映画「ブルックリンの恋人たち」あらすじ、ネタバレ結末

映画「ブルックリンの恋人たち」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のフラニーは、
人類学の博士号を取得する為に
モロッコで遊牧民の研究をしています。

彼女の弟のヘンリーは、
ミュージシャンを目指すために大学を辞め
路上でライブ活動を行っています。

 

真面目なフラニーは、
大学を辞めると言った弟と喧嘩し、
長く疎遠になっていました。

そんなある日、
フラニーに母のカレンから
一本の連絡が入ります。

ヘンリーが交通事故に遭って、
意識不明の重体に陥ったのです。

こうしてフラニーは、
地元・NYのブルックリンに戻ります。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

NYに戻ったフラニーは、
病院でカレンと再会し、
昏睡状態の弟を見舞います。

医師の話では、
ヘンリーの意識が戻るかは微妙です。

カレンも学者で執筆活動が忙しく、
フラニー同様にヘンリーと疎遠でした。

カレンはその事を後悔します。

 

フラニーの部屋は物置状態で、
ベッドもカレンが知人に渡していました。

帰宅したフラニーは
ヘンリーの部屋で過ごします。

そこでフラニーは、
ヘンリーが本気で音楽家を目指し、
努力していた事を知りました。

さらにヘンリーが
ジェイムズ・フォレスターという
人気音楽家の大ファンだと知ります。

ヘンリーのノートを見たフラニーは、
ジェイムズのライブチケットを発見します。

弟が夢見る世界を知りたいと考え、
彼のライブに行く事にしました。

 

フラニーはジェイムズの歌に感動し、
勇気を出してライブ後の彼に声をかけ、
ジェイムズの大ファンの弟が事故に遭い
昏睡状態なのだと伝えました。

そしてフラニーは最後に
ヘンリーが作った曲が入ったCDを
ジェイムズに渡しました。

ジェイムズは非常に優しい青年で、
本気でヘンリーを心配しているようです。

 

翌朝、
ブルックリンの街を歩いたフラニーは、
路上でライブする女性を目撃します。

ヘンリーのノートを読み直し、
彼がこの街で触れてきた音楽に
自分も触れてみようと考え、
街中を歩きます。

 

さらに別の日、
フラニーが弟を見舞っていると、
なんとジェイムズ本人が訪ねて来ました。

彼はツアー中ですが、
ヘンリーの為に病室で歌ってくれました。

さらにヘンリーの曲を褒めます。

 

フラニーは優しいジェイムズに惹かれ、
彼をデートに誘いました。

ヘンリーのお気に入りの場所を周るのです。

ジェイムズは快く承諾し、
夜にまた会おうと約束します。

 

フラニーは病院を出て
ヘンリーの同居人や音楽ショップを訪ね、
キーボードを購入したりします。

夜になって、
フラニーとジェイムズは合流し、
ヘンリーのお気に入りのバーに行き
お互いに自己紹介しました。

ジェイムズは5年ほど前に
インディーズ界で有名になり
金と名声を手に入れました。

普段はメイン州の山小屋で
曲作りをしていますが、
少し前に恋人にフラれてから
スランプに陥っています。

フラニーも
人類学の博士号取得を目指している事と
弟の夢を反対した事を後悔していると
ジェイムズに打ち明けました。

フラニーは、
弟の意識を取り戻すために
ブルックリンの街で音を集めるつもりです。

フラニーの言葉に感動したジェイムズは
彼女に付き添う事にしました。

2人はたわいない話をして
朝まで過ごしました。

街中の音も録音します。

翌朝、
フラニーはヘンリーの病室に
キーボードと蓄音機を持ち込み、
弟に様々な音を聴かせます。

ヘンリーは目覚めません。

録音した街中の音も聴かせますが、
やはりヘンリーは目覚めません。

 

それから数日後、
フラニーとカレンは病室を飾り付け
ヘンリーのハーフバースデーを祝いました。

ジェイムズも忙しい時間の合間を縫って、
病室に駆け付けてくれました。

3人はお祝いムードでしたが、
ヘンリーの夢の件でカレンと
フラニーが喧嘩を始めました。

空気を読めるジェイムズが
2人をなだめました。

ジェイムズを気に入ったカレンは、
彼を自宅での夕食に誘いました。

ジェイムズは
この日はライブの予定なので、
明日行くと答えました。

この日の夜、
フラニーはライブ会場に行き、
ジェイムズの歌声に耳を傾けます。

ライブの後、
2人は遂に男女の関係になりました。

さらに夜の街に繰り出して
ヘンリーの為に音を集めたり、
即興で曲を作って遊びました。

 

U-NEXT

結末

次の日の夜、
ジェイムズは約束を守って、
フラニーとカレンの家を訪ねました。

夕食後、
酒を飲んで楽しい時間を過ごします。

話の中でカレンは
子供のヘンリーにアコーディオンを渡すと
抱いて寝ていた事を思い出します。

さらにカレンはフラニーに
子供の時に歌っていた歌を
歌って欲しいと頼みます。

フラニーは照れながらも歌います。

するとカレンが泣き始めました。

 

カレンが眠った後、
フラニーとジェイムズは街に出ます。

ジェイムズに新曲が舞い降りました。

そんな中、
フラニーはジェイムズに
いつNYを去るのかと尋ねます。

ジェイムズは、
明後日のライブの後だと答えます。

2人はその先については
何も口にできませんでした。

 

さらに次の日の夜、
フラニーがヘンリーの病室にいると
ジェイムズが訪ねてきました。

ジェイムズは、
まだ歌詞のない新曲を演奏します。

するとヘンリーが目を開けました。

フラニーは
必死にヘンリーに声をかけますが、
すぐに目を閉じてしまいます。

フラニーは医師と看護師を呼び、
母のカレンにも連絡します。

フラニーとカレンが
朝までヘンリーに語り続けると
遂にヘンリーが意識を取り戻しました。

部外者であるジェイムズは、
その様子を廊下から見守っていました。

ヘンリーの無事を確認したジェイムズは、
何も言わずに病院を去りました。

フラニーはジェイムズに会う為に
ライブ会場へと向かいます。

ところが、
チケットが完売していたので、
中に入る事ができません。

 

時を同じくして、
ジェイムズは最後に新曲を披露します。

「手を振ったけど君は見ていなかった。

大勢が僕の名を呼ぶのが聞こえた。

起きて、夢見る人。
もう起きなくては、
その目を開けて。

心の奥深くまで君を追いかけ彷徨った。
よく考えずに他人の人生に踏み込んだ。

今、僕は神秘的な力を感じる。
この世界は別の世界に繋がっていると。

僕の言葉は全てが真実ではない。
でもこの歌に想いを込めた。
君だけに捧げるよ。」

外のモニターで新曲を聴いたフラニーは、
会場を後にしました。

 

ライブを終えたジェイムズが車に向かうと、
メモとCDが置かれていました。

CDにはフラニーと共に
即興で作った曲が入っており、
メモには「ありがとう」と書かれています。

ジェイムズは車の中、
フラニーは帰宅途中の電車の中で
自分達の曲を聴いて笑みを浮かべました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す