映画「ゲットスマート(アンハサウェイ)」あらすじ、ネタバレ結末

映画「ゲットスマート」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

舞台はアメリカ。

主人公のスマートは、
諜報機関・コントロール
敏腕分析官です。

コントロールは、
国際的犯罪組織・カオス
激しい攻防を繰り広げています。

コントロールは、
表向きは冷戦の締結と共に
解体された事になっている秘密組織です。

スマートは分析官ではなく、
工作員として現場に出る事を願っており、
昇格試験を受け続けています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

スマートは7回目の昇格試験で
遂に合格を果たしました。

ところが、
スマートは分析官として優秀なので、
チーフは工作員への昇格を見送りました。

スマートはショックを受けて
散歩に出かけました。

スマートはペットショップの前で
綺麗な女性とぶつかって
言い争いをしました。

スマートが散歩から本部に戻ると
カオスに襲撃されて壊滅していました。

さらにスマートは
先ほどの女性と再会します。

この女性はエージェント99。
コントロールの工作員の1人です。

 

次の日、
スマートらはホワイトハウス近くの
秘密司令部に集まります。

今回の襲撃によって、
カオスに工作員の個人情報が奪われ、
各地で工作員が殺され始めています。

本部を爆破した爆弾は、
クリスティックという人物が
カオスに供給した事が判明しています。

チーフは、
クリスティックを足掛かりに
カオスが大量破壊行為を行う前に
核物質を奪い返す作戦を思い付きます。

作戦が上手く行けば
幹部のシーグフリードに辿り着くはずです。

ただし、
工作員の個人情報を掴まれているので、
チーフはスマートをエージェント86に任命します。

スマートは、
整形手術を受けて顔がバレていない
エージェント99とコンビを組んで、
クリスティックが潜伏するロシアに向かいました。

もちろんエージェント99は、
スマートとコンビを組む事に
難色を示しましたが、
上からの命令なので従います。

 

ロシアへの飛行機の中で
2人は怪しげな男を目撃します。

そんな中、
行動を怪しまれたスマートは、
航空保安官に拘束されます。

スマートはトイレに行って
手錠を外そうとしますが、
エアロックを作動してしまい
飛行機の外に放り出されてしまいます。

エージェント99は、
慌ててパラシュートを持って
スマートを追いかけます。

そんな2人を
先ほどの怪しげな男が追いかけ、
3人は空中で戦闘になりました。

エージェント99は男を倒して、
スマートと共にロシアに着地します。

 

情報収集能力に優れるスマートは
カオスの工作員がよく訪れる
レストランを調べていました。

99とレストランを訪れたスマートは
カオスの工作員の会話を盗み聞きして、
核爆弾が製造されている事を知ります。

工作員を尾行した2人は、
クリスティックの家に辿り着きます。

2人は変装してクリスティックの
ホームパーティに潜入します。

スタイル抜群で美人の99は、
いとも簡単にクリスティックに近付き
離れにある仕事場の情報を聞き出します。

スマートが司令部に連絡し、
屋敷の赤外線スキャンを依頼し、
2人はクリスティックの仕事場に入ります。

2人は様々な困難を乗り越え
クリスティックのPCにアクセスし、
彼がパン屋に雷管を送った事を知ります。

雷管は核爆弾にも使用される物です。

その後、
2人はクリスティックの
部下に見つかりますが、
全滅させることに成功します。

最後にクリスティックを暗殺し、
モスクワのパン工場を目指しました。

 

モスクワにて、
2人は歯に無線機を付けて
別々のルートで工場に潜入します。

スマートは、
パン屋でクリスティックの名を出し、
堂々と正面から工場に入ります。

そこでカオスの幹部の
シーグフリードと対面します。

シーグフリードを騙して、
核爆弾を見せてもらおうとしますが、
正体を見抜かれてしまいます。

監禁されたスマートは
シーグフリードの部下の
シュターカーに殺されかけますが、
返り討ちにしました。

工場内を探索したスマートは、
遂に核爆弾を発見します。

建物の弱い部分に爆弾を仕掛け、
99と合流して工場から脱出します。

 

工場は爆発しますが、
スマートと99の2人は、
飛行機の中で遭遇した刺客に捕まります。

彼の名はダリープ。

分析官時代に盗聴した内容を元に
スマートはダリープを説得して
逃がしてもらう事に成功します。

 

任務を終えたスマートは、
エージェント99に整形の理由を尋ねます。

仕事関係者との恋愛が原因で
任務でヘマして身元がバレたので、
顔を変えたのです。

 

一方のシーグフリードは、
工場の跡地から核爆弾を運び出し、
証拠を隠滅しました。

 

スマートから報告を受けたチーフは
敏腕工作員・エージェント23を
モスクワに派遣しました。

エージェント23は、
核爆弾やウランを発見できません。

放射能反応もないので、
チーフとエージェント23は、
スマートが二重スパイと断定します。

スマートは
エージェント99に眠らされ
拘束されてしまいました。

スマートはアメリカに連行されます。

99の元カレが23のようです‥‥

 

スポンサーリンク

結末

シーグフリードは
独裁者に核爆弾を売りさばき
アメリカ政府を脅迫します。

アメリカ政府が2000億ドルを支払えば
核爆弾の起爆コードを渡すと‥‥

アメリカ政府が支払いを拒否した場合、
コードは独裁者の手に渡ります。

アメリカ副大統領は相手にせず、
要求を飲みませんでした。

シーグフリードは、
見せしめとしてアメリカ国内で、
核爆弾を爆発させる計画を立てます。

 

チーフ、23、99の3人は
副大統領では話にならないと考え、
LAに出張中の大統領に
直訴する事にしました。

大統領も支払いを拒否しました。

 

一方のスマートも
ダリープからの伝言を受け取り、
コントロール司令部から抜け出し、
チーフたちを追いかけてLAに向かいます。

LAで3人と合流したスマートは、
共に核爆弾を探す事にしました。

この日、
大統領はディズニーホールにて
コンサートに出席する予定です。

スマートたちは
ホールが爆破されると考え
現地に向かいます。

スマートたちはホールに着きますが
シークレットサービスに追い返されます。

そんな中、
スマートの放射能探知機が
23の体に反応を示します。

チーフ、スマート、99に追及され
23はカオスの二重スパイだと認めます。

23は99を人質に取って逃走しました。

スマートとチーフは、
大統領の車を盗んで
23を追いかけました。

さらに途中で小型ヘリに乗り込み
空から23を追いかけます。

 

一方の23は、
爆弾の起爆スイッチを入れます。

スマートはヘリから車に飛び移り、
23を倒して99を助け出します。

ところが、
爆弾の解除コードが分かりません。

スマートと99は、
急いでホールに戻って、
爆弾の起爆を阻止しました。

 

そのころシーグフリードは、
ダリープに裏切られて川に落ちていました。

こうして事件は解決し、
スマートは正式に工作員となり、
99とも交際を始めました。

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す