「スターウォーズ 第4章 新たなる希望」あらすじ、ネタバレ結末

映画「スター・ウォーズ
エピソード4/新たなる希望」の
ネタバレを結末まで公開します。

映画シリーズの第1作目です。

ネタバレではなく動画が観たい方は、
U-NEXTで今すぐ視聴してください。

無料トライアル中に解約すれば、
一切費用はかかりません。

あらすじ

銀河系でのお話。

フォース」というエネルギーと
光の剣「ライトセイバー」を用いて
銀河系を守っていたジェダイ騎士団
銀河共和国が滅亡しました。

銀河系は銀河帝国に支配され、
人々はその圧政に苦しんでいます。

やがて反乱軍が形成され、
銀河では反乱同盟軍と帝国の
激しい戦いが繰り広げられています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ある日、
反乱軍のスパイは帝国軍から
デススター」と呼ばれる移動型要塞の
設計図を盗み出す事に成功します。

「デススター」には
要塞を丸ごと消し去る力があります。

皇帝は最も信頼する部下の
ダースベイダーに設計図の
奪還を命じました。

ダースベイダーは、
全身黒づくめでマスクを着けています。

 

反乱軍の指導者の1人・レイア姫は、
手に入れた設計図を携えて
故郷の惑星オルデランを目指しますが、
ダースベイダーの艦隊に襲撃され、
追い詰められてしまいます。

そこでレイアは、
アンドロイドの「R2-D2」に
かつてのジェダイ騎士・オビワンへの
メッセージと設計図を託しました。

レイアは帝国軍に捕まりますが、
「R2-D2」は相棒の「C-3PO」を連れ
カプセルで船から脱出しました。

ダースベイダーは、
捜索隊を出してカプセルを追います。

 

「R2-D2」と「C-3PO」は、
惑星タトゥイーンに辿り着きます。

ところが2人は、
原住生物に拘束されて、
売り飛ばされてしまいます。

時を同じくして、
帝国の捜索隊もタトゥイーンに着陸します。

 

2人を購入したのは農場で働く
ルーク・スカイウォーカーという青年でした。

ルークは農作業に使用する為に
2人を整備しました。

「R2-D2」に触れた時、
偶然にもレイアのメッセージが流れ、
ルークは驚きました。

ルークは叔父夫婦と暮らしています。

叔父のオーウェンは、
「オビワン」という名前を聞いて、
顔色を変えました。

 

この日の夜、
「R2-D2」はオビワンに会う為に
ルークの元から逃げ出します。

翌朝、
ルークは「C-3PO」を連れて
「R2-D2」を追いかけます。

無事に「R2-D2」を発見しますが、
野盗に襲撃されてしまいます。

3人は窮地に陥りますが、
ベンという老人に救われました。

このベンこそがオビワンです。

オビワンは自宅に3人を招待し、
ルークの父・アナキンが自分と同じく
ジェダイの騎士だったと教えます。

さらにオビワンはルークに
アナキンが使用していた
ライトセーバーを渡します。

アナキンから
「ルークが大きくなったら渡して欲しい」
と頼まれていたのです。

オビワンはルークに、
ジェダイの騎士・ダースベイダーが
ジェダイを裏切って帝国と結び、
騎士を次々と殺した過去を教えます。

アナキンも殺された1人です。

ジェダイ騎士の力の源は、
「フォース」というエネルギーで、
ダースベイダーは「フォース」の
暗黒面に憑りつかれています。

オビワンは
レイアのメッセージを再生し、
オルデランへ向かう事にしました。

レイラの父は元老院議員で
オビワンのかつての主でもあるのです。

オビワンはルークも誘いますが、
彼は叔父に止められると断りました。

 

ルークは、
宇宙に旅立つオビワンを
街まで送る事にしました。

その途中でルークは、
「R2-D2」と「C-3PO」を売った
原住生物の遺体を発見します。

帝国軍に襲撃されたのです。

現場を見たルークは
急いで叔父の家に帰りますが、
叔父と叔母は殺されていました。

農場も焼き払われており、
ルークはオビワンに同行して
ジェダイ騎士になる決意を固めます。

 

4人は宇宙港に辿り着き、
宇宙船ミレニアム・ファルコン号
密輸を行う商人のハンソロと知り合います。

ルークとオビワンはハンソロと
彼の部下のチューバッカを雇い
オルデランを目指す事になりました。

出港の際は帝国軍に追われましたが、
ハンソロの見事な操縦で逃げました。

 

宇宙空間を移動中にオビワンは
ルークにライトセーバーと
フォースの使い方を教えます。

現実的なハンソロは、
神秘的な力であるフォースを
まったく信じようとしません。

オビワンはルークに目隠しを付け、
レーザーガンを避ける練習をさせます。

才能があるルークは
すぐにレーザーを避けるようになりました。

 

そのころレイア姫は、
デススターに連れて行かれ、
ダースベイダーの尋問を受けていました。

反乱軍の秘密基地の在り処を聞かれますが、
レイアは何も答えません。

デススターの総督・ターキンは、
オルデランを破壊するとレイアを脅します。

故郷を人質に取られたレイアは、
同盟軍の秘密基地の場所を口にします。

ところが、
ターキンは約束を破って、
オルデランを破壊しました。

その後、
ターキン総督は秘密基地を探しますが、
すでに同盟軍は逃げ出していました。

 

ルークたちはオルデランに着きますが、
すでに帝国軍に破壊された後でした。

デススターを衛星と勘違いした彼らは
トラクタービームという装置で
引き寄せられてしまいます。

デススターに着陸した彼らは、
ミレニアムファルコン号内の
隠し部屋に身を隠します。

帝国軍は、
乗組員が1人もいない事から
乗り捨てられた宇宙船と考えます。

ルークたちは、
船内の確認に入った兵士の服を奪い、
デススター内に侵入します。

管制室に入ったルークたちは、
「R2-D2」にハッキングさせます。

トラクタービームを停止させるには、
電源を1つでも落とせばいいようです。

電源は七ヶ所ありますが、
オビワンは1人で向かいました。

 

残ったルークたちは、
レイア姫がデススター内に
監禁されている事を知ります。

ルークはハンソロを説得し、
レイアの救出に向かいました。

チューバッカに手錠をはめ、
3人は堂々と監房に向かいますが、
途中で変装がバレてしまいます。

3人は次々と看守を倒して、
見事にレイアを救出します。

3人はミレニアムファルコン号に乗り込み
「R2-D2」と「C-3PO」と合流します。

 

時を同じくしてオビワンも
トラクタービームの電源を
切る事に成功します。

オビワンも船に向かいますが、
その直前でダースベイダーと再会し、
戦闘となってしまいます。

戦いは互角でしたが、
オビワンはルークたちが、
船に乗り込む事を確認すると
ベイダーにわざと斬られました。

オビワンの肉体は消え、
その場には服だけが残ります。

ルークたちは悲しみつつも、
ミレニアムファルコン号で
デススターから脱出します。

 

スポンサーリンク

結末

ミレニアムファルコン号は、
帝国軍の戦闘機を振り切ります。

レイアの提案によって、
同盟軍の秘密基地がある
ヤヴィン第4衛星に向かいます。

一方のダースベイダーは、
ミレニアムファルコン号に
発信機を仕掛けていました。

 

ヤヴィン第4衛星に辿り着き、
レイアは同盟軍の仲間と再会します。

「R2-D2」から設計図を抜き取り、
反乱軍は攻撃計画を立てます。

要塞・デススターは、
シールドで守られていますが、
致命的な弱点がありました。

熱を逃がす為の排気口に
小型戦闘機でミサイルを撃ち込めば
デススターは破壊できるのです。

ただし、
標的の排気口は直径2mほどです。

 

ルークは反乱軍に参加し、
戦闘機のパイロットして、
帝国軍と戦う事にしました。

ルークの戦闘機には
「R2-D2」も乗り込みました。

ハンソロは礼金を受け取って、
チューバッカと去りました。

 

帝国軍のデススターが
ファルコン号の発信機をもとに
ヤヴィン第4衛星付近に現れます。

反乱軍は空中戦を挑みますが、
レーザー弾が飛び交う中で
直径2mの排気口の狙うのは
困難を極めました。

さらにダースベイダーも
自ら帝国軍の戦闘機に乗り込み、
次々と反乱軍の兵士を倒します。

 

ルークは挫けそうになりますが、
オビワンの言葉に支えられます。

ルークは戦闘機の自動照準ではなく、
自らのフォースの力を信じて
手動でミサイルを撃つ事にしました。

ルークは排気口を狙いますが、
ベイダーに襲撃されてしまいます。

絶体絶命の窮地に陥った時、
ミレニアムファルコン号が現れ、
ベイダー機を追い払いました。

ルークはハンソロのサポートを受け、
排気口にミサイルを撃ち込みました。

ルークたちが脱出すると
デススターは大爆発し、
反乱軍は大勝利を収めました。

 

レイアはルーク、ハンソロ、
チューバッカの3人に勲章を贈りました。

「第5章 帝国の逆襲」のネタバレへ

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す