映画「デンジャラスラン」あらすじ、ネタバレ結末

映画「デンジャラス・ラン」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のトビン・フロストは、
CIAの伝説的な工作員でしたが、
組織を裏切って国際指名手配されています。

10年以上も逃亡し続け、
現在は南アフリカに潜伏しています。

 

時を同じくして、
CIAの新米工作員のマットは
南アフリカのアジトの1つを管理しています。

マットは、
恋人のアナと彼女の故郷のパリに
行く事を望んでいます。

 

ある日、
フロストは旧友でMI6のアレックから
極秘情報のデータファイルを受け取ります。

フロストはトイレに入り、
データを自分の携帯に移し、
データが入ったチップは
自分の体内に注射しました。

その直後、
フロストは何者かに襲撃されます。

フロストはアレックと逃げますが、
アレックは狙撃されてしまいました。

狙撃を恐れたフロストは
人混みに紛れて逃走しますが、
犯人たちは執拗に追いかけてきます。

諦めたフロストは、
アメリカ大使館に出頭しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

CIA本部のキャサリンの元に
フロスト出頭の連絡が入ります。

マットの上司のデヴィッドや
副長官のハーランにも報告が入ります。

フロストは逃亡生活の中で
CIAの機密を売り続けていました。

キャサリンは、
彼が大使館に逃げ込んだ事には
それなりの理由があると考えます。

ハーランは、
ヨハネスブルグのチームを
フロストの元に送ります。

ヨハネスブルグのチームは、
マットが管理するアジトに
フロストを移送して、
尋問する事にしました。

キャサリンから連絡を受けたマットは、
重要案件と聞かされて緊張します。

やがてフロストが到着し、
工作員・ダニエルによる
尋問が始まります。

その直後、
停電が発生して武装勢力が
アジトに侵入しました。

ダニエルを始めとするCIA工作員は全滅し、
マットは戸惑いながらもフロストを連れ
アジトから脱出しました。

マットは本部に連絡を入れますが、
追跡から逃れるよう指示されます。

フロストはマットに
アジトが襲撃された事から
CIAに内通者がいると宣言します。

 

時を同じくして、
本部にいる副長官のハーランも
内通者の存在を疑い始めます。

ハーランはキャサリンとデヴィッドに
任務に関わった人間の情報を求めます。

 

マットとフロストは、
ホテルの一室に身を隠します。

マットはホテルから
自分を心配するアナに連絡をします。

もちろんCIAとは伝えていません。

アナの身を心配したマットは、
友人の家に避難して欲しいと頼みます。

マットが電話を切った後、
フロストは嘘を付き続ける仕事だから
女性とは上手く行かなくなると忠告します。

やがてマットに
新しいチームが到着するまで
12時間かかるという連絡が入ります。

本部は彼らの為に隠れ家を用意し、
その場所を示すGPSをスタジアムの
地下のロッカーに入れます。

この日、
スタジアムではサッカーワールドカップの
試合が行われていました。

警備員の姿を見たフロストは
「こいつに誘拐される」
とマットを指さして叫びます。

マットは警備員に拘束され、
フロストも保護されました。

医務室に連れて行かれたフロストは、
警備員を気絶させて逃走しました。

モニターでその様子を見たマットも
警備員を倒してフロストを追います。

ところが、
地元の警官から発砲されたマットは、
反撃で警官を射殺してしまいます。

しかもフロストには逃げられました。

 

マットは本部に連絡し、
キャサリンとデヴィッドに
警察官を射殺した事と
フロストを逃がした事を報告します。

キャサリンとハーランは
マットの任を解きます。

それでもマットは、
独自にフロスト捜索を続けました。

その途中でアナと再会して、
今まで嘘を付いていた事を明かし、
故郷のフランスに戻るよう伝えました。

 

そのころフロストは変装して、
古い友人のカルロスを頼っていました。

カルロスは書類偽造のプロで、
フロストは新しい身分証を
手に入れようとしています。

フロストは体内に隠したデータを取り出します。

 

時を同じくして、
キャサリンとデヴィッドも
南アフリカへと飛び立ちます。

 

フロストとカルロスは、
武装勢力に襲撃されました。

カルロスと彼の家族は命を落とし、
フロストは武装勢力との銃撃戦になります。

フロストは追い込まれますが、
その場にマットが駆け付けました。

2人は協力して逃走します。

 

フロストとマットは、
追っ手の1人を捕まえて拷問し、
CIAの人間が雇い主だと知ります。

そして武装勢力のボスは、
ヴァルガスという人物のようです。

傷の手当てをしながら、
マットは恋人と別れた事を
フロストに伝えます。

フロストは上官の命令で、
一般人の命を奪った過去を明かします。

 

スポンサーリンク

結末

マットはフロストを連れて
指定された隠れ家に向かいます。

そこでフロストに手錠を嵌め、
管理人の工作員と共に
本部に連絡を入れました。

 

一方でキャサリンとデヴィッドは、
南アフリカでフロストを探していました。

マットがアジトに到着したと報告を受け、
デヴィッドはキャサリンを射殺しました。

デヴィッドが裏切者だったようです。

 

マットとフロストは、
管理人の工作員に襲撃されます。

マットは重傷を負いながらも
管理人の男を殺害しました。

その様子を見たフロストは、
データの中身が汚職工作員
リストだと明かしました。

マットはフロストの拘束を解き。
意識を失いました。

マットが目を覚ますと、
ヴァルガスを連れたデヴィッドの姿がありました。

フロストは逃げたようです。

デヴィッドの話を聞いたマットは、
すぐに彼が裏切者だと気付きます。

 

そんな中、
フロストが隠れ家に戻って来て、
次々とデヴィッドの部下を倒します。

しかし、
フロストはデヴィッドに撃たれてしまいます。

デヴィッドはフロストから
データを奪おうとしますが、
マットが彼を射殺しました。

マットはフロストに駆け寄りますが、
すでに彼は絶命寸前でした。

フロストはマットにデータを託し、
正しい事をして欲しいと頼みました。

 

その後、
CIA本部に帰還したマットは、
事件の全容を副長官のハーランに報告します。

ところが、
ハーランはCIAの汚点と考え、
デヴィッドの不正の部分を
報告書から消去すると答えました。

CIAにうんざりしたマットは、
マスコミ各社にデータをリークし、
パリにいるアナに会いに行きました。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す