「蝶の力学 殺人分析班(WOWOW)」4話あらすじ、ネタバレ結末

今回は12月8日に放送された
「蝶の力学」第4話のネタバレです。

3話のネタバレはこちら

4話あらすじ、ネタバレ

捜査一課十一係の塔子と鷹野は、
第二の被害者・天野真弓の愛人が
第三の被害者・須藤のバーの常連の
坂口だと突き止めました。

その矢先、
犯人であるクラスター16から新聞社に
新たな犯行予告メールが届きます。

「今夜、大勢の人間を殺す。
立川に来い。」

捜査一課は坂口確保に動きますが、
塔子は彼が犯人とは思えないようです。

さらに管理官の手代木は、
立川市でのテロに備えて
所轄署に協力を要請し、
徳重と石倉を向かわせます。

 

スポンサーリンク

尾留川はメールを解析した上で
立川でテロが起きそうな場所を調べますが、
絞り込む事は不可能でした。

 

一方の塔子と鷹野はメールの中に
IT用語が含まれている事に気付きます。

2人はその事を尾留川に伝えます。

尾留川は真弓の実家で受け取った
彼女のメモを思い出しました。

「移植 クライアント キャッシュ」

これは医療ではなくIT用語だったのです。

IT関係で人が集まる場所‥‥

「立川市立科学技術館」

この日の夜にIT業界の懇親会と
講演会が開かれる予定です。

しかも坂口が揉めて辞めた会社が
このイベントを企画しています。

捜査一課の刑事たちは、
立川市立科学技術館に急行して、
一般市民の避難誘導を行い、
危険物の捜索を行いました。

その途中で塔子は鷹野に
自分の筋読みを伝えます。

天野を殺したのは借金をしていた須藤。
須藤は現場を見られたので真弓を刺した。

須藤が去った後に坂口が駆け付けた。
坂口は真弓を看取る為に連れ出し、
例の介護施設に連れて行った。

坂口は真弓を殺された復讐の為に
新聞社にメールを送って
須藤にプレッシャーをかけた。

警察の目を欺く意味もあったが、
須藤は警察(塔子)に目を付けられた。

そこで坂口は、
警察関係者が狙いだと思わせる為に
塔子と鷹野が乗る車を襲撃した。

警察が動揺している隙に
坂口は須藤を殺して復讐を遂げた。

確かに筋は通っていますが‥‥‥

そんな中、
石倉と徳重が不審物を発見します。

カゴの中に液体が入った容器が
2つ入っています。

しかもタイムリミットは12分です。

爆弾処理班が間に合いません。

被害を考えた石倉は、
職員と他の捜査員を避難させ、
1人で装置を解体しようとしました。

徳重は石倉を見捨てる事ができず、
爆弾処理班の人間と電話を繋いで
処理方法を中継しました。

石倉と徳重の活躍で装置は解体されました。

中には有毒ガスが入っていたようですが、
構造はとても簡単な物でした。

塔子と鷹野は、
フェイクの可能性を考え、
職員用の食堂に向かいました。

冷凍庫を確認した2人は、
真犯人だと思われていた坂口の
遺体を発見する事になりました。

 

坂口の遺体は
4本の青い花を持っていました。

今回はスターチスです。
花言葉は「いたずら心、驚き」。

さらに坂口のポケットの中には、
犯行を認める遺書が入っていました。

坂口は毒殺なので、
自殺だと思われます。

被疑者死亡で事件解決‥‥

捜査員たちは引き上げますが、
十一係メンバーは納得できません。

 

塔子と鷹野は
真弓の喉が裂かれていた事、
3人の遺体に花が活けられた理由など、
残っている謎を手代木に伝えます。

さらに、
塔子に送られた指の持ち主は不明です。

手代木は十一係のメンバーに
「記者会見を開く明朝までに坂口が
真犯人ではないという証拠を探せ。」
と命じました。

 

事件発生から6日目の朝になりました。

塔子達は捜査を続け、
鷹野は法医学者の町子を訪ね、
坂口の解剖を見学します。

解剖の結果、
他殺の可能性が出てきました。

手首に粘着テープの痕があり、
拘束されていたと思われます。

粘着テープは死後に外されており、
自分で薬を飲んだとは思えません。

ここで町子は2人に
現場を見せて欲しいと頼みました。

 

時を同じくして、
石倉と徳重は真弓の実家を訪ね、
弁護士・馬場の姿を目撃します。

石倉と徳重は、
馬場から話を聞きます。

 

スポンサーリンク

結末

塔子と鷹野は町子を連れて、
4体の遺体発見現場と
真弓の監禁場所に向かいます。

監禁場所を見た町子は、
真弓の延命を試みたのでは?
と口にしました。

人工呼吸器が残されていたのです。

人工呼吸器は一般人には扱えず、
捜査線上に医療関係者はいません。

真弓の遺体に挿管された痕はありませんが、
人工呼吸器は喉を裂いて使用する事も可能です。

犯人が真弓の喉を裂いた理由になります。

真弓の喉を裂く予定だったから
第一の被害者・天野秀雄の喉も裂いたのです。

 

そんな中、
町子の師匠・林原教授が命を落とし、
彼女は病院に向かいます。

 

一方の塔子と鷹野は、
徳重からの電話を受けて、
慌てて真弓の実家に向かいます。

 

塔子と鷹野は真弓の母と妹に
これまで判明した事を報告し、
真犯人は別にいると告げます。

 

天野秀雄の財産は数億円です。

秀雄と真弓が同時に死んだ場合、
秀雄の財産は彼の両親に渡ります。
(2人の間に子供はいない)

ところが、
秀雄が死んで真弓が生きている場合は、
秀雄の両親と真弓で分け合う事になります。
(遺書がない場合ね)

クラスター16は、
秀雄の財産を真弓に相続させる為に
彼女に延命処置を施して、
生きている彼女の写真を
新聞社に送ったのです。

真弓が相続後に命を落とせば、
真弓が秀雄から相続した財産は、
真弓の母が受け取る事になります。

弁護士の馬場は真弓の実家を訪れ、
相続の話をしたのです。

真弓の妹・シオリは、
法律事務所に勤務しており、
同時死亡の推定も理解していました。

ただし、
真弓の母と妹にはアリバイがあります。

それなら犯人は‥‥‥

5話のネタバレへ

 

「蝶の力学」はWOWOWで放送されています。

wowow


 

スポンサーリンク



コメントを残す