海外ドラマ「スーツ シーズン2」4話あらすじ、ネタバレ 証拠隠しの犯人は‥

海外ドラマ「SUITS シーズン2」の
4話のネタバレを公開します。

3話のネタバレはこちら

4話あらすじ、ネタバレ

ルイスは復帰したダニエルに近付き
力になりたいと伝えました。

ダニエルはそんなルイスに
「マイクを貸せ」と命じました。

マイクはハーヴィーの部下なので、
ルイスが勝手に決める事はできません。

 

スポンサーリンク

ダニエルにゴマをすりたいルイスは、
マイクを貸して欲しいと
ハーヴィーに頼みます。

ハーヴィーは一旦は断りますが、
マイクが朝からウルサイので、
ルイスに押し付けました。

 

そんな中、
ハーヴィーは秘書のドナから
再審請求の書類を受け取ります。

4年前、
自動車メーカー・CM社は、
交通事故で亡くなった遺族から
ボンネットに欠陥があったと訴えられました。

ハーヴィーがCM社の弁護を担当し、
4年前の裁判は勝訴しています。

ところが今になって、
原告側が再審を請求したのです。

しかも原告側の弁護士は、
ハーヴィーと因縁がある
ボストンの弁護士・タナーでした。
(タナーはシーズン1の10話で登場した弁護士)

 

ハーヴィーはタナーと面会します。

タナー曰く、
欠陥を証明する社内メモ
コピーが見つかったと主張します。

ボンネットには欠陥があり、
ハーヴィーは悪を勝たせたのです。

ただし、
ハーヴィーは本当に欠陥を知りませんでした。

 

タナーは、
CM社に賠償金4600万ドルを請求し、
証拠隠蔽の罪でハーヴィーも訴えます。

ハーヴィーに不利な状況です。

しかもハーヴィーが、
隠蔽工作で訴えられたら
ジェシカの責任問題まで発展します。

ハーヴィーは秘書のドナに確認しますが、
「私もメモは見ていない」と言われます。

 

ハーヴィーはドナに
当時のファイルを調べ直して、
メモがない事を確認しろと命じます。

 

社内メモの事を知らないハーヴィーは、
CM社のローレンスを問い詰めますが、
メモの存在など知らないと言われます。

嘘を付いてると思ったハーヴィーは、
わざとローレンスを怒らせて、
顧問契約を解除させました。

これによって、
今後発覚するCM社の情報に
守秘義務は存在しなくなります。

さらにハーヴィーはマイクにも
ファイルを調べ直せと命じます。

 

マイクはドナと共に
4年前のファイルを調べ直します。

その中でもマイクは、
ルイスの仕事を手伝います。

ルイスは見事な手腕で
相手を追い詰めました。

 

 

マイクはファイルの中から
サラという人物に目を付けます。

サラは品質管理に携わっていましたが、
事故が起きた直前に異動しています。

マイクは彼女がメモを書いた人物だと疑い
ハーヴィーにその事を報告します。

海外ドラマバナー

ハーヴィーはサラに会いに行きます。

サラはメモを書いた事は否定しますが、
欠陥の事はローレンスに報告したと答えます。

サラは、
口外しないよう命じられた上に、
品質管理から追い出されています。

ローレンスはサラに
「対処する」と約束しましたが、
すでに生産されていた分については
対処しなかったのです。

 

そのころマイクは、
ルイスのアソシエイトとして、
証言録取に挑んでいました。

ルイスは見事な手腕で
貴重な証言を引き出し、
マイクは彼を見直します。

マイクとルイスは、
何故か意気投合しています。

2人の見事な連携で勝利しますが、
相手側が破産したので反訴しても
賠償金を得る事はできませんでした。

 

 

ハーヴィーはCM社を訪れて、
ローレンスにサラに会った事を告げ、
遺族に賠償金を払えと迫ります。

 

U-NEXT

結末

この日の夜、
ルイスはハーヴィーのオフィスを訪れ、
隠し事を打ち明けろと迫ります。

ハーヴィーは何もないと答えます。

ルイスがオフィスから出た後、
ハーヴィーはマイクにルイスは
ダニエル側の人間だから信用できないと話します。

さらに
ローレンスから電話が入り、
遺族に和解金を支払うと
ハーヴィーに伝えました。

やはりローレンスは、
本当にメモの事を知らないようです。

ハーヴィーは
スピーカーで話していたので、
マイクにも丸聞こえです。

ハーヴィーとマイクは、
この件が片付くと安堵します。

ハーヴィーはタナーの元を訪れ、
「あのメモは偽物だろ?」
と尋ねます。

タナーは本物だと答え、
CM社が遺族に和解金を払っても
ハーヴィーを証拠隠蔽で訴えると告げます。

 

実はルイスはハーヴィーのオフィスに
録音レコーダーを仕掛けていました。

音声を聞いたルイスは、
信用がない事にショックを受け、
ダニエルに全てを密告してしまいます。

ハーヴィーの訴訟の事を知ったダニエルは、
ジェシカのオフィスに乗り込みます。

ダニエルは、
2人が内緒にしていた事に激怒し、
事務所をあげて戦おうと提案しました。

ジェシカは
その意見を受け入れますが、
もちろん彼を信用していません。

 

時を同じくして、
ファイルを確認していたドナは、
例のメモを発見していました。

しかも、
ドナ自身の受領サインが‥‥

5話へ続く

 

スポンサーリンク



コメントを残す