「アシュラ(韓国映画)」あらすじ、ネタバレ結末

映画「アシュラ」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

韓国のアンナム市。

この街では犯罪や汚職が横行しており、
市長のソンベもその立場を利用して
私利私欲を満たしています。

もちろん反対派が黙っていませんが、
ソンベは刑事のドギョンを利用して
犯罪行為の後始末をしています。

ドギョンは末期ガンを患う妻の
治療費を稼ぐ為にソンベに
協力しているのです。

 

現在、
ソンベは不正行為で告発されています。

ある日、
ドギョンは情報屋を使って
検察側の証人の弱みを握り
出廷できなくさせました。

ソンベは釈放され、
ドギョンは報酬を得ます。

 

この日の夜、
ドギョンは情報屋に会いに行きます。

ドギョンの上司である班長が現れ
ソンベ市長との関係を追及されます。

班長はドギョンを捕まえるつもりはなく、
自分も金が欲しいと主張します。

さらにドギョンの後輩のソンモが、
ドギョンの情報屋を捕まえようとしました。

4人はビルの屋上で争いになります。

ソンモは情報屋を拘束しますが、
班長と口論になったドギョンは、
彼を転落死させてしまいました。

ドギョンとソンモは、
情報屋を班長殺しの犯人として逮捕します。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ドギョンとソンモは口裏を合わせ
警察の事情聴取を乗り切ります。

ドギョンは警察を辞めて、
ソンベ市長の下で働く決意を固めます。

そんな中、
検察庁のチャンハクが現れ、
検事のチャインの元に連れて行きます。

チャインは
ドギョンの犯罪の証拠を掴んでおり、
逮捕する事が可能だと脅します。

チャインは見逃す代わりに
ソンベ市長の犯罪の証拠を
持って来いと命じました。

警察を辞めれなくなったドギョンは、
部下のソンモを退職させて、
市長の下に送る事にしました。

給料が倍になる上に、
ドギョンを信頼するソンモは
この件を引き受けます。

 

アンナム市では
再開発計画が進んでいます。

反対勢力の中には、
市長に政治資金を援助していた
ビョンジョという男も加わっています。

チャインたちは、
ビョンジョとソンベ市長の対立は、
表向きだけだと考えているようです。

 

そんな中、
ドギョンはソンベから
ビョンジョを殺して欲しいと頼まれます。

ドギョンは何も答えません。

 

次の日、
ソンベから部長検事に圧力がかかり、
チャインの捜査本部は撤収します。

一方で情報屋は
班長殺害を否認しました。

ドギョンは彼に暴行を加え、
容疑を認めるよう脅します。

 

ソンモは金回りが良くなり、
いいスーツを着ています。

ドギョンに食事を奢ったりと
態度が変わり始めました。

 

そんなある日、
ソンベ市長が有力者や記者団の前で
再開発のプレゼンを行っていると
ビョンジョ率いる反対派が現れて
会場で暴れ始めました。

ソンベは身を挺して争いを止め
頭部を負傷しました。

報道陣がその様子を公開し、
ソンベの人気が上昇します。

ソンベとビョンジョは協力関係で、
今回の騒動は支持を得るためのヤラセです。

 

そんな中、
ビョンジョを利用したソンベは、
彼に決別を宣言しました。

ビョンジョは怒りますが、
煮え切らないドギョンに代わって
ソンモが彼を抹殺しました。

ソンベ市長はソンモを可愛がり、
ドギョンを遠ざけるようになりました。

それに応じてソンモの態度が横柄になり、
ドギョンの命令を無視し始めます。

さらにソンモは、
ドギョンが検事のチャインと
密会している事を突き止めます。

 

ドギョンはチャインの仲間と共に
ソンベ市長の腹心のウンが
チンピラと取引する現場に乗り込みます。

ドギョンは
逃げ出したチンピラを追いかけて
大量の麻薬を押収しました。

ソンベ市長は麻薬を売って
政治資金にしていたのです。

 

チャインは麻薬を押収しましたが、
すぐにウンだけが出頭してきて、
独断で取引していたと自供しました。

ソンベを逮捕する事はできません。

 

ドギョンの裏回しによって、
ウンは釈放される事になりました。

ソンモがウンを迎えに来ますが、
ウンは暗殺されてしまいます。

ドギョンと市長にとって邪魔な情報屋も
留置所の中で暗殺されました。

ソンベ市長は記者会見を開き、
ウンの失態を謝罪します。

 

ドギョンはチャインに呼び出され、
早く犯罪の証拠を持って来いと命じられます。

ドギョンは免責の約束が欲しいと答えますが、
チャインはドギョンが班長を殺す様子を
撮影していました。

チャインはその映像を見せて
ドギョンを脅します。

 

ドギョンは、
ソンベとチャインの狭間から
逃げ出せない事を悟って、
ある決意を固めます。

 

 

ドギョンはチャインの命令で
盗聴器を持ってウンの葬儀に行きます。

この日は
ドギョンの妻の手術が行われています。

 

自らウンを切り捨てたくせに
彼の遺体の前で涙を流している市長。

ソンベ市長は
ドギョンの姿に気付き、
彼を食事に誘いました。

ドギョンは食事の途中で
グラスをかみ砕いて吐き捨てます。

ドギョンは血を吐きながら
自分を殺すつもりかと尋ねます。

ソンベは何も答えません。

するとドギョンはソンベに、
自分がチャイン検事と
繋がっている事を打ち明けて
マイクとカメラを机の上に出しました。

チャイン検事たちは、
葬儀場の外からその様子を見ており、
ドギョンの行為に度肝を抜かれます。

 

スポンサーリンク

結末

市長は隠しカメラに向かって、
「違法に入手した証拠は法廷では
何の意味もない」とチャインに伝えます。

チャインもドギョンを通して
ソンベ市長に言い返します。

「録音ファイルを新聞社に送る、
ネットでも拡散して、
市長の首をじわじわと締め上げる」

「市民が選んだ市長を盗聴して
ただで済むと思っているのか?
断言しよう。
検事は辞任する事になる。」

そんな話をしている最中に
ソンベが雇っているチンピラたちが、
チャインの乗るバンを取り囲みました。

チャインたちは、
葬儀場の中に案内されます。

チャインは、
ソンベ市長が殺人を教唆した証拠が欲しい。

ソンベは、
チャインを買収したい。

ソンベとチャインは話し合いますが、
お互いに譲る気はありません。

 

時を同じくして、
ドギョンはソンモに呼び出されます。

ソンモは葬儀場の裏で
ドギョンに銃口を向けます。

ドギョンは反撃し、
可愛がっていた後輩を
射殺してしまいました。

 

チャインはソンベ市長との会話を
全て録音していました。

その事を知ったソンベは、
チャインと彼の部下を
チンピラに襲撃させました。

チャイン検事は拘束され、
女性の部下を殺すよう命じられます。

命が惜しいチャインは、
斧を手に取って部下を殺そうとしますが、
その場にドギョンが戻って来て
チャインを射殺しました。

検事側とチンピラの遺体が
無数に転がっています。

まさに地獄絵図です。

 

ドギョンはソンベ市長以外を倒しますが、
彼に腹部を撃たれてしまいました。

彼によってチャインの女性部下も射殺されます。

 

ドギョンは被弾しつつも立ち向かって
遂にソンベ市長を撃ち抜きました。

もはやドギョンに
動くだけの力は残っていません。

後は死を待つのみです。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す