ドラマ「蝶の力学 殺人分析班」2話あらすじ、ネタバレ結末

今回は11月24日に放送された
WOWOWドラマ「蝶の力学」
第2話のネタバレです。

1話のネタバレはこちら

2話あらすじ、ネタバレ

誘拐されていた天野真弓の遺体が
公園で発見されました。

しかも夫の天野秀雄同様に
喉を引き裂かれており、
青い花が活けられていました。

天野はブルーデージーでしたが、
真弓のはローズマリーです。

そんな中、
塔子はある事に気付きます。

真弓の指は切断されていなかったのです。

だとしたら、
塔子に届いたあの指は‥‥

 

スポンサーリンク

死亡推定時刻は
遺体発見の約5時間前です。

腹部を刺されて死亡しており、
今回も殺されてから喉を裂かれています。

 

SNSで情報が拡散し、
遺体発見現場に野次馬が集まります。

そんな中、
塔子は怪しい男性を目撃して
相棒の鷹野に報告します。

ネットカフェの防犯カメラに
写っていた人物にも似ています。

十一係のメンバーは、
職質をかけようとしますが、
男性は慌てて逃げ出しました。

塔子達は男性を追いますが
野次馬たちに邪魔されて、
逃げられてしまいました。

事件は大々的に報道され、
警視庁は非難の的になりました。

さらに塔子と鷹野は、
「絶対に助ける」と約束していたので、
真弓の母と妹に責められました。

真弓の母は
「娘は結婚生活が苦しそうだった」
と呟きました。

この日もリフォーム業者の内田が、
真弓の実家に来ています。

 

 

鷹野に筋読みを聞かれた塔子は
天野は仕事上のトラブルで殺され、
現場を目撃した真弓は誘拐されて
口封じの為に殺されたと推測しました。

ここで鷹野は、
天野の自宅に茶色のペンキが
保管されていた事を思い出します。

天野の私物は赤ばっかりです。

ペンキを確認した2人は、
須藤が経営するバーの
外看板の落書きと同色だと気付き、
店に向かいました。

「落書きは天野さんによる
イタズラではありませんか?」

塔子と鷹野の質問に対し、
須藤はあり得ないと答えました。

須藤の店を出た2人は
公園で見た男性を目撃しますが
逃げられてしまいました。

 

そんな中、
犯人を名乗るクラスター16から
新聞社にメールが届きました。

「今朝、警察は私を取り逃がした。
愚かな警察に感謝する。」

十一係の刑事の写真が添付されています。

 

夜になって、
十一係は会議を開きます。

ローズマリーは、
公園付近には咲いていませんでした。

わざわざ犯人が
用意したという事になります。

塔子はローズマリーの花言葉を調べます。

思い出、記憶、静かな力強さ。

ピンときません。

真弓はパジャマを着ていましたが、
彼女の持ち物ではありませんでした。

鷹野
「バタフライ効果‥」

塔子
「蝶の力学?」

鷹野
「ブラジルで蝶が羽ばたくと、
テキサスで竜巻が発生する。」

塔子
「キッカケは偶然でも
それが連鎖して大きくなってる。

我々の理屈では考えられない
接点があるはず‥‥」

 

真弓の司法解剖が終わったので、
塔子と鷹野は法医学者の
相羽町子の元を訪ねます。

天野を殺したナイフと
同じ物が使用されていました。

刃物は長い時間刺したままで、
犯人は真弓を助けようとした可能性もあります。
(抜くと流血して悪化する)

また塔子に届いた指はDNA鑑定から
20~30代の女性の物と断定されました。

しかも生きた状態で切断されています。

 

塔子と鷹野は、
署に戻る途中で停車した際に
バイクに乗る男性に襲撃されました。

男性は金属バットで2人が乗る車の
フロントガラスを割って逃走しました。

その後、
クラスター16からメールが届きます。

「刑事たちを襲ったのは警告だ。
警察は私を捕まえる事はできない。
次の被害者は明日見つかるだろう。」

次の被害者の手掛かりはありません‥‥

係長の早瀬は、
捜査員に防刃ベスト着用を命じ、
次の犯行は阻止するよう鼓舞します。

 

事件発生から3日目になりました。

鷹野は入院中の老人を見舞います。
老人は喋る事もままなりません。

鷹野が別れを告げて病室を出ると
今度は法医学者の町子が見舞いに来ました。

 

天野の運転手だった村石の
目撃情報が入りました。

塔子は鷹野がいないので、
他のメンバーと村石確保に向かいます。

塔子は近ごろの鷹野の様子から
彼が何かを隠していると疑います。

 

村石を任意で引っ張りますが、
彼は犯行を否定しました。

ただし、
麻薬の運び屋だった事を認めます。

その線から捜査を始めた十一係は、
天野が闇金業を行っていた事を突き止めます。

しかも須藤は
天野からお金を借りていました。

外看板のイタズラは、
天野の命令で村石が行ったものです。

天野は借金の取り立ての為に
須藤の実家まで訪れていました。

その事が関係しているかは不明ですが、
須藤の父親は最近亡くなっています。

須藤には動機があるのです。

 

 

 

スポンサーリンク

結末

塔子は署に戻った鷹野と
須藤確保に乗り出します。

塔子は鷹野に
どこに居たのか尋ねますが、
鷹野は何も答えませんでした。

 

石倉は須藤のバーへ、
徳重と尾留川は彼の自宅に向かい、
鷹野と塔子が指示を送ります。

徳重は須藤の自宅に乗り込みますが、
彼の姿はありませんでした。

 

石倉もバーに乗り込みますが、
やはり須藤の姿はありません。

塔子と鷹野もバーに入ります。

塔子は店の中に隙間風が
入っている事に気付きます。

鷹野が調べると隠し部屋が見つかります。

鷹野、塔子、石倉の3人は、
秘密部屋に足を踏み入れて
須藤の遺体を発見しました。

しかも喉は引き裂かれ
青い花が活けられています。

塔子は思わず天を仰ぐのでした。

3話のネタバレへ

 

「蝶の力学」はWOWOWで放送されています。

wowow


 

スポンサーリンク



コメントを残す