映画「007 ダイアナザーデイ」あらすじ、ネタバレ結末 女優はハルベリー

映画「007/ダイ・アナザー・デイ」の
ネタバレを結末まで公開します。

今作はシリーズ20作品目です。

前作「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のネタバレへ

あらすじ

MI6の諜報員・ボンドは、
ダイヤモンド商人に変装し、
北朝鮮に侵入しました。

ダイヤと引き換えに武器を密輸する
ムーン大佐が今回の標的です。

ダイヤを手にムーン大佐に近付きますが、
彼の部下のザオによる顔認証で
ボンドは正体を暴かれてしまいます。

どこかから情報が漏れたようです。

ボンドは、
ダイヤに仕掛けていた爆弾を爆発させ、
武装ホバークラフトを盗んで逃走します。

追いかけてきたムーン大佐を
滝壺に落として始末しますが、
彼の父・ムーン将軍に拘束されました。

ボンドは拷問を受けますが、
情報を1つも吐きませんでした。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

14ヵ月の時が流れました。

MI6はムーン大佐の部下・ザオと
ボンドの捕虜交換を要求します。

北朝鮮は捕虜交換を飲みました。

ボンドの上司・M自らが
ボンドを迎えに来ました。

ボンドはMと再会しますが、
00」の称号を剥奪されてしまいました。

実は今から1週間前、
北朝鮮に潜入していたCIAの工作員が
拘束されて処刑されたのです。

アメリカ側は情報提供者が
ボンドではないかと疑って
イギリスに苦情を入れたのです。

そこでアメリカとイギリスは、
これ以上の情報漏洩を防ぐ為に
捕虜交換を決めたのです。

情報漏洩の疑惑が晴れるまでは
「00」の称号は剥奪という訳です。

 

船で移送中だったボンドは逃走し、
香港に上陸します。

ホテル支配人で諜報員の
チャンの協力を得て、
高級ホテルで身なりを整え
ザオの情報を手に入れます。

解放されたザオは、
キューバに向かったようです。

ボンドもキューバに飛びます。

 

ハバナに到着したボンドは、
地元の情報屋のラウルから
ザオがロス・オルガノス島の病院で、
DNA組み換え治療を行うと聞きます。

DNA組み換え治療を行えば、
まったく別人になれるのです。

ボンドは島の対岸となる浜辺で
ジンクスという美女と知り合います。

2人はすぐにベッドインしました。

 

翌朝、
ボンドが目を覚ますと
ジンクスの姿はありませんでした。

ボンドは準備を整えて
ロス・オルガノス島に渡ります。

病院に潜入したボンドは、
治療を受けて別人種となった
ザオを発見します。

情報を聞き出そうとしますが、
格闘の末に逃げられてしまいます。

ボンドはザオを追う途中で
ジンクスと再会しました。

彼女の正体は、
アメリカ国家安全保障局の工作員で
彼女もザオを探していたのです。

ボンドは
ザオを取り逃がしますが、
彼のペンダントを手に入れました。

 

海外ドラマバナー

ザオのペンダントの中には
ダイヤが入っていました。

ラウルと共にダイヤを調べたボンドは、
イギリスのダイヤ王と呼ばれている
グスタフの刻印を見つけます。

グスタフは実業家ですが、
賭けフェンシングを趣味としています。

イギリスに戻ったボンドは、
フェンシングクラブに向かい、
グスタフの秘書・ミランダに近付きます。

ミランダはかつてのメダリストで、
グスタフの相手をしている女性です。

ボンドはグスタフと手合わせします。

勝利したボンドは気に入られ、
アイスランドで行われる予定の
人工衛星・イカルス
デモンストレーションに誘われます。

 

クラブを出たボンドは、
MI6からの接触を受けて
Mと再会しました。

グスタフはアフリカのダイヤを
アイスランドのダイヤとして
ロンダリングしている可能性があります。

Mはボンドに「00」の称号を返します。

ボンドはQから武器と車を受け取り、
アイスランドへと向かいます。

 

さて、
グスタフの秘書のミランダは、
MI6の工作員でMの部下です。

Mの命令でグスタフを監視していたのです。

Mはミランダに
ボンドの監視も命じました。

 

デモンストレーションの会場は、
湖の上に建てられた氷の宮殿でした。

パーティーに参加したボンドは、
またもジンクスと再会しました。

 

時を同じくして、
グスタフのオフィスにはザオが現れます。

実はグスタフの正体は、
滝壺に落ちたムーン大佐です。

ロス・オルガノス島の病院で
遺伝子組み換え治療を受けて
イギリス人になったのです。

さすがのボンドでも気づきません。

 

夜になって、
デモンストレーションが始まります。

グスタフは人工衛星・イカルスに
ダイヤで作った反射板を付けて
地上に太陽の光を照射します。

これが第二の太陽となり、
厳しい土地でも年中農作物が
収穫できると発表しました。

会場は拍手喝采です。

 

この日の夜、
グスタフを尾行したボンドは
警備員たちに怪しまれますが、
正体を明かしたミランダに救われます。

2人はそのままベッドインしました。

 

そのころジンクスは、
グスタフの研究施設を探っていましたが、
彼とザオに拘束されてしまいました。

 

朝になって、
研究施設に侵入したボンドは、
拘束されていたジンクスを救出しました。

ジンクスの話を聞いたボンドは、
グスタフの正体がムーン大佐だと気付きます。

 

ボンドはジンクスに
ミランダへの伝言を頼んで、
グスタフに会いに行きます。

グスタフは、
「いつ殺そうか迷っていた」
と笑います。

その場にミランダが現れますが、
何故かボンドに銃口を向けました。

彼女は二重スパイだったのです‥‥

すなわち、
北朝鮮に情報を流していたのも
ミランダという事になります。

伝言を伝えに行ったジンクスは
再び拘束されています。

 

スポンサーリンク

結末

窮地から脱出したボンドは、
氷の上でカーチェイスを繰り広げ、
ザオを始末しました。

ジンクスはボンドの部屋に
拘束されていましたが、
ボンドによって救われます。

ボンドはジンクスと合流しますが、
すでにグスタフとミランダは
北朝鮮に向かった後でした。

ボンドとジンクスも彼らを追って
韓国へと向かいました。

 

イカルスの真の力は
太陽熱を利用したレーザー砲です。

グスタフはイカルスを使って、
韓国への侵攻を目論んでいます。

 

アメリカとイギリスは、
対衛星兵器を使用して
イカルスの破壊を試みますが、
レーザー砲に阻まれます。

ボンドとジンクスは空から
北朝鮮へと侵入しました。

2人はグスタフの
プライベートジェットに乗り込みます。

 

グスタフは飛行機の中で
父であるムーン将軍と再会します。

グスタフはイカルスを使って、
韓国と北朝鮮の間に埋められた
地雷を全て爆破させました。

これでいつでも侵攻可能です。

ムーン将軍は、
世界の秩序を乱す息子を
自らの手で始末しようとしますが、
返り討ちに遭ってしまいました。

その場にボンドが現れ
グスタフと銃撃戦を繰り広げます。

窓に穴が空いた事で
飛行機は急降下を始めますが、
操縦室に乗り込んだジンクスが
持ち直します。

自動操縦にした後、
ジンクスはミランダに襲撃されます。

ボンドはグスタフを、
ジンクスはミランダを倒しますが、
イカルスによる照射で飛行機が傷付きました。

イカルスの攻撃を止めた後で、
ボンドとジンクスはヘリに乗り込み、
燃える飛行機から脱出しました。

無人島に不時着した2人は、
ヘリに乗っていたダイヤに囲まれ
楽しい一時を過ごしました。

真面目なのでダイヤは返すつもりのようです。

スポンサーリンク



コメントを残す