「スターウォーズ 第3章 シスの復讐」あらすじ、ネタバレ結末

映画「スター・ウォーズ
エピソード3/シスの復讐」の
ネタバレを結末まで公開します。

映画シリーズの第6作目です。

前作「第2章 クローンの攻撃」のネタバレへ

あらすじ

共和国と分離主義&通商連合の間で、
戦争が勃発しました。

そんなある日、
分離主義のグリーヴァス将軍が
共和国の首都惑星コルサントを襲撃し、
元老院のパルパティーン議長を誘拐しました。
(グリーヴァス将軍もドロイド)

分離主義と共和国はコンサント上空で、
激しい攻防戦を繰り広げる事になりました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

共和国と分離主義が
激しい空中戦を繰り広げる中、
オビワンは弟子のアナキンを連れ、
分離主義の艦体に乗り込みました。

パルパティーン議長の
奪還を命じられたのです。

2人はパルパティーンを発見しますが、
ドゥークー伯爵と再戦する事になりました。

アナキンは急激に成長している上に、
アナキンとオビワンは協力して、
ドゥークー伯爵に挑みました。

アナキンは見事な戦闘術で、
ドゥークー伯爵の腕を斬り落としました。

アナキンは
崇拝するパルパティーンに促され
ドゥークー伯爵にとどめを刺しました。

しかもパルパティーンは
気絶したオビワンを残して、
脱出しようと提案しましたが、
アナキンがオビワンを担いで逃げます。

 

オビワンは途中で目を覚ましますが、
グリーヴァスの戦闘用ドロイドに
拘束されてしまいます。

それでもアナキンとオビワンは、
戦闘用ドロイドを殲滅しました。

グリーヴァス将軍は
船を爆破して宇宙空間に逃走します。

アナキンとオビワンは、
燃える船をコンサントに不時着させ、
任務完了となりました。

途中で気を失ったオビワンは、
全ての手柄をアナキンに譲ります。

その後、
妻のパドメに再会したアナキンは、
彼女の妊娠を知って喜びます。

 

アジトに帰還したグリーヴァスは、
シスの暗黒卿・ダースシディアスに
ドゥークーを失った事を報告します。

ダースシディアスは、
「ドゥークーの死も予定通りで、
もうすぐ強い味方が現れる」
と宣言しました。

 

一方のアナキンは、
パドメが出産と同時に
命を落とす予知夢を見ます。

母を失っているアナキンは、
パドメを絶対に救いたいと考え
ジェダイマスターのヨーダに相談します。
(相手がパドメとは言わない)

「人を失う恐れは暗黒面に繋がる」
と忠告を受けました。

 

共和国のパルパティーン議長は、
自分を崇拝するアナキンを
ジェダイ評議会のメンバーに
入れようと工作します。

評議会に入る為には騎士から
マスターに昇格する必要があります。

ヨーダ、メイス、オビワンなど、
ジェダイ評議会の面々たちは話し合い、
アナキンを評議員とする事は認めますが、
マスター昇格は見送りました。

実はジェダイ評議会は、
パルパティーンの事を疑っています。

評議会入りだけを認めた理由は、
アナキンをジェダイのスパイとして、
パルパティーンの側に置く為です。

アナキンは
パルパティーンを信用しているので、
もちろんジェダイに不満を抱きます。

 

そんなある日、
パルパティーンはアナキンに
ジェダイが共和国の乗っ取りを
計画していると話しました。

マスター見送りの件もあり、
ジェダイを信じられないと
アナキンも答えました。

パルパティーンはそんなアナキンに
フォースの暗黒面の力を説明します。

シスの伝説では、
フォースの暗黒面の力を使えば
死人を救う事もできると‥‥

 

 

一方のジェダイは
グリーヴァス将軍の所在を知り、
オビワンを現地に派遣する事にしました。

さらにヨーダらは、
クローン兵士たちを引き連れて、
分離主義勢力と戦う星々の救援に向かいます。
(コンサントに残るジェダイが手薄に‥‥)

 

アナキンは旅立つオビワンに
傲慢な部下だった事を謝罪します。

オビワンは、
アナキンが誰よりも優秀だと認めつつ、
やはりその傲慢さを指摘します。

 

現地に着いたオビワンは、
グリーヴァス将軍を発見します。

グリーヴァスは、
4本のライトセーバーを手に
オビワンを追い詰めます。

オビワンは冷静に戦い、
グリーヴァスの腕を斬り落とし、
彼を倒す事に成功しました。

 

パルパティーンの正体は、
シスの暗黒卿・ダースシディアスです。

ダースシディアスはアナキンに
自分の部下になるよう誘います。

「パドメの命も救える」
と言われたアナキンは悩みつつも
メイスに真実を報告しました。

メイスはアナキンに待機を命じ、
部下と共にダースシディアスの
逮捕に動き出します。

 

元老院議最高長室にて
メイス率いるジェダイ騎士と
ダースシディアスが戦います。

メイスは部下を失いつつも
ダースシディアスを追い詰めます。

その場にアナキンが現れ、
メイスにライトセーバーを向けました。

油断したメイスは、
ダースシディアスに殺されました。

もやはアナキンは
ジェダイに戻る事はできません。

アナキンは
ダースシディアスの腹心の
ダースベイダー」となりました。

手始めにダースシディアスは、
アナキンにジェダイと
分離主義勢力の殲滅を命じます。

アナキンはクローン兵士を率いて
ジェダイ聖堂に乗り込んで、
ジェダイ騎士と訓練生を殲滅します。

 

時を同じくして、
ダースシディアスの命令により、
各地で戦っていたジェダイマスターや
騎士たちもクローン兵士に襲撃されます。

率いていた部下たちに
背後から撃たれるのです。

彼らでも太刀打ちはできません。

生き残ったのは、
オビワンやヨーダら一部の者だけです。

 

アナキンはクローン兵士を連れ
惑星ムスタファーに向かい、
分離主義勢力の幹部も殲滅しました。

 

ジェダイ派の元老院議員・ベイルも
クローン兵士に命を狙われますが、
ジェダイ訓練生に守られました。

ベイルはコンサントから逃げ出します。

オビワン、ヨーダ、ベイルは合流し、
密かにコンサントに潜り込みます。

 

ヨーダとオビワンは、
占拠されたジェダイ聖堂を取り返し、
アナキンが裏切った事を知ります。

訓練生たちの無残な死体‥‥

ヨーダはオビワンに
アナキンの始末を命じます。

 

ダースシディアスは議会を開き、
ジェダイが反乱を企てたと糾弾し、
全権を掌握して銀河帝国の設立を宣言し
自ら初代皇帝を名乗りました。

 

スポンサーリンク

結末

オビワンはパドメを訪ね、
アナキンの行き先を聞きます。

オビワンは、
アナキンとパドメの関係に
気付いていたようです。

パドメは何も答えませんが、
夫であるアナキンを心配して、
ムスタファーを目指しました。

その艇にオビワンが忍び込んでいます‥‥

 

惑星ムスタファーにて、
アナキンと再会したパドメは、
変わり果てた姿に絶望します。

今のアナキンは、
怒りや絶望や嫉妬などに駆られており、
オビワンの姿を見て怒り、
パドメも殺そうとします。

パドメはオビワンに救われますが、
意識を失ってしまいます。

オビワンは愛弟子との
一騎打ちに挑みます。

 

 

そのころヨーダは、
ダースシディアスを
暗殺しようとしていました。

さすがヨーダ。
ダースシディアスを追い詰めます。

それでも多勢に無勢。
すぐに倒せなかった時点で負けです。

ヨーダはベイルに助けられ、
コンサントから退却しました。

 

オビワンはアナキンに勝利します。

オビワン
「選ばれし者だった。
シスを倒すはずだったお前が
シス側につくとは‥

弟だと思っていた。
愛していた。」

オビワンは彼の四肢を斬り落とし、
パドメを連れてムスタファーから逃げます。

アナキンの体は溶岩に焼かれますが、
ダースシディアスに回収されます。

 

パドメは双子を出産しますが、
すぐに命を落としてしまいました。

ルークと名付けられた兄は、
惑星タトゥイーンのオーウェン夫妻に、
レイアと名付けられた妹は、
ベイル議員に引き取られる事になりました。

オビワンはルークを見守るために
自らもタトゥイーンに向かう事にしました。

ヨーダはそんなオビワンに
訓練を与えました。

不老不死に至る道を学んだ男が
フォースの冥界から戻って来たようです。

オビワンは冥界から戻ったのが
師匠のクワイガンだと気付き、
笑みを浮かべました。

ドロイドのR2-D2とC3-POは、
ベイルのところに留まりますが、
記憶は消される事になりました。

 

タトゥイーンに着いたオビワンは、
若きオーウェン夫妻にルークを預け、
彼を見守りつつ訓練を開始します。

 

時を同じくして、
アナキンはコンサントで治療を受け、
黒色の全身鎧を装着されました。

目を覚ましたアナキンは、
パドメの死を告げられて絶望し、
完全にダースベイダーとなりました。

 

少しだけが時が流れ、
ダースベイダーとシディアスは、
宇宙要塞「デススター」の
建造に取り掛かりました。

次作「第7章 フォースの覚醒」のネタバレへ

「第4章 新たなる希望」のネタバレへ

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す