映画「ある公爵夫人の生涯」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ある公爵夫人の生涯」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

1774年春のイギリス。

貴族令嬢・ジョージアナは17歳で、
デヴォンシャー公爵との結婚が決まりました。

もちろん恋愛結婚ではなく、
これは政略結婚です。

デヴォンシャー公爵の考えは
「妻は世継ぎを産む為の道具」です。

ジョージアナの母は
「幸せになりなさい」と言って
娘を送り出しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ジョージアナは公爵夫人として
デヴォンシャー公爵の屋敷に入ります。

メイドや執事たちが2人を出迎えます。

「公爵夫人閣下」と言われて悪い気はしません。

 

こうして初夜を迎えます。

ジョージアナは緊張しつつも
公爵とベッドに入りました。
(さすがキーラ・ナイトレイ、
めちゃくちゃ体キレイ。)

公爵からは愛を感じませんでした‥‥

 

実家に帰った時に、
ジョージアナは不快だと
母に愚痴をこぼしました。

母は世継ぎを産む事が役目で、
世継ぎさえ産めば機会が減ると助言します。

 

また別の日、
公爵邸で議員たちとの会食が行われ
ジョージアナも出席しました。

野党議員のフォックスが演説を行います。

演説の後、
感想を聞かれたジョージアナは
フォックス議員と政治的な話をします。

すると公爵が食事中にも関わらず
席を立ってしまいました。

ジョージアナは慌てて追いかけますが、
1人にして欲しいと言われます。

ジョージアナは会食に戻り、
議員たちとの時間を過ごします。

会食の後、
ジョージアナは公爵の寝室から
女性が出て行く場面を目撃しました。

 

翌朝、
公爵と食事をしていると、
シャーロットという女の子が現れます。

公爵はジョージアナに
孤児を引き取ったと説明します。

ジョージアナはシャーロットが
公爵の娘だと気付きます。

ジョージアナは傷付きながらも
シャーロットに優しく接します。

そんなジョージアナですが、
すでに第一子を妊娠しているようです。

 

ある冬のある日、
公爵邸でパーティーが行われますが、
ジョージアナがお腹を押さえて苦しみ始めました。

ジョージアナは
女性陣に連れられて退出します。

陣痛です。

男性陣は
公爵に世継ぎが誕生すると
祝杯をあげました。

 

翌朝、
ジョージアナの母が屋敷に現れます。

誕生したのが娘だったので、
公爵は義母をほぼ無視します。

一方のジョージアナは、
女の子でも自分の子供だと言って、
自ら娘に母乳を与えていました。
(貴族は基本的に乳母に任せる)

 

さらに6年の月日が流れます。

2人の間にはもう1人娘が誕生していました。

長女はハリヨー、
次女はリトル・ジー、

2人は異母姉のシャーロットと共に
健やかに成長しています。

ジョージアナは、
3人をとても可愛がっていますが、
公爵は娘には興味がない様子。

 

そんなある日、
ジョージアナは公爵と共に
社交界を訪れました。

彼女はまさに社交界の華。
「ファッションの女神」とも称されています。

 

社交界の途中で、
ジョージアナは夫である公爵が
女性に声をかける場面を目撃します。

相手は夫がいるエリザベスという女性でした。

ジョージアナは、
エリザベスに声をかけました。

エリザベスは、
夫が愛人と出かけているので、
気晴らしに社交界に出席したようです。

2人は意気投合しました。

 

翌朝、
ジョージアナが娘と散歩していると
エリザベスが声をかけてきました。

エリザベスに3人も息子がいると知り、
ジョージアナは彼女を羨ましく思います。

そんな中、
ジョージアナはエリザベスの体に
痣がある事に気付きます。

夫のフォスター卿に
暴力を振るわれているのです。

エリザベスは屋敷を追い出され
子供を取り上げられています。

彼女の話を聞いたジョージアナは、
公爵に頼んで彼女を屋敷に連れ帰ります‥‥

 

ジョージアナは公爵と、
エリザベスの3人で劇を観に行き、
偶然にもフォックスと再会します。

フォックスは期待の新人として
グレイという男性を紹介しました。

グレイは学生時代に
ジョージアナの実家に出入りしており、
2人は顔見知りです。

ジョージアナが席を外した時、
グレイはエリザベスから話を聞き、
彼女が公爵に愛されていないと知ります。

エリザベスはグレイの様子から
彼がジョージアナを愛していると気付きます。

 

選挙まで6週間に迫ったある日、
ジョージアナはパーティーで
グレイと再会します。

フォックスとグレイは野党で、
状況は芳しくないようです。

その話を聞いたジョージアナは、
彼の演説に立ち会うと約束しました。

数日後、
ジョージアナは約束を守って
グレイの街角演説に立会いました。

ジョージアナは大人気者なので、
多くの市民がグレイの話を聞きました。

演説の後、
ジョージアナはグレイに
自分をどう想うかと尋ねます。

グレイの返事は
「いつもあなたを想っています。」

執事がジョージアナを呼びに来ます。

グレイと別れたジョージアナは、
笑みを浮かべました。

 

ジョージアナが帰宅すると、
エリザベスの部屋から声が聞こえました。

公爵が彼女と不倫していたのです。

ジョージアナにとってエリザベスは
唯一の友人とも言える存在でした。

傷付いたジョージアナは、
「誰と不倫しても逆らった事はないが、
彼女にだけは手を出して欲しくなかった」
と公爵を責めました。

 

実家に戻ったジョージアナは、
母に慰められます。

ジョージアナが公爵邸に戻ると、
エリザベスが声をかけてきました。

エリザベスはジョージアナに
自分の息子を取り戻すために
公爵と寝たと事情を説明しました。

ジョージアナは、
エリザベスを冷たく突き放します。

その後、
公爵邸に3人の男の子が現れました。

公爵は自らの権力を使って
エリザベスの息子を取り戻したのです。

エリザベスは息子との再会に喜び、
公爵も彼女の息子を可愛がりました。

あのような公爵の姿は見た事がなく、
ジョージアナは悔しさを噛みしめます。

 

ジョージアナはグレイと密会し、
苦しい胸の内を明かします。

グレイは優しく慰め
彼女にキスしました。

ジョージアナも彼を受け入れます。

本当の愛を知りました。

 

翌朝、
公爵、ジョージアナ、エリザベスは
3人で朝食をとります。

これが日常です。

ジョージアナは、
「2人が愛し合う事を認めるから
自分とグレイの関係も認めて欲しい」
と取引を持ちかけました。

公爵は
全てを決めるのは自分だと答え、
ジョージアナを犯しました。

さらに公爵はジョージアナに
「世継ぎ誕生までは絶対服従だ」
と告げました。

 

数週間後、
フォックスとグレイの野党は
選挙で見事に勝利しましたが、
ジョージアナに笑顔はありません。

グレイは異変に気付きます。

そんな中、
ジョージアナの妊娠が判明しました。

 

スポンサーリンク

結末

しばらく時が流れて
ジョージアナは息子を出産しました。

公爵は世継ぎの誕生を大いに喜びますが、
ジョージアナに対する愛はありません。

 

また別の日、
公爵に呼び出されたグレイが
公爵邸を訪れました。

公爵は留守で、
呼び出したのはエリザベスでした。

エリザベスはジョージアナに
「誰にも分からないわ」と耳打ちします。

彼女の言葉を聞いたジョージアナは、
屋敷の中でグレイと愛し合いました。

 

また別の日、
ジョージアナは公爵に
「旅行でフランスのバースに行きたい」
と頼みます。

グレイがバースに滞在しているのです。

エリザベスの協力もあって、
バースに行く事を公爵が許可しました。

フランスのバースにて、
ジョージアナはグレイとの
甘い一時を過ごしました。

 

そんなある日、
母と公爵がフランスに来ました。

ジョージアナの母は娘に
グレイと別れるよう迫ります。

公爵は
ジョージアナに愛していると伝え、
グレイの将来を潰す気かと脅します。

しかも公爵と別れる道を選ぶなら
ジョージアナは一生子供たちと会えません。

公爵は娘からの手紙を残し、
ジョージアナの母とイギリスに戻ります。

手紙を読んだジョージアナも
イギリスの公爵邸に帰り、
娘達を抱きしめました。

 

グレイがジョージアナを追いかけて来て、
身分を捨ててでも結婚したいと
彼女に申し出ました。

ジョージアナは、
「子供たちを見捨てる事はできない」と
グレイに決別を告げました。

ところが、
ジョージアナは彼の子を妊娠していました。

その事を知った公爵は、
田舎でこっそり産んで
グレイの実家に預けろと命じました。

エリザベスは公爵に反対されつつも
ジョージアナに寄り添って田舎に行きます。

ジョージアナは娘を出産し、
グレイの父親(将軍)に引き渡しました。

ジョージアナは、
「イライザと名付けて欲しい」
とグレイ将軍に頼みます。

グレイ将軍は了承し、
孫を連れて帰りました。

 

ジョージアナは公爵から
夫婦関係を取り戻したいから
一緒にパーティーに出席しようと言われます。

ジョージアナが了承すると、
公爵は彼女の手を取って、
外で遊ぶ子供達を眺めました。

微笑む公爵を見て、
ジョージアナは戸惑います。

 

公爵夫妻はパーティーに出席し、
フォックスたちと挨拶を交わします。

フォックスの計らいで
ジョージアナはグレイとも話します。

グレイは婚約した事と、
のイライザはとても愛されて
健やかに育っていると話します。
(パーティーなので大勢の人がいる。)

 

時は流れて、
グレイは首相にまで上り詰めます。

ジョージアナは子供たちを愛し、
度々密かにイライザにも会いに行きました。

ジョージアナの死後、
エリザベスが公爵夫人となりました。

大人になったイライザは娘に、
「ジョージアナ」という名前を与えました。

 

映画を観るなら無料トライアルがある
U-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す