映画「誘拐の掟」のストーリーを結末までネタバレ

映画「誘拐の掟」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

1991年のニューヨーク。

ニューヨーク市警の刑事・マットは、
アルコール依存症に陥っており、
相棒にも忠告される日々を送っていました。

そんなある日、
マットがバーで酒を飲んでいると
2人組の男が店に押し入って、
店員を射殺しました。

マットは、
すぐに犯人を追いかけ射殺しますが、
誤って1人の少女の命を奪ってしまいました。

 

それから8年後の1999年、
少女を射殺したマットは
警察を辞めて私立探偵をしています。

さらに、
アルコール依存症の集会にも通っています。

そんなある日、
集会で出会ったピーターという男に
弟・ケニーの話を聞いて欲しいと頼まれます。

ピーターは薬物依存症です。

マットはピーターに連れられ、
麻薬仲介人のケニーに会いに行きます。

昨日、
ケニーの妻・キャリーが誘拐されました。

ケニーは麻薬仲介人なので、
警察、FBIに相談はできませんでした。

身代金の40万ドルは支払いましたが、
妻はバラバラ遺体となって返却されました。

ケニーの依頼とは犯人の特定です。

マットはケニーの職業を知り、
今回の依頼を断りました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

次の日、
マットが集会から帰ると、
ケニーが訪ねて来ました。

ケニーは犯人の事を話し始めます。

ケニーは金を2つのゴミ袋に入れて
犯人の指示に従って運びました。

最終的に妻のキャリーの遺体は、
車のトランクに入っていました。

しかも犯人は、
キャリーを犯した時に
録音したテープも残していました。

話を聞いたマットは、
依頼を引き受ける事にしました。

 

翌朝、
遺体の発見場所に向かったマットは、
青色のバンに乗った2人組の男が
キャリーを見ていたという証言を得ます。

次にマットは図書館に行き、
似ている過去の事件を調べます。

そこでマットは、

路上生活者の少年・TJと出会います。

マットはお金を出して、
彼に調査を手伝ってもらいます。

TJは、
レイラという女子大生のバラバラ遺体が
墓地で発見されたという記事を見つけます。

こちらの事件の犯人は
3人組とされています。

マットはお礼に食事も奢りました。

 

次の日、
マットは墓地を訪れて、
管理人のジョナスに話を聞きます。

ジョナスが怪しいと考えたマットは、
彼を尾行する事にしました。

そんなマットをTJが追っています。
彼の仕事に興味を持ったようです。

マットはTJに尾行はやめるよう注意します。

 

ジョナスの自宅アパートの目の前に
レイラの元婚約者・ルーベンの家がありました。

マットは警察関係者のフリをして、
ルーベンから話を聞きました。

ルーベンも麻薬仲介人でした‥‥

ルーベンは青いバンに乗った3人組が、
レイラを誘拐した現場を目撃しています。

ジョナスが外出したので、
マットは彼のアパートを訪れます。

彼は屋上の小屋で生活しており、
ルーベンとレイラを盗撮していました。

どうやらレイラに惚れていたようです。

その場にジョナスが戻ってきます。

 

ジョナスは2人組の男に誘われて
レイラを誘拐した事を明かします。

ただしジョナスは、
麻薬仲介人のルーベンからレイラを
本気で引き離そうと考えていただけです。

2人組はレイラを犯して殺害し、
遺体をバラバラにしたのです。

2人組はジョナスに
麻薬取締局だと名乗ったようです。

ジョナスは、
犯人の1人の名前がレイと告げ、
屋上から飛び降りて自殺しました。

 

そのころ犯人のレイとアルバートは、
ルシアという少女に目を付けていました。

バンは青色から白色に塗り替えたようです。

ルシアの父のユーリも麻薬仲介人です。

 

調査を進めるマットは、
麻薬取締局の尾行に気付きます。

依頼人が大物仲介人のケニーなので、
疑われているようです。

捜査員と話したマットは、
ピーターが弟夫婦の情報を
麻薬取締局に売った事を知ります。

ピーターを取り調べた捜査官は、
何者かによって殺害されています。

犯人はその捜査官を殺害して、
ケニーとキャリーの情報を手に入れたのです。

 

そんな中、
TJが街のチンピラに襲撃され、
病院に搬送されました。

病院に駆け付けたマットは、
彼が血液系の病を患っている事を知りました。

病室にて、
TJは母親に捨てられた事、
マットは少女を射殺した事を明かします。

 

時を同じくして、
ルシアが犯人に誘拐されました。

ルシアの父のユーリは
ケニーの友人なので
マットにも連絡が入ります。

マットがユーリの家を訪ねると、
すぐに犯人から電話がかかり、
身代金を要求しました。

マットは電話を代わり
ルシアを殺させない為に
彼女の無傷が条件だと告げます。

マットは犯人と交渉を進めながら
退院したTJに自宅に行って、
箱を取って来て欲しいと頼みます。

 

マットは強気に交渉して、
ルシアと100万ドルを
直接交換する事になりました。

100万ドルは用意できないので、
半分は偽札を入れます。

さらにマットは、
レイという犯人の名前を口に出して、
もしもこの取引が無事に終われば
2人の事は見逃すと電話で告げました。

 

スポンサーリンク

結末

マットは取引場所に
レイラの遺体が見つかった墓地を指定します。

箱の中身は刑事時代に
使用していた拳銃とコートでした。

マットはそれらを装備して現場に向かいます。

マットとユーリは取引、
ケニーとピーターはライフルを使って、
2人を援護する事になりました。

TJは車の中で待機します。

 

マットはレイとアルバートと取引して、
お金とルシアを交換しました。

ルシアをユーリに預け、
マットは2人を先に逃がします。

ところが、
アルバートが偽札に気付き、
マットはレイに銃口を向けられます。

マットが逆に銃を撃って、
銃撃戦が始まりました。

ピーターは射殺され、
レイとアルバートには逃げられました。

妻と兄を殺されたケニーは、
レイとアルバートを深く恨みます。

マットはケニーと車に戻りますが、
同行していたTJの姿がありませんでした。

 

そのころTJは、
レイとアルバートのバンに乗り込んでいました。

TJはマットに電話をかけ、
2人のアジトの場所を伝えます。

マットに撃たれたレイは重傷を負っており、
アルバートはそんな相棒を見捨てて殺しました。

 

やがてマットとケニーが駆け付け、
アルバートを拘束しました。

マットはレイの遺体を見つけ
ケニーに2つの選択を与えます。

アルバートに復讐するか
彼を警察に突き出して終身刑にするか。

ケニーは復讐を選択し、
マットは彼とアルバートを残してアジトを出ます。

ケニーはアルバートを縛り上げ、
地下室を確認しました。

自分の妻をバラバラに
したであろう包丁などがありました。

 

アジトを出たマットは、
TJをタクシーに乗せて、
自分の家で待つよう指示します。

ケニーを心配したマットは、
アジトに戻って彼の遺体を発見します。

アルバートは自力で拘束を解いて、
逆にケニーを殺していたのです。

マットは背後から襲撃されますが、
誤って少女の命を奪った愛銃で、
連続殺人犯の頭を撃ち抜きました。

警察が駆け付けたので、
マットはその場を去ります。

マットが自宅に戻ると、
TJがソファで眠っていました。

その寝顔を見たマットは安心し、
自分も椅子に座って目を閉じました。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す