映画「ジョン・ウィック3:パラベラム」あらすじ、ネタバレ結末

映画「ジョン・ウィック:パラベラム」の
ネタバレを結末まで公開します。

「ジョン・ウィック1」のネタバレへ

「ジョン・ウィック2」のネタバレへ

あらすじ

主人公で暗殺者のジョンは、
裏社会の聖域とも呼ばれている
コンチネンタルホテルでの
不殺の掟を破りました。

しかも殺した相手は、
主席連合となったサンティーノです。

本来ならすぐに粛清されますが、
「コンチネンタルホテルNY」の
支配人・ウィンストンは、
ジョンとの友情を優先して
彼に1時間の猶予を与えました。

スポンサーリンク

ネタバレ

猶予を与えられたジョンは、
愛犬を連れて雨が降るNYを逃げます。

時を同じくして、
ジョンの追放処分の手続きが進みます。

1時間後には
1400万ドルの賞金首となり、
次々と暗殺者に命を狙われます。

 

ジョンは逃走の途中で、
タクシー運転手に愛犬を託し、
「コンチネンタルホテルNYの
コンシェルジュに預けて欲しい」
と頼みました。
(コンシェルジュのシャロンは
ジョンに敬意を払っている男で、
過去にも犬を預かっている)

その後、
ジョンはNYの公共図書館に向かい
ある女性と交わした血の誓印を回収します。

裏社会において、
血の誓印は絶対です。

まだ時間はありますが、
暗殺者のアーネストが
ジョンの命を狙いました。

ジョンはアーネストを倒しますが、
ナイフによる刺し傷が残りました。

ジョンは、
闇医者・ドックによる治療を受けますが、
ここで時間切れとなりました。

全ての援助が中止となり、
暗殺者たちに追われ始めます。

 

ジョンは暗殺者たちに追われますが、
武器屋で武器を調達して、
次々と暗殺者を返り討ちにします。

1400万ドルの首を狙う暗殺者です。
全員が凄腕です。

ジョンは満身創痍となります。

時を同じくして、
シャロンはタクシー運転手から
ジョンの愛犬を預かります。

 

暗殺者に追われるジョンは、
馬を盗んで逃走します。

懸賞金は1500万ドルに上がります。

 

ジョンが逃げ込んだ先は劇場でした。

実はこの劇場は、
主席連合支配下「ルスカ・ロマ」のアジトです。

「ルスカ・ロマ」の首領・ディレクターは、
ジョンの育ての親と呼べる女性です。

ジョンを手助けすれば
ディレクターの命も危険です。

それでもディレクターは、
モロッコのカサブランカに
行きたいというジョンの為に
船を用意すると約束しました。

 

コンチネンタルホテルNYに
主席連合の裁定人が現れます。

裁定人はウィンストンに
支配人からの退任を告げます。

支配人の交代は1週間後です。

サンティーノ殺しを止めなかった事、
ジョンに1時間の猶予を与えた事への
主席連合からの懲罰処分です。

 

さらに裁定人は、
地下犯罪情報組織の王である
バワリーキングを訪ねます。

バワリーキングは、
サンティーノ殺しにおいて
ジョンに協力しています。

裁定人はバワリーキングに
首領の座から下りるよう命じます。

バワリーキングは拒否しました。

 

裁定人は日本料理店を訪れ、
ゼロと呼ばれる暗殺者に
ジョンと彼の協力者の抹殺を命じます。

裁定人はゼロと彼の部下を連れ
ディレクターの仲間を殺します。

ディレクターは
主席連合への忠誠の証として
両方の掌を刺される事で
命を奪われずに済みました。

 

ゼロと彼の部下達は
バワリーキングの命も狙います。

キングの部下達は、
必死に彼を守ろうとしましたが、
ゼロと彼の部下の戦闘力は恐ろしく、
キングはゼロに斬られました。

 

海外ドラマバナー

ジョンは
モロッコのカサブランカに着きますが、
ここでも暗殺者に命を狙われます。

暗殺者を倒しつつ向かった先は、
「コンチネンタルホテルモロッコ」でした。

支配人は女性のソフィア。

かつて暗殺者だったソフィアは、
娘の命を守る為にジョンに助けを求め、
「血の誓印」を結びました。

ジョンは2人の命を守り、
ソフィアの娘を逃がした過去があります。

ソフィアは娘の居場所も知りません。

 

今度はジョンがソフィアに助けを求めます。

ジョンは追放されているので、
ソフィアは手助けを渋ります。

ジョンの願いは、
ソフィアの昔のボス・ベラーダに
会わせて欲しいというものでした。

ベラーダは主席連合の一員で
「金貨」や「血の誓印」の鋳造所の管理人です。

 

ソフィアは愛犬を連れて
ジョンと共にベラーダに会いに行きます。

ベラーダは、
ソフィアの愛犬を気に入っているようです。

ジョンはベラーダに
「主席連合の首長に会わせて欲しい」
と頼みます。

首長はモロッコを拠点にしているのです。

ベラーダは
砂漠を死にかけるまで歩けば
首長に会えると話しました。

ベラーダは情報料として、
ソフィアの愛犬を求めます。

ソフィアがこの要求を断ったので、
ベラーダはソフィアの愛犬を殺しました。

この行為が許せなかったソフィアは、
ベラーダの部下と銃撃戦を繰り広げ
ベラーダにも重傷を与えます。

ジョンもソフィアを援護し、
2人はベラーダのアジトを出ます。

 

ジョンは砂漠を歩き始めます。

砂漠を歩き続け、
意識が遠のき始めます。

そして遂に死にかけた時、
ラクダを連れた男に助けられ
首長の元に連れて行かれました。

首長はジョンに
生きたい理由を尋ねます。

ジョンは
妻との愛の記憶の為に
生き続けたいと答えます。

首長は
追放処分撤回の条件を2つ出します。

今後は主席連合配下の
暗殺者として働き続ける事。

ウィンストンを暗殺する事。

ジョンは主席連合に仕えると誓い、
忠誠心を証明するために
手の指を1本斬り落としました。

ジョンは仕事用のスーツを着て
NYへと戻ります。

ゼロ以外の暗殺者は近付きません。

ジョンがホテルに逃げ込んだので、
ゼロは彼に手を出せなくなりました。

ゼロはジョンに
「あんたの大ファンなんだ」
と伝えました。

 

スポンサーリンク

結末

ジョンがホテルに入ると
ウィンストンが彼を待っていました。

ウィンストンは、
主席連合に殺されるぐらいなら
ジョンに殺されたいと望みます。

ここでジョンは、
ウィンストンが自分を庇った事で、
退任を迫られている事を知ります。

ウィンストンに退任する気はありません。

ウィンストンがしたように
ジョンも友情を優先しました。

ジョンとウィンストンは、
手を組んで主席連合と戦う事にしました。

コンチネンタルホテルNYが
主席連合に反旗を翻した事で
不殺の掟も解除されました。

聖域指定を解除された事により、
主席連合の部隊や暗殺者たちが
2人の命を狙ってホテルに来ます。

ウィンストンは武器庫を解放し、
ジョンは従業員と共に完全武装します。
(ここから20分以上の銃撃戦&格闘)

ジョンは従業員たちと戦いますが、
主席連合の部隊の防弾服が固く苦戦します。

ジョンとシャロンは、
ショットガンで対抗しました。

ジョンは、
主席連合の部隊を全滅させ、
ゼロと彼の部下と戦います。

ゼロの部下も全滅させ、
遂にゼロとの一騎打ちです。

ゼロは近距離戦闘のプロですが、
今回はジョンが勝利しました。

 

ゼロも倒したジョンは、
ウィンストンの待つ屋上に向かいます。

ところが、
裁定人がウィンストンに
和解を申し入れていました。

ウィンストンは、
主席連合に忠誠を誓う代わりに
支配人続投を望みます。

裁定人はこれを受け入れます。

ジョンはウィンストンに銃撃されて
地上に落下しました。

裁定人は
コンチネンタルホテルNYを
再び聖域指定して去ります。

ジョンは屋上から落ちましたが、
その遺体はどこにもありません。

 

ジョンはホームレスの男に助けられ、
地下へと連れて行かれました。

ジョンの前に現れたのは、
ゼロに斬られたバワリーキングでした。

重傷を負いながらも生きていたのです。

バワリーキング
「主席のクソどもめ。
7回も斬られた。

君に聞きたい。
どんな気分だ?

私は本当に腹が立っている。
ジョン。君もか?」

ジョン
「あぁ。」

 

スポンサーリンク



コメントを残す