映画「SWAT 闇の標的」あらすじ、ネタバレ結末

映画「SWAT 闇の標的」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

元軍人のポールは、
ロサンゼルス市警のSWAT部隊を
指揮するエリート隊員です。

ある日も
ホームパーティーの会場で
人質立て籠もり事件が発生し、
ポールらに出動要請が入ります。

ポールの見事な指揮によって、
豪邸に突撃したSWAT隊は犯人を逮捕し、
無事に人質を救出しました。

人質たちはポールに感謝します。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ポールは
上司のサイモン警部に声をかけられ、
デトロイト市警が人質救出訓練の
第一人者を探している事を告げられます。

現地のSWATに最新の技術を
教える事が任務です。

最初は渋っていたポールですが、
昇進を条件に任務を引き受けました。

ポールはデトロイトに飛び、
現地警察SWAT隊の教官になりました。

特別訓練は2週間を予定しています。

まずは、
ウォルポート隊員と挨拶を交わし、
出動までの時間を尋ねます。

ポールは他の隊員に会わず、
「爆弾らしき物を持った不審者が
バスターミナルにいる」と通報します。

すぐにパトロール中の警官と
SWAT隊が駆け付けました。

15分以内に来たので、
ポールは隊員たちを褒めます。

SWAT隊を率いるホランダーは、
市長や署長も今回の事を許可していると
隊員たちに説明しました。

署に到着したポールは、
ホランダーから隊員たちの
資料を受け取りました。

さらにホランダーから一時的に
SWAT隊の指揮権を譲り受けます。

 

彼のオフィスを出た後、
ポールはキムという女性と出会います。

彼女は精神科医で、
警察に協力しているようです。

この日は隊員たちの資料を確認します。

 

翌朝から
ポールの訓練が始まります。

 

ランニング、筋トレ、射撃訓練、
いつもより厳しい訓練に
隊員たちは顔を歪めます。

ケロッグ、ウォルポート、ストックト、
ワターズ、マンディの5人が
メインメンバーのようです。

 

そんな中、
人質立てこもり事件が発生。

ポールを含める隊員達に
出動要請が入ります。

 

高層ビルのオフィスにて、
ウォルターという男性が、
ローズという女性を拘束しています。

ウォルターはローズのストーカーで、
接近禁止命令も出されていたようです。

ポールはオフィスに電話をかけ、
ローズを解放するよう説得しますが、
ウォルターは外にイスを投げました。

ポールは突撃の準備を始め、
ワターズを狙撃手に命じました。

狙撃に自信があるケロッグは
不満そうな表情を浮かべます。

 

ポールたちがオフィスに突撃すると
「ウォルターを射殺して欲しい」
とローズが頼みました。

ウォルターがローズを解放しないので、
ポールはワターズに狙撃の合図を送ります。

ワターズの狙撃は命中しませんでしたが、
ウォルターが驚いた隙にポールが確保しました。

ワターズが外したので、
ケロッグは不満を口にします。

そんな中、
ローズが隊員の1人の銃を奪って、
ウォルターに銃口を向けました。

ポールがウォルターを庇ったので、
ローズは彼らの目の前で自殺してしまいました。

ローズは、
ウォルターのストーカー行為に
かなり悩んでいたようです。

ポールのSWAT人生の中で、
人質が命を落としたのは初めてです。

ポールはショックを受けました。

この日の夜、
酒を飲み過ぎたケロッグは
ポールにケンカを売ります。

バーにあるパンチングマシンで
2人は勝負する事になりました。

ポールが負けたらロスに帰り、
ケロッグが負けたら隊を抜ける約束です。

ポールの勝利に終わり、
ケロッグは隊を抜ける事になりました。
(警察を辞める訳ではない)

 

ケロッグが隊を去ったので、
ポールは元同僚のロリという女性を呼びます。

彼女は狙撃の名人です。

ロリはかなり優秀ですが、
美人でスタイルがいいので、
他の隊員たちも喜びました。

ロリの言葉には忠実な隊員たち‥‥

中でもワターズは
彼女に惚れたようです。

ロリの指導もあって、
隊員たちの狙撃の腕はすぐに上昇します。

 

そんなある日の夜、
ポールにウォルターから電話が入り、
ローズが死んだ事の恨みを言われました。

翌日、
保釈金を払って解放されたウォルターは
SWAT隊員の情報が入ったファイルを盗みます。

 

一方でポールの元には、
精神科医のキムが訪ねてきました。

資料を見たキムは、
ウォルターは危険だと告げます。

仕事の話で2人は親密になり
一緒に食事をする事になりました。

お酒を飲んだ2人は、
そのまま男女の仲になりました。

そんな2人の様子を
ウォルターが見ています。

 

ポールがデトロイトに来て、
9日目の夜になりました。

ポールの家に脅迫状と、
バラの花束が届きました。

その直後、
ウォルターから連絡が入り、
ポールは自分の車に仕掛けられた
爆弾の存在に気付きました。

現場に駆け付けたホランダーは、
ロス行きの航空券をポールに渡し、
デトロイトを去るよう命じます。

ポールは提案を断って、
キムに相談しました。

キムは
ローズに向いていた執着心が、
あなたに向いていると忠告します。

 

その次の日、
隊員たちが訓練をしていると
スーパーに強盗が入って
立て籠もっているという通報が入り、
ポールたちは現場に急行しました。

隊を抜けたケロッグも
応援として駆け付けました。

ケロッグは
ポールの命令に従って、
裏方に徹しています。

SWAT隊は建物に突撃し、
犯人グループを射殺して
人質を全員救出しました。

ロリも主犯格の男を
一撃で仕留めました。

今回の任務は完璧でしたが、
任務中に何者かがSWATを
妨害していた事が判明します。

ウォルポートの調査によって、
ウォルターが犯人だと分かります。

 

スポンサーリンク

結末

国務省の人間が、
デトロイト市警に現れ、
ウォルターを探していると告げます。

そんな中、
ウォルターが警察署に現れ、
ポールを挑発しました。

ポールは国務省の人間や
市警のメンバーの前で
ウォルターを殴ってしまいます。

怒ったホランダーは、
デトロイトから出て行くよう指示します。

ウォルターは、
国務省の人間に連行されました。

 

この日の夜、
ウォルターは国務省の人間を殺し、
逃走してしまいました。

 

翌朝、
ポールはマンディにキムの護衛を任せ、
国務省の人間の射殺現場に向かいます。

これは完全に油断です。

マンディはウォルターに撃たれ、
キムも誘拐されてしまいました。

マンディは病院に搬送され、
緊急手術を受ける事になりました。

一命は取り留めそうですが、
SWAT隊員への復帰は難しそうです。

 

マンディが重傷を負い、
キムが誘拐された責任を
ホランダーはポールに押し付け、
早急に街を出るよう命じます。

意外にも隊員たちが、
直属の上司のホランダーに逆らい、
ポールを守りました。

そんな中、
自殺志願者発見の報せが入り、
SWATが出動する事になりました。

ポールはウォルターを追っているので、
ロリ、ウォルポート、ストックト、
ワターズの4人だけの任務です。

今回の通報はウォルターの罠で、
ワターズが重傷を負ってしまいます。

ワターズを助けようとしたロリと
ワターズが誘拐されてしまいました。

犯人を追いかけたストックトは、
爆破されてしまいました。

 

ポールはウォルターから連絡を受け、
自分達が訓練場にしている
廃ビルに行く事になりました。

署に寄ったポールは、
武器を盗もうとしますが、
ケロッグが用意してくれていました。

ポールはケロッグに感謝して
1人で廃ビルに向かいます。

 

まずは玄関でワターズを解放し、
彼に銃を渡しました。

ところが、
ワターズは射殺されてしまいました。

 

廃ビルに入ったポールは、
ロリを発見して解放しますが、
彼女の体には爆弾が巻かれていました。

消火器で凍らせて時間を稼ぎ、
ポールは怯えるロリを励まして
爆弾を処理しました。

ポールはキムを探し、
ロリは狙撃ポイントに移動します。

 

ポールはキムを発見しますが、
彼女にも爆弾が巻かれていました。

しかもウォルターが死ぬと爆発します。

ウォルターは、
自分の頭に銃口を向けて
ポールを挑発しました。

その後、
2人は格闘となりますが
その隙にロリがキムの拘束具を撃ち、
彼女を解放しました。

キムが爆弾をウォルターに投げつけ、
ポールが撃ち抜きました。

ウォルターは爆死し、
事件は解決となりました。

 

ポールは
駆け付けたホランダーに
ケロッグを復帰させて欲しいと頼み、
ロサンゼルスに帰ると伝えました。

ポールの腕を認めたホランダーは、
このまま移籍してもいいと主張しますが、
ポールは丁重に断りました。

ポールはキムに
ロスに付いて来て欲しいと頼みます。

キムが頷いたので、
ポールは彼女にキスしました。

 

映画を観るならU-NEXTがオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す