「スターウォーズ 第2章 クローンの攻撃」あらすじ、ネタバレ結末

映画「スター・ウォーズ
エピソード2/クローンの攻撃」の
ネタバレを結末まで公開します。

映画シリーズの第5作目です。

前作「第1章 ファントムメナス」のネタバレへ

あらすじ

前作から時は流れて、
少年だったアナキンも
立派な青年に成長しました。

今でもオビワンの弟子です。

 

そんな中、
銀河系に新たな動きが生まれます。

様々な惑星が
腐敗が進む銀河共和国からの
離脱を表明したのです。

この分離主義の中心人物は、
元ジェダイ騎士のドゥークー伯爵です。

彼はヨーダの弟子で、
クワイガンの師匠でもあります。

 

共和国はこの事態に対し、
共和国軍」の編成を考え、
元老院議会での投票が
行われる事になりました。
(ジェダイは銀河系の守護者で軍隊ではない)

今や元老院議員となった
惑星ナブーの元首・パドメ女王は、
議会に出席するために共和国の
首都惑星コンサントを訪れました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

コンサントに降り立ったパドメは、
爆破テロ事件に巻き込まれます。

明らかにパドメの命を狙ったものです。

パドメは難を逃れますが、
影武者が命を落としてしまいます。

パルパティーン元老院議長は、
ジェダイに彼女の警備を依頼します。

選ばれたのはパドメの顔馴染の
オビワンとアナキンの2人でした。

 

オビワンとアナキンは、
パドメや彼女の従者たち、
グンガン族のジャージャーと再会します。

アナキンは少年時代から
女王であるパドメに恋しており、
久しぶりの再会に喜びますが、
彼女の態度は冷たいものでした。

そんな中、
眠っていたパドメが暗殺者の
ザムに命を狙われます。

アナキンとオビワンは
すぐに異常を察知してパドメを守り、
ザムを捕える事に成功します。

ところが、
別の刺客が姿を現して、
ザムを始末して逃走しました。

その刺客が使用した毒矢から
オビワンは惑星カミーノが
関わっている事に気付きます。

ジェダイ評議会に報告した結果、
オビワンはカミーノに向かい、
アナキンは引き続きパドメの
警護を行うことになりました。

 

オビワンは、
評議会の長のヨーダとメイスに
アナキン1人では不安だと伝えますが、
受け入れられませんでした。

その後、オビワンは公文書館で、
カミーノの情報を集めようとしますが、
何者かによって消されていました。

オビワンとヨーダは、
今回の件に裏があると考えます。

 

一方のアナキンは、
パルパティーン議長を崇拝しており、
1人で任務を行う事も相談しました。

パルパティーンはアナキンに
「君ならヨーダ以上のジェダイになれる」
と励まします。

パドメはナブーに帰る事になり
警護を務めるアナキンも
ドロイドのR2-D2と共に同行します。

 

アナキンはパドメに想いを打ち明けます。

執着心は暗黒面に繋がる為、
ジェダイは恋愛を禁止されています。

その事を知るパドメは、
アナキンを拒絶しようとします。

しかし自らの想いに嘘は付けず、
2人は惹かれ合ってしまいます。

 

一方のオビワンは、
カミーノに着陸していました。

オビワンはラマスー首相と対面し、
亡きジェダイマスター・サイフォディアスが
クローン兵士の生産をカミーノに
依頼していた事を知りました。

20万もの兵士の生産が
すでに完了していますが、
評議会の長だったサイフォディアスは
10年も前に殺害されています。

サイフォディアスは、
共和国を守る為に依頼したようですが‥‥

 

オビワンはラマスーの勧めで
クローン兵士の軍隊を見学します。

ドロイド兵士とは、
比べ物にならないほどの戦力です。

ここでオビワンはラマスーから
クローン兵士の遺伝子ホストが
ジャンゴという賞金稼ぎだと聞かされます。

 

 

ジャンゴは息子のボバと共に
カミーノに滞在しています。

オビワンはラマスーの計らいで
ジャンゴと会う事になりました。

オビワンはジャンゴが
ザムを殺した刺客だと気付きますが、
ここは知らないフリをしました。

 

オビワンの予想通り、
ジャンゴはボバを連れて
カミーノから逃走しました。

オビワンは、
ヨーダとメイスへの報告を済ませ
ジャンゴを尾行する事にしました。

 

ヨーダとメイスは顔を歪めます。

ジェダイが惑星カミーノに
クローン兵士を発注した履歴はありません。

 

 

近ごろアナキンは
母が苦しむ夢を連続で見ていました。

思い悩むアナキンを見たパドメは、
彼の故郷の惑星タトゥイーンに
同行する事にしました。

 

アナキンは
かつての雇い主のワトーに
母のシミの所在を尋ねます。

シミは奴隷から解放され、
農夫のラーズと結婚していました。

アナキンとパドメは、
ラーズの自宅を訪れて
C-3POと再会しました。

ところが、
シミは一ヶ月ほど前に
盗賊に誘拐されていました。

ラーズは捜索隊を出していますが、
全て全滅しています。

アナキンは1人で
盗賊団のアジトに乗り込み
シミを発見しましたが、
彼女はすぐに息絶えてしまいます。

怒ったアナキンは、
盗賊の一味を虐殺して、
母の遺体を持ち帰りました。

アナキンの悲しみや苦しみを
ヨーダは感じ取ります。

 

ジャンゴを追ったオビワンは、
惑星ジオノーシスに向かいますが、
小惑星帯でジャンゴの罠に嵌ります。

オビワンは撃墜を偽装して、
ジャンゴの目を欺いて
密かにジオノーシスに降り立ちます。

ジオノーシスには、
通商連合の船が集まっていました。

分離主義勢力と通商連合が手を組み、
戦闘用ドロイドを生産していたのです。

彼らは共和国とジェダイの転覆を
狙っているようです。

裏で糸を引いているのは、
シスの暗黒卿・ダースシディアスです。

オビワンはその事を
ヨーダに報告しようとしますが、
ドゥークー伯爵に拘束されてしまいます。

拘束される前に
R2-D2にメッセージを
転送する事には成功したようです。

 

アナキンは
オビワンのメッセージを確認し、
ジェダイ評議会の元に転送します。

オビワンのメッセージによって、
ジェダイと元老院議員たちは、
分離主義と通商連合の動きを知ります。

 

スポンサーリンク

結末

ドゥークー伯爵は、
オビワンを取り込もうとします。

ドゥークー伯爵の話では、
元老院の中にもシス卿が潜り込んでおり、
共和国はすでに乗っ取られているのです。

オビワンはドゥークーを拒絶し、
処刑される事になりました。

 

パルパティーン元老院議長は、
非常事態として銀河共和国に
軍隊を創設すると宣言しました。

ジェダイマスターのメイスは、
オビワン救出の為にジオノーシスに
同じくジェダイマスターのヨーダは、
クローン兵士を手に入れる為に
カミーノに旅立ちました。

 

アナキンとパドメも
オビワンを救出するために
ジオノーシスに向かいますが、
すぐに拘束されてしまいます。

2人もオビワンと一緒に
処刑される事になりました。

死を覚悟したパドメは、
自分もアナキンが好きだと
彼に告白しました。

お互いに想いを確認した2人はキスします。

 

その後、
アナキン、オビワン、パドメは、
闘技場に連れて行かれました。

ドゥークー伯爵は巨大な怪物たちに
彼らを食べさせるつもりのようです。

3人は自力で拘束を解いて
怪物たちを手懐けます。

ドゥークー伯爵は
戦闘用ドロイドに3人の処刑を命じます。

その場にメイス率いるジェダイ騎士団が現れ、
分離主義勢力との戦争が始まりました。

メイスは圧倒的な力で
ジャンゴを瞬殺しました。

しかし‥‥

さすがのジェダイ騎士たちも
大量の戦闘用ドロイドに苦戦します。

まさに数の暴力です。

 

絶体絶命の窮地に陥りますが、
ヨーダ率いるクローン兵士が駆け付け
ジェダイ側が優勢となりました。

通商連合と分離主義勢力は
ジェダイ騎士に追い詰められ、
ジオノーシスからの撤退を決めました。

ドゥークー伯爵は、
要塞の設計図を持っています‥‥

 

アナキンとオビワンの2人は、
逃げるドゥーク伯爵を追いますが、
彼は元ジェダイマスターで、
あのクワイガンの師匠です。

アナキンとオビワンでは
2人がかりでも歯が立たず、
アナキンは右腕を斬り落とされました。

その場にヨーダが駆け付けます。

ヨーダは見事な剣術で、
ドゥークーを追い詰めます。

勝てないと悟ったドゥークーは、
設計図を持って逃走しました。

 

コンサントに到着したドゥークーは、
主のダースシディアスに設計図を渡します。

ダースシディアスは、
「全て計画通りだ」と笑みを浮かべます。

 

オビワンは
戦争に勝ったと口にしますが、
ヨーダは今から始まると答えます。

ヨーダのその言葉通り、
大量のクローン兵士たちが
戦争に向かう準備をしています。

その様子をパルパティーンなど
元老院議員が見守っています。

軍隊を持つ事に最後まで反対した
ベイルという元老院議員は
表情を歪めています‥‥

 

時を同じくして、
アナキンはパドメの護衛として
彼女を惑星ナブーに送り届けます。

義手を手に入れたアナキンは、
密かにパドメと結婚式を挙げました。

「第3章 シスの復讐」のネタバレへ

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す