「スターウォーズ 第6章 ジェダイの帰還」あらすじ、ネタバレ結末

映画「スター・ウォーズ
エピソード6/ジェダイの帰還」の
ネタバレを結末まで公開します。

映画シリーズの第3作目です。

「第5章 帝国の逆襲」のネタバレはこちら

あらすじ

主人公のルークは、
ジャバザハットに引き渡された
ハンソロを救出するために
反乱軍のレイア姫たちと共に
故郷の惑星タトゥイーンに向かいました。

 

時を同じくして、
帝国軍は新たな宇宙要塞を建設しています。

この2代目デススターは、
初代よりも強力な武器を
装備する予定です。

皇帝とダースベイダーは、
反乱軍を早く殲滅する為に
建設の担当者・コマンダーに
工事を急ぐよう命じます。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

惑星タトゥイーンにて、
ドロイドのC-3POとR2-D2は、
ジャバザハットの屋敷に潜入します。

R2-D2はジャバザハットに
ルークからのメッセージを見せます。

「ハンソロを解放して欲しい」
という内容です。

ジャバザハットは、
ハンソロを解放するつもりはありません。

その後、
C-3POとR2-D2の2人は
炭素冷凍されたハンソロを見つけます。

C-3POとR2-D2も拘束されますが、
ルーク、レイア、チューバッカ、
ランドも屋敷に潜入していました。

レイアは炭素冷凍を解き、
ハンソロを元の状態に戻します。

レイアとハンソロは、
ジャバザハットに捕まりますが、
ジェダイ騎士として成長したルークが
ランドと共に仲間を救出しました。

ルークやハンソロたちは、
ジャバザハットの一味や、
賞金稼ぎのボバを倒して
宇宙空間に逃げ出しました。

 

ルークはR2-D2と2人で
惑星ダゴバを目指しました。

ヨーダと再会して、
修行の続きを行うつもりです。

ところが、
ルークがダゴバに戻った時、
ヨーダは病で弱り切っていました。

すでにヨーダはルークに、
技術的な事は全て教えています。

ヨーダは死の間際に
「ダースベイダーと対峙して勝てば
真のジェダイ騎士になれる。」
とルークに告げました。

ルークに全てを任せたヨーダは、
穏やかな表情で息を引き取りました。

ヨーダの体もオビワンのように
消えてなくなりました。

 

実の父を倒す事が使命となりました。
その重圧に耐える事ができるでしょうか。

ヨーダ亡き今、
ルークは不安になります。

そんな彼の前に
霊体のオビワンが姿を現し、
ダースベイダーの正体が、
ルークの父・アナキンだと教えます。

ルークは、
実の父親を殺せないと答えます。

するとオビワンはルークに
レイアがルークの双子の妹だと告げます。

スカイウォーカーの血は、
皇帝にとっては邪魔な存在です。

ルークはレイアを守る為にも
皇帝とダースベイダーを
倒す決意を固めました。

 

レイアやハンソロたちは、
同盟軍の艦隊と合流していました。

2代目デススターは、
森の惑星エンドアの軌道上に
建設されています。

このデススターは建設途中で、
まだ攻撃手段を持っていません。

そんなある日、
皇帝がデススターの視察に訪れました。

その情報を手に入れた反乱軍は、
デススターと皇帝を同時に葬る為に
作戦会議を開きました。

 

確かにデススターの
攻撃システムは未完成ですが、
防御システムは強力です。

惑星エンドアより放射される
エネルギーシールドに守られているのです。

反乱軍はエンドアに地上部隊を送り、
シールド発生装置を破壊した後に、
空中部隊がデススターを
破壊するという計画を立てました。

 

ファルコン号に乗るランドが
空中部隊を率いる事になりました。

一方の地上部隊は、
ハンソロが率いる事になり、
チューバッカ、レイア、ルークが
同行することになりました。

R2-D2とC-3POも主人の側を離れません。

 

ルークたちは、
惑星エンドアに降り立ちますが、
もちろん帝国軍の兵士がいます。

シールド発生装置に近付く前に
帝国軍の兵士との戦闘となり、
レイアがはぐれてしまいます。

レイアは森の中で迷子になりますが、
先住民族のイウォーク族の1人に
助けられました。

 

一方のルークたちは、
森の中でレイアを探す途中に
イウォーク族の罠に嵌って
拘束されてしまいます。

餌にされそうになりますが、
イウォーク族は金色に光る
C-3POの前に跪きました。

神様と勘違いしているようです。

ルークはフォースを使用して
C-3POの体を浮かせて、
本物の神のように見せかけます。

レイアとも彼らの村で合流し、
イウォーク族に事情を説明します。

C-3POを崇拝するイウォーク族は、
ルークたちに協力する事を決め、
シールド発生装置までの案内を買って出ました。

 

そんな中、
ルークはフォースの力で
ダースベイダーの気配を感じ、
1人で帝国軍に投降する事にしました。

ルークはレイアに
自分が双子の兄だと告げてから
帝国軍の兵士にわざと拘束され、
ダースベイダーとの面会を望みました。

ルークはダースベイダーの中に
父・アナキンを感じており、
説得が可能だと考えているようです。

 

投降したルークは、
ダースベイダーと面会します。

ルークは必死に説得しますが、
ダースベイダーは自分の息子を
皇帝に差し出しました。

皇帝はルークを
暗黒面に引き込む為に
衝撃的な事実を告げます。

反乱軍が帝国軍の
大きな罠に嵌っているという事実です。

 

時を同じくして、
ハンソロやレイアたちは、
シールド発生装置の施設を
奇襲していました。

帝国軍はそれを予期しており
待ち伏せ部隊を配置していました。

ハンソロたちは拘束されます。

 

さらに時を同じくして、
ランドたち空中部隊は、
デススターのシールドが
消えると信じて戦っていました。

いつまでもシールドは消えず、
艦隊や戦闘機に囲まれて
苦戦を強いられる事になります。

 

スポンサーリンク

結末

衝撃的な事実を知ったルークは、
ヨーダの忠告を忘れて怒り、
ダースベイダーに切りかかります。

憎しみが心で渦巻いています。

 

一方のハンソロたちは、
イウォーク族の援護に助けられ
反撃に転じていました。

 

デススターの攻撃システムが完成し、
反乱軍は苦戦を強いられます。

提督は撤退を考えますが、
ランドはハンソロの事を信じて
死を覚悟して戦い続けます。

 

拘束を解いたハンソロとレイアは、
シールド発生装置を破壊しました。

これに伴って、
デススターのシールドが消えました。

チューバッカは地上兵器を乗っ取って
帝国軍の地上部隊を次々と倒します。

 

ルークはダースベイダーと戦っています。

ルークの心の乱れによって
ダースベイダーと皇帝に
妹の存在を知られてしまいました。

ルークは妹のレイアを守る為に
怒りに任せてダースベイダーの
右腕を斬り落としました。

皇帝は笑みを浮かべ、
ダースベイダーを殺して
自分に仕えよとルークを
暗黒面に誘いました。

ルークはライトセーバーを収め、
自分はジェダイだ」と宣言しました。

彼の強い心が暗黒面を
振り払ったようです。

皇帝はルークを諦め
彼を闇の力で殺そうとします。

ダースベイダーは、
苦しむルークの姿を見て、
アナキンの心を取り戻し、
皇帝を始末しました。

アナキンは、
ダースベイダーの仮面を外し、
息子・ルークの腕の中で
穏やかに息を引き取ります。

ルークは父の亡骸を抱えて、
惑星エンドアへと戻りました。

 

シールドが消えた事によって、
ランドの空中部隊も反撃に転じていました。

彼らはデススターを爆破して撤退しました。

 

ルークがエンドアに降り立ちます。

ハンソロは、
ルークとレイアの関係を勘違いしており、
2人の前から姿を消そうとします。

レイアはハンソロを引き留め、
ルークが兄だと教えました。

ハンソロはレイアにキスします。

その後、
ルークはアナキンを埋葬しました。

 

帝国が滅んだ事で、
銀河系の各地で盛大な宴が開かれます。

ルークら反乱軍の兵士たちも
エンドアでイウォーク族と
宴を楽しんでいます。

その様子を
オビワン、ヨーダ、アナキンの霊体が
優しい眼差しで見守っています。

次作「第1章 ファントムメナス」のネタバレへ

 

「第7章 フォースの覚醒」のネタバレへ

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す