「スターウォーズ 第5章 帝国の逆襲」あらすじ、ネタバレ結末

映画「スター・ウォーズ
エピソード5/帝国の逆襲」の
ネタバレを結末まで公開します。

映画シリーズの第2作目です。

「第4章 新たなる希望」のネタバレはこちら

ネタバレではなく動画が観たい方は、
U-NEXTで今すぐ視聴してください。

無料トライアル中に解約すれば、
一切費用はかかりません。

あらすじ

反乱軍はルークやハンソロの活躍で、
帝国軍のデススターを破壊しましたが、
反撃に遭ってヤヴィン第4衛星の
秘密基地から撤退する事になりました。

 

ルークら反乱軍は氷の惑星ホスに
新たな秘密基地を建設し身を隠しています。

帝国軍のダースベイダーは、
探索用のドロイドを銀河系の
各地に放って反乱軍を探しています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

帝国軍のドロイドが、
隕石と共にホスに着地します。

偵察に出ていたルークは、
隕石の落下を目撃します。

ルークは無線でハンソロに連絡後、
隕石の確認に向かいますが、
怪物に襲われて意識を失います。

 

ハンソロも同じく偵察に出ていましたが、
ルークより先に基地に帰還します。

ハンソロはタトゥイーンで暮らす
ジャバザハットに借金をしており、
その返済に戻りたいと申し出ます。

ライカン将軍は認めますが、
反乱軍の主導者の1人・レイア姫は、
ハンソロを引き留めようとします。

レイアは素直になり切れず、
引き止めに失敗しました。

そんな中、
ハンソロは「C-3PO」から
ルークが行方不明だと聞きます。

確認したところ、
ルークは帰還していませんでした。

ハンソロは
原住生物・トーントーンに乗って、
吹雪が吹く基地の外に出ました。

 

そのころルークは、
怪物の隠れ家で目を覚まします。

ルークはフォースの力を使って
遠くにあったライトセーバーを取り、
怪物の右腕を斬って逃走します。

ところが猛吹雪なので、
途中で力尽きて倒れてしまいます。

ルークは意識を失いかけますが、
フォースと一体化したオビワンの
霊体が姿を現します。

オビワンはルークに
自分の師でジェダイマスターの
ヨーダがいる惑星ダゴバに行き、
戦い方を学べと告げました。

その言葉を聞いた直後、
ハンソロがルークを救出しました。

 

次の日、
反乱軍の偵察部隊が、
移動中の物体を発見します。

ハンソロはチューバッカを連れ
不審物体の調査に向かいます。

帝国軍の偵察用ドロイドと判明し、
ハンソロはドロイドを破壊して
レイアと将軍に報告を入れます。

レイアと将軍は
帝国に基地の所在がバレたと考え
兵士たちに撤退命令を出します。

 

時を同じくして、
ダースベイダー率いる帝国の
艦隊はホスに近付いていました。

ダースベイダーは、
ホスへの攻撃準備を始めますが、
オゼル提督がポンコツなので、
反乱軍に存在がバレてしまいます。

ダースベイダーは、
オゼル提督を処刑して、
ピエット艦長を提督に命じ
ホスへの攻撃命令を下しました。

 

帝国軍による攻撃が始まります。

反乱軍は機材や物資を積んだ
貨物船を逃がす為の時間を稼ぐ為に
帝国軍との戦いに挑みます。

ところが、
帝国軍は地上兵器を用意しており、
反乱軍は苦戦を強いられます。

反乱軍は敗北して撤退、
チューバッカ、レイア、C-3POは
ハンソロと共にファルコン号で脱出します。

戦闘機で戦っていたルークも
相棒のR2-D2と宇宙空間に逃げ、
修行の為に惑星ダゴバを目指します。

 

ファルコン号は、
帝国軍の追撃を受けます。

ハンソロとチューバッカは、
見事な操縦術で逃げようとしますが、
ファルコン号の整備不良で
窮地に陥ってしまいます。

ワープも不可能なので、
小惑星帯の中に逃げ込みました。

さすがの帝国軍も
ファルコン号の追撃を諦めます。
(小惑星と衝突すれば粉々になる)

ハンソロは小惑星の1つの大きな穴に
ファルコン号を隠して修理を始めます。

 

ルークとR2-D2は、
ガスで覆われたダゴバに着陸します。

とても不気味な惑星です。

ヨーダを探すルークの前に
緑色の肌をした小柄な老人が現れ、
ルークとR2-D2を弄びます。

ルークは老人のワガママに呆れ果て
冷たくあたってしまいます。

 

レイアの協力もあって
ファルコン号の修理が終わります。

ハンソロとレイアは、
お互いに少しだけ素直になり、
距離を縮めてキスしました。

 

そのころダースベイダーは、
皇帝陛下に呼び出されていました。

皇帝はデススターを破壊した
ルークを危険視していました。

皇帝とダースベイダーはルークが
かつてのジェダイ騎士・アナキンの
息子だと気付いています。

ダースベイダーは皇帝に
フォースの暗黒面に引き込み
ルークを右腕にすると約束しました。

 

ルークは老人への対応に困り、
苛立ってしまいます。

実はこの老人こそが、
ジェダイマスター・ヨーダで、
オビワンの師匠なのです。

ヨーダは
ルークの忍耐力を試すために
わざと困らせていたのです。

ヨーダは霊体のオビワンに
「ルークはジェダイに相応しくない」
と修行を躊躇います。

オビワンの強い説得もあって、
ヨーダは修行を引き受けました。

ヨーダは約800年もの間、
ジェダイ騎士を育て続けた
ジェダイの指導者でもあります。

彼の修業はとても厳しいものでした。

 

ファルコン号は
惑星の穴の中に隠れていましたが、
ここは巨大怪物の口の中でした。

ハンソロたちはその事に気付き、
食べられる前に脱出しました。

 

ルークは、
ダゴバの沼地で修行を始めます。

ヨーダは
ジェダイの力はフォースに導かれるが、
怒り、恐れ、破壊などから
暗黒面が生まれると忠告します。

暗黒面が生まれると
瞬く間にルークを取り込んで、
悪の道に導きます。

ある日、
ルークはヨーダに勧められ、
沼地の奥にある洞窟に入ります。

そこでルークは、
ダースベイダーの幻影と遭遇し、
ライトセーバーでの戦闘になります。

ルークは勝利しますが、
倒したダースベイダーの仮面の下は
自分の顔でした‥‥

その後もヨーダに修行は続きますが、
ルークのフォースを信じる力が弱く、
思うように進みません。

 

また別の日、
ルークとR2-D2の戦闘機が
沼に落ちてしまいます。

ヨーダはルークに
フォースの力を使って
戦闘機を持ち上げろと命じます。

まだ岩しか動かせないルークは、
やる前から諦めてしまいます。

ヨーダはフォースの可能性を説き、
フォースの力で戦闘機を持ち上げました。

その姿を目の当たりにしたルークは、
フォースの力を信じるようになり、
今まで以上に修行に励みます。

やがてルークは、
少し先の未来が見えるようになりました。
(確定した未来ではない)

 

そのころダースベイダーは、
無能な部下に呆れ果て、
ボバなど賞金稼ぎを雇って、
ファルコン号の捜索を命じていました。

小惑星帯を出たファルコン号は、
すぐに帝国軍に発見されますが、
見事に脱出します。

ハンソロは、
雲の惑星ペスピンに向かいます。

ギャンブル好きの友人・ランドが
雲の街の行政官なのです。

そんなファルコン号を
ボバが尾行しています‥‥

 

 

スポンサーリンク

結末

ファルコン号は、
ランドが行政官を務めている
雲の街に到着しました。
(雲の街は空中都市)

ランドはハンソロたちを
快く迎え入れました。

帝国を嫌っているようです。

ところが、
ランドはダースベイダーと取引し、
雲の街への不干渉を条件に
ハンソロたちを帝国に差し出します。

 

ルークは
ハンソロやレイアの危機を悟り、
惑星ペスピンに向かう事にしました。

まだ修業の途中なので、
ヨーダとオビワンは反対しましたが、
ルークは制止を振り切って飛び立ちます。

 

ハンソロとレイアは
帝国軍に拘束されてしまいます。

ダースベイダーは2人を囮に
ルークを呼び寄せるつもりです。

ダースベイダーは、
ルークを捕まえた後は、
冷凍保存して移送するつもりです。

そこでその実験を
ハンソロの体で行う事にしました。

ハンソロはレイアにキスして
凍結機器の中に自ら入ります。

 

そんな中、
ルークとR2-D2が
雲の街に駆け付けます。

ルークは
レイアやハンソロを助ける為に行動し、
自らの行いを後悔したランドも
ルークを援護しました。

 

さらにランドは、
チューバッカとレイアを解放し、
ハンソロの救出に向かいます。

ところが一歩間に合わず、
冷凍されたハンソロは
ボバによって移送されました。

タトゥイーンのジャバザハットに
売り飛ばされるようです。

 

一方のルークは
ダースベイダーに一騎打ちを挑みます。

ダースベイダーは、
かつてのジェダイ騎士で、
帝国軍一の戦士です。

今のルークでは歯が立ちません。

激しい戦闘の末に
ルークは右腕を切り落とされます。

ダースベイダーは、
傷付くルークを暗黒面に誘います。

ルークが強い心で拒絶すると
ダースベイダーはルークに
衝撃的な事実を告げました。

自分こそが父親だと‥‥

 

 

時を同じくして
レイア、チューバッカ、ランド、
C-3POはR2-D2と合流して、
ファルコン号に乗り込んでいました。
(ファルコン号は元々はランドの船で
ハンソロが賭けで買って奪った)

彼らは雲の街から逃走します。

 

 

追い詰められたルークは
ダースベイダーの手は取らず
雲の街から飛び降りました。

ルークは機材を掴みますが、
このままだと奈落に落ちます。

オビワンに助けを求めますが、
彼は姿を現しません。

次にレイアに助けを求めました。

 

レイアはルークの危機を察知し、
チューバッカに戻って欲しいと頼みます。

チューバッカとレイアは、
ルークを発見して救出しました。

さらにR2-D2が、
ファルコン号を完全に修理しました。

ファルコン号は高速移動を使って
帝国軍の追撃から逃れました。

 

チューバッカとランドは、
ルークらを反乱軍の艦隊に預け、
惑星タトゥイーンに向かいました。

ジャバザハットから
ハンソロを取り返すつもりです。

一方のルークは、
反乱軍による手術を受けて、
義手を手に入れました。

「第6章 ジェダイの帰還」のネタバレへ

 


 

スポンサーリンク



コメントを残す