「トゥームレイダー ファーストミッション」あらすじネタバレ結末

映画「トゥームレイダー ファーストミッション」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

舞台はロンドン。

主人公のララの父・リチャードは、
大企業のクロフト社の社長です。

リチャードは幼いララを残し
古代日本の女王である卑弥呼の墓を
探す旅に出て行方不明になりました。

リチャードは死亡と判断され、
ララはクロフト会社を含めた
遺産を相続する権利を得ます。

父の死を認めたくないララは、
相続を拒否し続けました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ1

7年の時が流れて
ララは立派な大人になりました。

遺産相続は今でも拒否しており、
バイク便のバイトで生計を立てています。

 

そんなある日、
ララは路上で自転車レースを行って
警察に捕まってしまいます。

クロフト社を任せられているアナが
ララを迎えに来てくれました。

アナは死亡認定書にサインし、
遺産を相続して欲しいと頼みます。

このままララがサインしないと、
会社も屋敷も売却されてしまいます。

 

ララは、
考え抜いた末にサインを決意し、
久しぶりにクロフト社を訪れます。

アナと役員のヤッフェの説明を受け、
ララは認定書に目を通します。

ララは認定書にサインする前に
ヤッフェから父のからくり箱を受け取ります。

箱を開けたララは、
親子の写真と謎の鍵と
暗号文が書かれたメモを発見しました。

暗号文を読んだララは、
認定書にサインしないまま
クロフト家の屋敷に向かいます。

暗号を解読したララは、
秘密の地下室の扉を見つけ、
鍵を使って中に入ります。

地下室は父の研究室で、
卑弥呼の墓に関する資料などが
丁寧に保管されていました。

さらにララは、
父が残したビデオレターを発見します。

ビデオには、
「卑弥呼には神秘の力があり、
それを悪用しようとする組織がいる。
資料を全て処分して欲しい。」
というメッセージが残っていました。

そして最後に
「お前の生きる道を見つけなさい」と‥‥

 

ララは父を探す旅に出る事を決意し、
卑弥呼が眠る島に行く事にしました。

まずは父が船をチャーターした香港に向かいます。

 

香港に到着したララは、
父が雇った船長の息子・ルーを見つけます。

父親の所在を尋ねますが、
リチャードと共に行方不明でした。

2人はリチャードが残した資料から
卑弥呼が眠ると言われる魔の島に行き、
父親を探す事にしました。

航海の途中、
ララは卑弥呼の力を狙うのが
トリニティ」という組織と知ります。

さらにリチャードが残した日記には
トリニティの目的が人類征服で
自分も命を狙われていると‥‥

 

魔の島に近付いた時、
嵐によって船が転覆して、
2人は海に投げ出されました。

ララは運よく魔の島に
打ち上げられますが、
ルーを見失ってしまいます。
(ジャングルみたいな巨大な無人島)

さらに何者かに殴られて気絶しました。

ララを気絶させたのは、
トリニティに雇われている
マサイアスという男でした。

マサイアスは組織の命令で
卑弥呼の墓を探し続けています。

目を覚ましたララは彼から
「リチャードを殺した」
と告げられました。

 

マサイアスと彼の仲間は、
ララが持っていた資料を読み
卑弥呼の墓を目指しました。

彼らは
難破して島に来た漁師や
密入国を図って連行された者を
奴隷として使っているようです。

ララは拘束されていましたが、
ルーに救われて脱出に成功しました。

代わりに今度はルーが捕まります。

 

U-NEXT

ネタバレ2

夜になって、
ララはマサイアスの部下に見つかりますが、
見事な格闘術で返り討ちにします。

 

そんな中、
ララは怪しげな男を見かけます。

その男はリチャードでした。

リチャードは
墓の在り処を知る唯一の人物です。

トリニティから墓の場所を守る為に
死んだ事にして島で生活していたのです。

 

次の日、
マサイアスと彼の仲間達は、
卑弥呼の墓を見つけます。

 

リチャードはララの話を聞き、
マサイアスらに自分の資料が
渡った事を知って焦ります。

女王の墓が暴かれると
呪いが世界中に広がるのです。

ララは資料を取り返すために
マサイアスのキャンプに向かいます。

マサイアスたちは、
墓の扉を開ける事ができずに
頭を悩ませていました。

資料を取り返す事ができないので、
ララは奴隷とルーを解放しました。

さらに脱出の為にマサイアスから
衛星電話を盗む事に成功しますが、
リチャードが捕まってしまいました。

リチャードを人質に取られたララは、
暗号を解いて墓の扉を開けました。

ララとリチャードは、
マサイアスと彼の部下と共に
卑弥呼の墓に足を踏み入れます。

 

何重にも罠が仕掛けられ洞窟です。

マサイアスの部下が
次々と罠に嵌って命を落とします。

ララたちは、
罠を解除して奥に進みます。

 

そのころルーと奴隷は、
墓の外でララを待っていました。

ララとリチャードの帰りが遅いので、
様子を見に行く事にしました。

 

結末

ララたちは最深部で、
卑弥呼の侍女の遺体を発見します。

さらにその奥には
卑弥呼が眠る棺が保管されていました。

マサイアスらは棺を開けて
卑弥呼の遺体を運び出そうとします。

ところが、
遺体に触れたマサイアスの部下の1人が
疫病に感染して命を落としました。

ララは墓の壁画を見て、
疫病に感染した卑弥呼が、
疫病から国民を守る為に孤島に行き、
自ら眠りについた事に気付きます。

マサイアスは真実を知っても
卑弥呼の体の一部を採取して
墓から出ようとします。

ララとリチャードは
世界を救うために彼らと
銃撃戦を繰り広げます。

 

マサイアスは、
卑弥呼の指を持って脱出を試みます。

ララとリチャードは追いかけますが、
リチャードは疫病に感染していました。

リチャードは娘に世界の命運を託し、
自爆して病原菌を葬り去りました。

 

ララは父の想いを胸に
マサイアスを追いかけて
格闘の末に彼を倒します。

最後は卑弥呼の指を
マサイアスの口の中に入れて
彼を抹殺します。

リチャードの自爆によって、
墓が崩れ始めます。

ララは脱出の途中で
瓦礫の下敷きにされますが、
ルーや奴隷たちに助けられました。

彼らはトリニティが用意した
輸送機を奪って島を脱出しました。

 

ロンドンに帰国したララは、
死亡認定書にサインして、
遺産を相続して会社を継ぎます。

今まで通り会社の経営は
アナに任せるつもりでしたが、
会社の資産リストを確認すると
トリニティのフロント企業・パトナが
子会社に紛れ込んでいる事に気付きます。

アナがトリニティと繋がっているのです‥

ララは決意を新たに
質屋で拳銃を購入しました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す