「相棒18」17話あらすじ、ネタバレ結末 遠峰小夜子の洗脳

2月26日に放送された
「相棒18」17話のネタバレを公開します。

17話あらすじ、ネタバレ

ある日、
女性の絞殺体が発見されます。

捜査一課は
両手の親指が切断されていた事から
過去に2人を殺害している
指切り男」の犯行だと考えます。

さらに被害女性の喉の奥から
いびつな形の真珠が発見されました。

 

スポンサーリンク

そのころ亘は、
キッチンカーの店主の芽依から
メールの返事が来ないので
心配していました。

右京は上の空の亘を連れて
鑑識係に向かいます。

過去の2件の犯行では、
真珠は見つかっていません。

右京は今回の事件に興味を示します。

被害者の爪からは
犯人の物と思われる皮膚片が
付着していました。

 

そんな中、
亘は弁護士の連城から連絡を受け、
東京拘置所に呼び出されました。

亘を待っていたのは、
平成の毒婦と呼ばれた
遠峰小夜子でした。

小夜子は刑務所にいながらも
右京を苦しめた危険人物です。

小夜子は
今回の事件のニュースを観て、
女性の指に執着を持つ人物を
思い出したと亘に話します。

小夜子の話では、
その人物は飲食関係者のようです。

さらに小夜子は亘に
「冠城さんが大切な人を失って
途方に暮れる夢を見たんです。
もしかして身近な人が行方不明ですか?」
と言いました。

亘は芽依の事を尋ねますが、
小夜子は何も教えてくれません。

小夜子は亘に
右京には喋るなと脅します。

 

次の日も亘は
右京に内緒で小夜子と面会します。

小夜子は
「早く見つけた方がいい」
と亘を急かしました。

 

一方の右京は小夜子の手記を読み、
事件の共通点に気付いていました。

犯行は満月か新月の日でした。

 

亘は伊丹と芹沢に
飲食関係者が捜査線上に
浮上していないかと尋ねます。

心当たりはないようですが、
話を聞いていた右京は凶器が
クロスタイだと気付きました。

バーテンダーなどが使用します。

 

「木曜島」というダイニングバーの
平川という店主が浮上します。

「木曜島」というのは、
真珠が取れる事で有名な島です。

伊丹と芹沢は「木曜島」を訪れますが、
平川は自ら包丁で頸動脈を切って
自殺してしまいました。

店内を調べた右京は
被害者たちの指を発見しました。

さらに、
被害者の爪に残っていた皮膚片のDNAが
平川の物と一致しました。

被疑者死亡で事件解決か‥‥

 

亘は小夜子と面会します。

平川は命を落としましたが、
まだ芽依が見つかっていないのです。

小夜子は亘に
キッチンカーはどこかとヒントを出します。

拘置所を出た亘は
右京に見つかりました。

亘は右京に
芽依が行方不明だと打ち明けます。

 

右京と亘は
芽依の写真を手掛かりに
彼女が店を出店していた
南雲記念病院を訪れます。

業務用冷凍庫業者の中安の紹介で、
病院で出店する事になったようです。

この業者は「木曜島」にも
冷凍庫を納品している会社です。

「木曜島」の担当は、
横領で退職した深堀という男でした。

 

右京と亘は
小夜子の手記を載せた
雑誌社を訪れました。

手記の内容は真珠の事ばかりですが、
小夜子を支援する者は多く、
雑誌社は広告で稼いだようです。

明かに不自然な場所に広告があります。

雑誌社の話では、
広告を挟むページは、
小夜子が指定したようです。

 

右京と亘は
広告のページ数に目を付け
緯度と経度を算出します。

さらに2人は青木に頼んで、
キッチンカーの目撃情報を集め
緯度と経度を照らし合わせました。

 

海外ドラマバナー

結末

右京と亘は公園に辿り着きます。

亘は小夜子が「きらきら星」を
歌っていた事を思い出します。

その話を聞いた右京は、
近くの倉庫に目を付けます。

窓から中を確認すると、
芽依のキッチンカーがありました。

2人は倉庫の窓を割って中に入ります。

芽依の姿はありませんが、
右京は地下室の入り口を発見します。

地下室に入った2人は、
遂に監禁された芽依を発見しました。

 

やがて深堀が逮捕されました。

深堀は平川からお金を貰って
女性を倉庫に監禁していたのです。

深堀は中安のフリをして芽依に近付き、
彼女を誘拐したようです。

芽依は相貌失認なので、
顔を見分ける事ができないのです。

 

右京は東京拘置所を訪れ、
平川の死と深堀逮捕を告げます。

小夜子はかつて亘が芽依を
爆発から助ける場面を目撃しており、
今回のゲームを考えたのです。

ただし、
平川と小夜子の繋がりを
証明することはできません。

さらに言えば、
平川、深堀、小夜子だけでは
今回の犯行は不可能です。

小夜子の協力者は他にもいるのです‥‥

 

右京は芽依の見舞いに行きます。

右京
「冠城君は来れなくなりました。」

芽依
「今回の事件の事で?」

右京
「まだ事件の真相がわかってなくて‥」

芽依
「いつか私のパンを買いに来てください。
って冠城さんに伝えてください。

いつか会えるようになったら
キッチンカーを探してください。
って。」

病室を出た右京は、
外で待っていた亘に
芽依からの伝言を伝えました。


「遠峰小夜子には他に協力者がいる。
あの子を標的にしない為には、
俺は近付いてはいけない。」

右京
「そうですね」

 

スポンサーリンク



コメントを残す