映画「ダイハード5 ラストデイ」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ダイ・ハード5 ラスト・デイ」の
ネタバレを結末まで公開します。

前作のネタバレはこちら

あらすじ

主人公のジョンはNY市警の刑事です。

離婚した妻のホリーとの間には、
ルーシーという娘と、
ジャックという息子がいます。

 

ロシアでは、
元大物政治家のコマロフが、
刑務所に収監されています。

コマロフが収監されたのは、
国防省候補のチャガーリンの
陰謀だとも噂されています。

チャガーリンは、
収監中のコマロフに会いに行き、
ファイルを渡せと要求しますが、
コマロフは無視しました。

 

CIAの工作員のジャックは、
ロシアのモスクワで作戦の為に
バーで男を射殺して収監されました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ジョンは、
疎遠だった息子のジャックが、
ロシアで逮捕されたと同僚から聞きます。

息子を見捨てる事ができないジョンは、
娘のルーシーの運転で空港に向かい、
モスクワに旅立ちました。

前作の事件のおかげなのか
ルーシーとは和解したようです。

 

モスクワに着いたジョンは
ジャックが出廷する予定の
裁判所に向かいます。

ジョンが裁判所に到着したその時、
突然裁判所が爆破されました。

ジョンが混乱する中、
ジャックは同じく出廷していた
コマロフを連れて出てきました。

ジョンと再会したジャックは、
驚きつつもジョンを放置して、
コマロフと逃走しました。

ジョンは急いで追いかけます。

 

ジャックはCIAの工作員で、
コマロフの脱獄の加担と
保護が命じられています。

コマロフはチャガーリンと組んで、
チェルノブイリで濃縮ウラン
横流しをしていました。

ところが、
チャガーリンがコマロフを裏切り、
コマロフだけが逮捕されたのです。

ただしコマロフは、
チャガーリンの犯罪の証拠となる
ファイルを隠しています。

それを理由にコマロフは
チャガーリンの部下に
命を狙われているのです。

 

ジョンとの再会で時間を作ったジャックは、
チャガーリンの部下に襲撃されますが、
ジョンと協力して逃走に成功します。

 

ジョンとジャックの親子は、
行動を共にする事になり、
CIAのアジトに向かいます。

ジャックは父の事を
「ジョン」と呼びます。

 

ジョンは自分の息子が
CIAの工作員だと知りました。

CIAはコマロフに
チャガーリンの犯罪の証拠と引き換えに
国外への逃亡を持ちかけます。

コマロフは取引に応じると答え、
娘のイリーナも連れて行きたいと要求しました。

ファイルは金庫の中で、
その鍵はホテルにあるようです。

コマロフがイリーナに電話をかけ、
鍵があるホテルで合流する事になりました。

ところが、
CIAのアジトが襲撃されて、
ジャックの仲間は全滅しました。

ジョンとジャックは、
コマロフを連れて逃走しました。

 

ジャックは1人で任務を続け、
息子を見捨てる事ができないジョンも
彼を手伝うことにしました。

3人はイリーナとの合流場所の
ホテルに向かいました。

ジャックが席を外した時、
ジョンとコマロフは世間話をします。

2人とも仕事人間で、
ほとんど育児はしていません。

ジョンはコマロフに
自分は父親失格だとこぼします。

コマロフは
「まだ決めるのは早いよ」
とジョンを励まします。

2人の会話をジャックが聞いていました。

 

ジャックはこっそり入ろうとしますが、
ジョンは従業員を買収してIDを借り、
裏口から堂々と入りました。

3人はイリーナと合流しますが、
ジョンは異変を察知します。

ジョンの悪い予感は当たって、
イリーナが父を裏切りました。

イリーナは、
チャガーリンの部下のアリクと共に
コマロフを誘拐してヘリで逃げました。

アリクはチャガーリンに連絡し、
ファイルの保管場所に向かうと報告します。

 

ジョンとジャックは、
アリクの部下に殺されかけますが、
絶妙なコンビネーションで切り抜けます。

ここでジャックはジョンに
チャガーリンの犯罪を証明する
ファイルの存在を教えます。

2人の濃縮ウランの横流しが原因で、
原発事故が起きたようです。

逮捕されたコマロフが改心し、
チャガーリンが力を持った事から
CIAは今回の作戦を決行したのです。

 

ジョンは、
任務に失敗したと嘆くジャックに、
チェルノブイリに行こうと提案します。

2人は武器と高級車を盗んで
チェルノブイリへと向かいます。

車の中で2人は冗談を言い合います。

ジョンは自分のせいで、
CIAの仲間が命を落とした事を謝罪し、
久しぶりに楽しかったと伝えます。

 

時を同じくして、
イリーナたちはチェルノブイリに
到着していました。

アリクとイリーナは、
金庫を開けるよう要求します。

コマロフは金庫を開けますが、
中にはファイルではなく、
濃縮ウランが入っていました。

混乱するアリクをコマロフが射殺します。

イリーナは父を裏切ってなどいません。

全ての黒幕はコマロフで、
イリーナは忠実に父に従っていただけです。

ファイルの存在はCIAに
脱獄を手伝わせる為に付いた嘘です。

CIAとチャガーリンは、
コマロフの手のひらの上で
転がされていたのです。

 

スポンサーリンク

結末

コマロフとイリーナの目的は、
金庫から回収した濃縮ウランを
大金で売りさばく事です。

金額にすると10億ユーロは確実です。

コマロフとイリーナは、
部下に命じてウランを運び出し、
逃走の準備を始めます。

 

コマロフはアリクの携帯を使って、
チャガーリンに電話をかけ、
「今度は私が奪う番だ」と告げます。

マッサージを受けていたチャガーリンは、
マッサージ師に首の骨を折られて絶命します。

 

ジョンとジャックが
チェルノブイリに駆け付けます。

何も知らない2人は、
コマロフを助けようとしますが、
アリクの遺体と濃縮ウランを見て
真相に気付きます。

コマロフとイリーナは部下が
ジョンとジャックと戦っている隙に
ヘリで逃走しようとします。

イリーナがヘリを操縦し、
コマロフを屋上で拾うつもりです。

ジャックはコマロフを追い、
屋上で彼を追い詰めます。

ところが、
イリーナが操縦するヘリが現れ、
逆にジャックが追い込まれます。

 

ヘリに飛び乗っていたジョンは、
中にあった車を運転して重心を崩し、
ヘリを操縦不能にしました。

コマロフは
ヘリのローターに巻き込まれて死亡します。

ヘリはそのまま墜落して
イリーナと部下も命を落とします。

ジョンは墜落する前に
建物に飛び移っており、
2人は重傷を負いながらも
一命を取り留めました。

ジョンを心配したジャックが
初めて「父さん」と呼んだので
ジョンは喜びます。

ジョンが無事だと知ったジャックは、
「ジョン」と呼んだ事を認めません。

強情なところがソックリです。

 

2人はボロボロの体で帰国し、
空港でルーシーと再会しました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す