映画「勝手にふるえてろ」のストーリーを結末までネタバレ

映画「勝手にふるえてろ」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公の江藤良香(ヨシカ)は、
24年間恋愛経験ゼロのOLです。

そんな彼女ですが、
中学時代から一宮(イチ)に
片思いし続けており、
いつも脳内恋愛を楽しんでいます。

ヨシカは本当にイチが大好きで、
周囲の人間に彼の話ばかりします。

ヨシカの話を笑顔で聞いてくれるのは、
同僚で親友の来留美(クルミ)、
整体師の男性、バスの隣の席の座る老婆、
最寄駅の駅員、コンビニの男性店員、
近くの川で釣りをしているオジサン、
いつもオカリナを吹いている隣人、
カフェの金髪女性店員です。

 

脳内恋愛以外の唯一の趣味は、
絶滅動物を調べる事です。

ある日もアンモナイトの化石を
ネットで購入してしまいます。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ある日、
ヨシカとクルミが所属する経理部と
営業部で飲み会が開かれました。

クルミは意中の高杉に猛アタックします。

一方のヨシカは、
霧島という男性に連絡先を聞かれます。

霧島が書く数字の「2」は独特で、
ヨシカとクルミは彼に「二」という
あだ名を付けています。

二はイケメンではなく、
がさつで女心も分かりません。

イチとは真逆のような男性です。

それでも断る事はできず、
ヨシカはニとLINEを交換しました。

 

次の土曜日の夜、
ヨシカは二にデートに誘われ、
クラブに行きました。

二の話はまったく面白くなく、
ヨシカは途中から面倒くさくなります。

帰り道、
2人はホテル街を足を踏み入れます。

ヨシカにそのつもりはなく、
足早に帰ろうとしますが、
飲み過ぎた二が吐いてしまいました。

ヨシカは仕方なく水を購入し、
二を解放しました。

意識を取り戻した二は、
半年前からヨシカに恋しており、
飲み会もヨシカと知り合う為に
開いた事を打ち明けます。

さらに二はヨシカに告白しました。

ヨシカは返事を保留しますが、
人生初めての告白に歓喜して帰宅します。

この日の夜、
完全に浮かれていたヨシカは
ストーブを点けっぱなしで眠り
ボヤ騒ぎを起こしました。

人間いつ死ぬか分からないと考えたヨシカは、
本物のイチに会いたいと願うようになり、
その事をいつものメンバーに相談します。

そこでヨシカは、
中学の同窓会を開く事にしました。

もちろん自分の名前では提案できないので、
海外在住の紫谷玲奈の名前を使って
同級生たちにSNSで連絡します。

 

一方でクルミには、
二に告白された事を打ち明けます。

二は
「クリスマスに奥多摩に行こう」
とヨシカを誘います。

クルミは有名なパワースポットだと
ヨシカの背中を押しました。

クリスマス当日、
ヨシカと二は奥多摩で
渓流釣りを楽しみました。

寒いのでヨシカは震えています。

 

ヨシカはパワースポットの滝の前で
イチの実家に電話をかけました。

イチも東京で働いており、
年末の同窓会に参加する事が判明しました。

帰り道、
二は夜景がキレイな場所にヨシカを案内し、
経理部の彼女の為に赤い付箋を
プレゼントしました。

 

そして年末の同窓会当日、
紫谷の名前で病欠の連絡をした後に
ヨシカは会場に向かいました。

イチと再会したヨシカは、
「都内組でLINEのグループを作ろう」
と提案しました。

こうしてヨシカは、
改めてイチが好きと自覚します。

 

東京に戻ったヨシカは、
クルミにイチの事が大好きで
彼と結婚したいと話します。

さらにヨシカは、
笑顔で話を聞いてくれるクルミに
恋愛経験がゼロだと打ち明けます。

クルミはヨシカを馬鹿にせず
親身に話を聞いてくれました。

 

それから少し時が流れて、
都内組がタワマン暮らしの
木村の家に集まる事になりました。

6人で鍋パを行いますが、
残りがイケてる組なので、
ヨシカは輪に入れません。

そんなヨシカに意外にも
イチが声をかけました。

イチは中学時代に
イジメられていた事を打ち明け、
同窓会も行きたくなかったと話します。

ヨシカは
勝手に彼が人気者だと勘違いしており、
本当は似た者同士だと気付きます。

しかもイチは、
古代の動物や絶滅動物が好きで
ヨシカの話を笑顔で聞いてくれました。

2人は絶滅動物の話で盛り上がります。

ところが、
イチはヨシカの名前すら覚えていませんでした。

「名前、何?」と聞かれたヨシカは、
ショックのあまり木村の家を飛び出しました。

 

帰り道、
ヨシカは今の自分の気持ちを
いつものメンバーに話そうとします。

しかし、
話しかける事ができませんでした。

実は、
カフェやコンビニの店員も
駅員も釣りのオジサンも
バスで隣に座る老婆も整体師も
隣人の女性も知り合いではありません。

いつも笑顔で話を聞いてくれていたのは、
ヨシカの脳内だけだったのです。

イチとの脳内恋愛が終わった今、
彼らと妄想トークも終了です。

家に帰ったヨシカは
孤独のあまり涙を流しました。

 

そんな中、
ヨシカは二にデートに誘われます。

二は元気がないヨシカを励まし、
ヨシカもそんな彼に惹かれ始めます。

その後も2人はデートを重ね
正式に付き合う事になりました。

二は大喜びしたので、
ヨシカも悪い気はしません。

ニはヨシカにキスしようとしますが、
ヨシカは思わず逃げてしまいました。

 

スポンサーリンク

結末

二はヨシカに
いきなりキスしようとした事を謝罪します。

ヨシカはニを許して
彼に抱きつきました。

ここで二はクルミから
「ヨシカは恋愛経験がないから
大切にして欲しい。」
と頼まれた事を口にします。

恋愛経験がない事は、
クルミにだけ話した秘密でした。

ヨシカは
ショックを受けて無気力になり、
二に別れを告げました。

 

ヨシカは妊娠もしていないのに
会社に産休届を提出しました。

まったくお腹も出ていないので
まだ早いと却下されました。

そこで有給を取って休む事になりました。

ヨシカの妊娠の噂はすぐに広がり、
クルミも祝福してくれました。

ヨシカはそんなクルミに
酷い言葉を浴びせて帰宅します。

 

ヨシカは引き籠り生活を始めますが、
クルミ以外からは誰からも連絡が来ません。

唯一連絡をくれるクルミは無視します。

そんなある日、
クルミが留守電を残しました。

メッセージを再生すると
心から妊娠を祝福する言葉が
残されていました。

しかも最後にクルミは、
知らない間にヨシカを傷付けたと
謝罪していました。

クルミの言葉を聞いたヨシカは、
ニに電話をかけました。

ヨシカは駆け付けた二に
妊娠は嘘だと打ち明けます。

訳が分からない二は怒り、
2人はお互いの本心をぶつけ合います。

それでも最後に二は、
やっぱりヨシカの事が大好きで
一緒に居たいと涙ながらに訴えます。

ニの言葉を聞いたヨシカは、
初めて彼の事を霧島君と呼び
そのままキスしました。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す