手には出来ません。

パートナー会議で提案して
可否の投票が行われます。

マイクは違法だと主張しますが、
ソロフはマイクを鼻で笑って
ルイスが味方だと答えました。

ハーヴィーは
「勝手にすればいい。
その間に俺は君の顧客を4つ奪う」
と言いソロフを追い返しました。

ソロフがオフィスを去った後、
マイクは4つ奪えるのかと尋ねます。

ハーヴィーはマイクに
「一緒に方法を考えて欲しい」
と頼みました。

マイクは喜んで引き受けます。

 

スポンサーリンク

結末

ロバートは
即決裁判を申し立てます。

マイクは反対しました。

懲罰的賠償の法案が審議中で、
3ヶ月後に裁判を起こせば
マイク達が有利なのです。

ロバートが関わってからまだ2日で、
判事はこの件を熟知しているのかと
ロバートに質問します。

ロバートは言い逃れをしますが、
「原告の気持ちを理解していますか?」
という質問には答える事ができません。

するとマイクがロバートの代わりに
被害者一人一人の症状を説明し、
原告の意見なども口にしました。

原告は約200人います。

マイクは判事に資料を渡して、
全ての被害者および遺族の事を
自分は理解していると主張します。

判事は即決裁判を認めました。

審理の後、
ロバートはマイクに謝罪し、
パートナーとして扱うと約束しました。

 

 

ハーヴィーは、
セラピストのアガードを訪ねます。

予約なしだったので、
追い返されそうになりますが、
必死に説得して診察を受けます。

アガードはハーヴィーに
「ドナへの怒りを吐き出して」
と言います。

最初は「ない」と
答えていたハーヴィーですが、
アガードと言い合っている内に
ドナの幻を見てしまい、
本心を口にしてしまいます。

俺を裏切ってルイスの元に行った。

 

その次の日、
ハーヴィーはグレッチェンに声をかけられます。

グレッチェンの履歴書には
空白の2年間があります。

グレッチェンは、
その2年間について説明しました。

夫を亡くしたグレッチェンは、
パニック発作を起こすようになり
2年間は働けなかったのです。

それでも今は完治しています。

グレッチェンが言いたいのは、
時が解決してくれるという事です。

そして、
立ち向かう勇気さえあれば、
すぐにでも回復するのです。

この日の夜、
マイクとハーヴィーは、
仲良く食事に行きました。

4話へ続く

スポンサーリンク



コメントを残す