映画「クロニクル」のストーリーを結末までネタバレ

映画「クロニクル」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

高校生のアンドリューは、
ビデオカメラで日常生活を撮影し、
ネットに投稿する趣味を持っています。

大好きな母のカレンは
重病を患って自宅で寝たきり状態です。

元消防士の父・リチャードは、
仕事中の事故で負傷して
保険金で生活しています。

アンドリューは、
家庭では父から暴力を受け、
学校では同級生にイジメられ、
自分の殻に閉じこもっています。

そんなアンドリューに声をかけるのは、
ヤンチャな従兄のマットだけです。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ある日、
アンドリューはマットに誘われ、
学生たちのパーティーに行きます。

マットには反対されましたが、
アンドリューは会場でもカメラを回します。

マットはケーシーという友人に
片思いしているようです。

 

そんな中、
アンドリューはマットの同級生で、
アメフト部のエース選手の
スティーブに声をかけられます。

アンドリューは、
マットとスティーブに頼まれ、
カメラを持って森の中に入ります。

地面に大きな穴が空いていました。

アンドリューのカメラで中を照らし、
3人は穴の中に入りました。

穴の中を進んだ3人は、
不思議な青い結晶を発見しました。

結晶に近付いたスティーブは、
鼻血を流し始めました。

 

数日後の昼間、
3人は公園に集まってカメラを回します。

実はあの結晶に近付いた3人は、
超能力を手に入れたのです。
(物体を自由自在に操れる能力)

例えばボールを空中に浮かせたり、
手に使わずにレゴを組み立てたりできます。

 

それからも3人は、
自分達の力を試します。

意外にもアンドリューが、
1番力を使いこなしています。

手を使わずにお菓子を食べたり、
同級生のスカートをめくったりと
最初は可愛い実験でした。

 

その後も彼らは、
街中で能力を試して
人々にイタズラします。

徐々に自由自在に能力を
コントロールできるようになりました。

ただし、
能力を使いすぎると鼻血が出る様子。

 

そんなある日、
ドライブをしていた3人は
後続車に煽られます。

ムカついたアンドリューは、
車をスリップさせて池に沈めました。

正義感が強いスティーブは、
池に飛び込んで運転手を助けました。

運転手が入院した事によって、
マットは3つのルールを作りました。

・人には使わない
・怒っている時には使わない
・人前では使わない

 

練習を重ねた3人は、
空を飛べるようになりました。

空を飛んでいるときに
スティーブが飛行機と接触し、
地上に落下しそうになりました。

アンドリューに救われたスティーブは
彼に感謝しました。

空を飛べるようになった3人は、
いつかチベットに行こうと話します。

 

超能力は手に入れましたが、
相変わらずアンドリューは内向的で、
2人以外に友達はいません。

話を聞いたスティーブは、
学校で行われるタレント・ショー
一緒に出ようとアンドリューを誘いました。

こうしてアンドリューは、
スティーブと壇上に上がりました。

スティーブは
生徒会長に立候補するほどの人気者で、
登壇しただけでも拍手喝采です。

2人は超能力を使ってマジックを披露し
ショーを大成功させました。

アンドリューも一躍人気者になり、
同級生のモニカに誘われました。

この日の夜、
モニカとベッドインに成功します。

マットとスティーブは、
彼が男になったと喜びます。

ところが、
アンドリューにとっては初体験で、
大きな失敗をしてしまいました。

一方のマットは、
片思いしていたケーシーと仲良くなりました。

2人はそのまま恋人になりました。

 

モニカがアンドリューの失敗を
学校中に言いふらしました。

アンドリューは同級生にからかわれます。

 

そんなある日、
父親に怒られ、
言い返してしまいます。

父親はいつものように
アンドリューに暴力を振るいます。

我慢の限界を迎えたアンドリューは、
能力を使って父親を傷付けてしまいました。

 

思い悩んだアンドリューは、
嵐の空中に飛びました。

アンドリューを心配した
スティーブが駆け付けますが、
アンドリューは冷たく突き放します。

2人が言い争いをしている時、
運が悪く落雷がスティーブに当たり、
彼は命を落としてしまいました。

後日、
スティーブの葬儀が行われます。

 

人気者だったスティーブの葬儀には、
多くの者が参列しました。

マットは
スティーブが死んだ理由を聞きますが、
アンドリューは何も答えず、
2人はそのまま疎遠となります。

 

スポンサーリンク

結末

学校でイジメられたアンドリューは、
能力を使って相手の歯を抜きました。

マットが作ったルールを完全に無視し、
頂点捕食者である自分が周りに
気をつかう必要はないと考えます。

もちろんマットとも喧嘩になりますが、
能力者としてはアンドリューの方が上です。

 

ある日の夜、
アンドリューの母のカレンが
息もできなくなるほど苦しみ始めました。

アンドリューは薬を買うために
家の近くのチンピラを襲撃し、
金目の物を奪いました。

それでも金が足りないので、
ガソリンスタンドの売店に
マスクを被って押し入ります。

銃口を向けられたアンドリューは、
能力を使って銃を弾き飛ばしますが、
ガソリンに引火して爆発が起き、
彼は重傷を負ってしまいました。

アンドリューは病院に搬送され
父のリチャードが面会にきました。

リチャードが
アンドリューを探している間に
カレンが命を落としたようです。

リチャードはアンドリューを責めます。

怒ったアンドリューは、
病室を破壊した後に
リチャードを担いで上空に向かいます。

 

時を同じくして、
マットは大量の鼻血を出します。

ニュースを観たマットは
ケーシーを連れて現場に向かいました。

 

上空に向かったアンドリューは、
リチャードを地面に落としますが、
駆け付けたマットが彼を助けました。

ケーシーは唖然としています。

 

アンドリューは
怒りのままに能力を使って、
人や物を傷付け続けます。

マットは必死に説得しますが、
アンドリューは聞く耳を持ちません。

重傷を負ったアンドリューは
拳銃を構えた警官に囲まれます。
(爆発の影響で元々重傷。
物体を自由自在に操れるだけで
回復能力などは向上していない。)

警官に射殺許可が下りますが、
アンドリューは力を暴走させて、
周囲の人間を弾き飛ばしました。

その様子を見たマットは、
周囲の人間の命を救うために
銅像が持っていた槍を操って、
アンドリューを刺殺しました。

 

その後、
空に飛び立ったマットは、
3人で約束したチベット高原に行って、
ビデオカメラを回しました。

マット
「アンドリュー、
お前に言いたいことがある。
すまなかった。

仕方なかったって分かって欲しい。
お前は悪人ではない。

俺も生まれ変わって
人助けをするつもりだ。

お前とスティーブの為に‥

わかるか?
チベットに来たぞ。

美しいだろ?
じゃあな。」

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す