映画「イントゥザブルー1」のストーリーを結末までネタバレ

映画「イントゥ・ザ・ブルー」の
ネタバレを結末まで公開します。

続編については書く予定はありません。

ネタバレではなく動画が観たい方は、
U-NEXTで今すぐ視聴してください。

無料トライアル中に解約すれば、
一切費用はかかりません。

あらすじ

舞台はアメリカの南東に位置するバハマ諸島。

主人公のジャレッドは、
観光客にダイビングを教えつつ、
海に沈むお宝を探しています。

全世界の海に60億ドル相当の
お宝が眠ると言われています。

 

ジャレッドには、
水族館で働くサムという恋人がいます。

トレジャーハンターとして、
一攫千金を夢見るジャレッドは、
とても裕福とは言えません。

サムはジャレッドを愛しており、
今の生活にも満足しているようです。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ある日、
ジャレッドの友人のブライスが
恋人のアマンダを連れて
バハマに遊びに来ました。

ブライスはNYで弁護士をしており
かなりのチャラ男です。

ブライスは、
金持ちから弁護料として
別荘を預かっています。

4人は別荘のボートで遊びます。

ダイビングも楽しんだ4人は、
偶然にもバラストを発見します。

バラストは昔の船が
重り代わりに積んでいた物で、
付近に沈没船がある可能性があります。

付近を探索した彼らは、
沈没船の遺留品らしき物を
次々と拾い上げます。

金の短剣など価値のある物もあります。

さらにジャレッドは、
数日前の嵐で墜落した飛行機を発見します。

機内を確認した4人は、
乗組員の遺体の他に
大量の麻薬を発見します。

彼らは密輸を行っていたようです。

ブライスとアマンダは、
麻薬を売りさばこうと考えますが、
サムは絶対に捕まると反対しました。

ブライスが拾い上げた麻薬を
ジャレッドは海に投げ捨てました。

 

墜落した飛行機の付近には、
沈没船のお宝が眠っています。

飛行機の件を警察に通報してしまうと
あの地域は立ち入り禁止となり、
お宝探索が不可能になります。

さらに宝を自分の物にする為には
所有権の申し立てが必要です。

これには沈没船の名前が必要です。

すなわち、
拾い上げた短剣なども
まだ彼らの物ではありません。

サムは警察への通報を提案しますが、
これにはジャレッドも反対しました。

こうして4人は、
密かに宝と沈没船を発見してから
警察に通報する事にしました。

ただし、
ジャレッドとサム、
ブライスとアマンダでは、
思惑が違うようです。

 

翌朝、
ジェレッドはブライスの金で
機材を買い揃えようとしますが、
彼は借金で苦しんでいました。

船や機材の購入は諦め、
地道に潜って宝と船を探します。

ジャレッドは、
古い銀の拳銃を発見しました。

銀の火薬入れもあります。

伝説の海賊・ソープの所持品です。

沈没船はソープが沈めた、
ゼフィア号ではないかと思われます。

ゼフィア号は、
ニューオリンズに暮らしていた
フランス人貿易商が所持していた船です。

戦争を恐れた貿易商はお宝を持って、
アメリカから祖国に帰ろうとしましたが、
ソープに襲撃されたのです。

沈んだと思われる金銀財宝は
数千億ドルの価値があります。

「ゼフィア号」と明記された物を拾えば、
お宝は正式に彼らの物となります。

そんな中、
麻薬を諦めきれないアマンダが、
飛行機内に入って死にかけます。

ジャレッドが彼女の危機に気付いて救出しました。

ジャレッドは、
絶対に飛行機に近付くなと釘を刺します。

 

ジャレッドはアマンダを船に残し、
見張りを依頼しました。

その場に水上警察が現れ、
アマンダに職質をかけます。

この海域では麻薬の密輸・売買が
頻繁に行われています。

水上警察のロイはアマンダを疑いますが、
運よくジャレッド達が浮上してきました。

ジャレッドとサムはロイと顔見知りで、
ロイはすぐに去って行きました。

 

この日の夜、
ジェレッドたちはクラブに行きます。

アマンダが踊っている間に
ブライスはジャレッドに
取り分の話をしました。

半分はジャレッドとサム、
残りの半分はブライス。

アマンダには渡さないつもりです。

ジャレッドは、
彼女が言いふらすと反対します。

その後、
1人で飲んでいたジャレッドは、
友人で漁師のダニーに声をかけられます。

ダニーの話ではよそ者が
ジャレッドの事を探っているようです。

 

酔っ払ったアマンダは、
クラブのオーナー・プリモと
親密になっていました。

プリモは店で薬を販売しており、
アマンダは彼から薬を買おうとします。

怒ったブライスがプリモを殴り
騒動となってしまいます。

 

次の日も4人は潜ります。

そんな中、
彼らの船に侵入者が現れます。

侵入者をボコボコにしたジャレッドは、
彼らのボスがベイツだと知ります。

ベイツは大物トレジャーハンターで、
ジャレッドのかつての雇用主です。

ベイツは嫌な奴ですが、
人員も機材も揃っています。

このままでは「ゼフィア号」の宝も
彼に横取りされる可能性もあります。

 

ブライスは麻薬を売って
機材を購入しようと提案します。

ベイツに対抗心を燃やすジャレッドは、
ブライスの甘い言葉に心が揺らぎますが
サムに説得されました。

 

ブライスとアマンダは、
深夜に海に潜って機内に入り、
大量の麻薬を持ち出しました。

2人は持ち帰った麻薬を
クラブのオーナー・プリモに見せ、
麻薬を売りたいと申し出ます。

ブライスとアマンダは、
プリモに拘束されてしまいました。

 

ジャレッドは、
ブライスから電話を受けて、
豪華なクルーザーに向かいます。

マフィアのボス・レイエスがいました。

飛行機内の麻薬は、
レイエスが手にする予定だった物です。

そしてプリモは彼の部下です。

ブライスとアマンダが
プリモにレイエスの麻薬を売りつけたのです。
拘束されて当然です。

 

レイエスはジャレッドに
「全ての麻薬を回収して差し出せ」
と要求します。

この要求を拒否すれば、
サムが危険に晒される可能性もあります。

ただし、
沈んだ麻薬の総重量は800キロです。

レイエスは回収の資金として
ジャレッドに3万ドルを支払いました。

レイエスと別れた後、
ジャレッドはブライスを殴りました。

ジャレッドが麻薬を引き上げると知り、
サムは仲間から抜けました。

 

スポンサーリンク

結末

ジャレッドたちは、
船と機材を購入して現場に向かいます。

麻薬を引き揚げる前に
「ゼフィア」と明記された宝を発見し
大喜びしました。

その後、
麻薬の引き揚げ作業を開始しますが、
アマンダがサメに噛まれてしまいます。

ジャレッドとブライスは、
慌てて病院に搬送しますが、
彼女は命を落としました。

駆け付けたサムも
アマンダの死を悲しみますが、
ブライスは気にしていないようです。

 

病院を出たジャレッドたちは
レイエスの部下に襲撃されます。

ジャレッドは2人と別れて、
1人でプリモに会いに行きます。

ジャレッドはプリモに
「ゼフィア号」の宝を渡す事を条件に
自分達を見逃して欲しいと頼みます。

自分では判断できないプリモは
ジャレッドを連れてレイエスの
クルーザーに向かいました。

 

一方のサムは、
水上警察のロイに事情を説明しました。

 

ジャレッドとプリモは、
レイエスのクルーザーに戻りますが、
彼と部下が全滅していました。

プリモも殺されてしまいます。

相手はベイツ一味でした。

実はベイツとレイエスは、
ビジネスパートナーの関係でした。

ベイツは飛行機内の麻薬を
独り占めしようと考えたのです。

ジャレッドも襲撃されますが、
クルーザーから海に飛び込んで逃げました。

 

何故、ベイツは
海に沈む飛行機内に麻薬が
残されている事を知っているのでしょうか‥

それは彼が警察のロイと繋がっているからです。

サムは、
ロイとベイツが密会する場面を目撃し、
拘束されてしまいました。

 

海から上がったジャレッドは、
サムに電話をかけました。

出たのはベイツでした‥‥

ベイツはジャレッドに
飛行機の位置を尋ねます。

ジャレッドは自分で案内すると答えました。

ロイは電話を切ったベイツに
サムを解放して欲しいと頼み、
射殺されてしまいました。

 

一方のジャレッドはブライスと共に、
漁を行うダニーの元を訪ねて
協力を依頼しました。

 

ジャレッドは、
1人でベイツの船に乗り込み、
飛行機の座標まで移動します。

ジャレッドが海に飛び込み、
ベイツ一味も彼を追いかけます。

ベイツの部下は、
ジャレッドを追って機内に入りますが、
ジャレッドとブライスに襲撃されます。

ジャレッドとブライスは、
海に潜ったベイツ一味を始末しました。

時を同じくして、
サムは拘束を解いて逃げ出し、
船内のベイツの部下を倒します。

さらにダニーもボートで駆け付け、
サムを援護しました。

 

生き残ったベイツもジャレッドによって、
飛行機ごと爆破されました。

ジャレッドは海面に浮上し、
無事にサムと再会しました。

 

それから6週間後、
ジャレッド、サム、ダニー、ブライスは、
遂に「ゼフィア号」の財宝を発見します。

見事な金の延べ棒が大量にあります。

4人は大いに浮かれています。

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す