海外ドラマ「スーツ シーズン3」7話あらすじ、ネタバレ 全ての黒幕は‥

海外ドラマ「SUITS シーズン3」の
7話のネタバレを公開します。

6話のネタバレはこちら

7話あらすじ、ネタバレ

ある日の夜、
ドナはスティーブンと
バーに行きました。

その場にハーヴィーが現れて
マリガ大佐の件を尋ねました。

スティーブンが
マリガ大佐本人に電話をかけ、
それをキャメロンが盗聴していたのです。

スティーブンの軽薄な行動によって、
マリガ大佐の居所がバレたのです。

ハーヴィーは激怒して、
「二度と俺に関わるな」
とスティーブンに告げました。

スポンサーリンク

ハーヴィーとマイクは、
ジェシカと協力する事になりました。

マリガは別件でも偽証しており、
人に罪を擦り付けるプロです。

 

そんな中、
ナイジェルが予定よりも早く
香港出張からNYに戻ってきました。

ルイスは猫を預かっており、
ナイジェルに返す必要があります。

しかし、
すっかり彼の愛猫の虜となり、
適当な言い訳をして返却を延期します。

すぐにナイジェルに見つかりますが、
元々は2週間の予定だったと
ルイスは親権を主張しました。

ルイスとナイジェルは、
アソシエイトを陪審員として
模擬裁判を行う事にしました。

 

ジェシカ、ハーヴィー、マイクは、
キャメロン立会いの下で、
マリガ大佐の尋問を行います。

マリガはエヴァに依頼されて
パイプライン建設に反対する住民を
虐殺したと証言します。

ハーヴィーは、
「エヴァとマリガは1回しか会っておらず、
その時の映像も証拠にならない」
とキャメロンに迫ります。

ここでキャメロンは、
エヴァとマリガの通話記録を見せます。

2人は何度か電話で話していました。

 

事務所に戻ったハーヴィーは、
電話の件をエヴァに尋ねます。

エヴァは電話した事を認め、
「殺人など依頼していない。
報告する義務はないと思った。」
と話しました。

ジェシカはエヴァの右腕だった
ニックから突破口を開こうと考え
ハーヴィーとマイクに調査を命じます。

マイクは司法省のキャメロンを訪ね、
ケンカを売るフリをして、
彼が持っていた書類を盗み見します。

マリガ大佐が虐殺を行った後、
ニックの口座に金が振り込まれていました。

 

一方のジェシカは、
ダービーに電話をかけて、
合併を解消したいと申し出ます。

 

ベネットが研修で不在なので
ルイスは模擬裁判の弁護を
レイチェルに依頼しました。

模擬裁判にて、
ナイジェルはルイスの元部下の
ハロルドを証人として呼びます。

ルイスに解雇されたハロルドは、
彼の事をボロクソに貶します。

ルイスが圧倒的に不利ですが、
レイチェルは咄嗟の判断で
ハロルドを追い詰めます。

ルイスの逆転勝利となりますが、
ナイジェルはアソシエイトの
指導係の座を譲る事を条件に
猫を返して欲しいと頼みます。

レイチェルの説得もあり、
ルイスは彼に猫を返しました。

ルイスはレイチェルに
コロンビア大学ロースクールから届いた
合格通知書を渡しました。

 

海外ドラマバナー

結末

ハーヴィーとマイクは、
ニックが黒幕だとジェシカに報告します。

ハーヴィーたちは、
ニックを事務所に呼んで
証言録取を行いました。

マイクはニックに彼の口座に
大金が振り込まれた証拠を見せます。

ニックは殺人依頼を否定しますが、
マリガ大佐側から話が来たと打ち明けます。

 

時を同じくして、
ドナはスティーブンが
マリガの証言録取の内容を
コピーしていた事を知ります。

報告を受けたマイクは、
真実に辿り着きました。

全ての黒幕はスティーブンです。

スティーブンとマリガ大佐は、
大学時代のラグビー部のチームメイトです。

パイプライン建設の件で
住民の反対に遭ったエヴァは、
親交があったダービーに相談しました。

ダービーは腹心のスティーブンに
その件を片付けるよう命じました。

スティーブンはマリガ大佐に連絡し、
ニックを巻き込んで反対派の住民を虐殺しました。

すなわちエヴァは、
殺人に関してはまったくの無関係です。

 

スティーブンがNYに来た理由は、
真実が明らかにならないよう工作する為です。

その為にドナも利用したのです。

ハーヴィーはスティーブンを殴り飛ばしました。

8話へ続く

 

スポンサーリンク



コメントを残す