映画「ダイハード3」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ダイ・ハード3」の
ネタバレを結末まで公開します。

前作のネタバレはこちら

あらすじ

主人公のジョンはNY市警の刑事です。

ある日、
NY市内で爆破テロが発生し、
サイモンと名乗る犯人から
警察に電話が入りました。

サイモンがジョンを指名したので、
停職中で二日酔いのジョンが
無理やり呼び出されました。

サイモンは自分が出す命令に
ジョンが従うゲームをしたいと要求します。

従わない場合は
別の場所を爆破すると言うので、
ジョンは命令に従う事にしました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

最初の命令は、
黒人が多く住むハーレムに移動する事。

ハーレムに移動したジョンは、
サイモンの命令に従って、
黒人をバカにする看板を持って
半裸で街を歩き始めました。

すぐに黒人ギャングに絡まれ、
ジョンはボコボコにされますが、
家電修理店のゼウスに救われ
署に戻ることができました。

その事を知ったサイモンは、
警察に電話をかけてゼウスを
ジョンの相棒にするよう指示します。

ゼウスは嫌がりますが、
大勢の命がかかっているので、
拒否する事はできませんでした。

 

ジョンとゼウスはサイモンの命令で、
駅近くの公衆電話に向かいます。

2人が現地に到着すると
公衆電話が鳴り響き、
ジョンが電話に出ます。

サイモンは
公衆電話の足元のゴミ箱に
爆弾を仕掛けてあると告げて、
クイズを出しました。

冷静なゼウスが問題を解いて
ジョンが答えます。

ゴミ箱に爆弾は仕掛けられていませんでした。

 

2人を馬鹿にするサイモンは、
地下鉄に本物の爆弾を仕掛けたと告げ、
ウォールストリート駅の公衆電話に
移動しろと命令しました。

ジョンとゼウスは、
タクシーを奪って移動を開始します。

乱暴なジョンは、
公園の敷地内を爆走しています‥‥

間に合わないと悟ったジョンは、
ゼウスを公衆電話に向かわせて、
電車に飛び乗りました。

ジョンは爆弾を探し始めます。

 

ゼウスは公衆電話に到着しますが、
別の男性が電話を使用していました。

無理やり電話を奪おうとして、
警備員に銃口を突きつけられました。

すると電話がかかってきます。

ゼウスは電話に出ますが、
ジョンがその場にいないので、
サイモンは電話を切りました。

ゼウスは爆発を覚悟して
その場に伏せました。

 

そのころジョンは、
電車内で爆弾を発見して、
窓から捨てていました。

その直後、
爆弾が爆発します。

ウォール街の駅近く
大爆発が起きますが、
幸いにも死者は出ませんでした。

 

FBIの刑事がやって来て、
サイモンの正体がハンスの兄だと教えました。

ハンスはかつてジョンが、
ロスで殺したテロ犯です。
(第1作「ダイハード1」の犯人)

再びサイモンから連絡が入ります。

今度はNYの小学校の1つに
1トンの爆弾を仕掛けたようです。

ジョンとゼウスの2人は、
トンプキンス公園の噴水近くの
公衆電話に向かう事になりました。

市警とFBIの刑事たちは、
小学校を手あたり次第調べて
爆弾を探す事になりました。

対象となる学校は1400以上です。

ただし、
ウォール街に学校はないので、
警官たちは各地に散らばります。

 

時を同じくして、
サイモンの仲間達はウォール街に集まります。

彼らはトラックまで用意しています。

彼らの真の狙いは、
連邦準備銀行に眠る金塊です。

サイモンは仲間と共に銀行に押し入り、
銀行の地下に保管される金塊を発見します。

時を同じくして、
先ほどの爆破で開けた穴から
サイモンの仲間がトラックを入れます。

地下の壁を破壊して、
金塊をトラックに積み込んで
彼らは逃走を開始します。

金額にすると
1400億ドル以上の価値があります。

 

ジョンとゼウスは公衆電話に到着し、
アタッシュケースを発見します。

ケースを開けると
サイモンが電話をかけてきました。

再びなぞなぞを出され、
2人は協力して解きました。

21という数字が
爆弾を仕掛けた場所に関係あるようです。

 

そんな中、
ジョンはウォール街に
警官が1人もいない事に気付き、
ウォール街に戻る事にしました。

異変に気付いたジョンは、
連邦準備銀行を訪れます。

そこでジョンは、
サイモンの部下の警備員や
偽警官に襲撃されますが、
返り討ちにしました。

ジョンとゼウスは、
金塊が盗まれた事を知ります。

 

ジョンとゼウスは車を盗んで
サイモンたちを追いかけ始めます。

車での移動中に2人は、
第21第大統領がアーサーだと気付き、
上司のコップ警部に電話をかけ、
事件の真相とアーサーの名前を伝えます。

ジョンとゼウスは、
建設中の水路トンネルにサイモン達が
入って行った事に気付きます。

行き先はダムです。

ジョンは1人でトンネルに入り、
ゼウスにダムで合流しようと約束します。

 

一方のコップ警部は、
アーサーの名前が付く小学校に向かい、
爆弾を発見しました。

彼らは生徒を避難させて
爆弾を解除しようとしますが、
そもそもこの爆弾はダミーでした。

 

ダムに到着したサイモンは、
ジョンが自分を追っている事を知り、
ダムを爆破してトンネルに水を流します。

異変を察知したジョンはバックして、
トンネルの排水用出口から脱出し、
ゼウスと合流しました。

 

スポンサーリンク

結末

ジョンとゼウスの2人は、
サイモンが乗っていたトラックが
タンカーに乗っている事に気付きます。

ジョンとゼクスは、
橋の上からタンカーに飛び移り、
サイモンに銃口を突きつけますが、
逆に捕まってしまいました。

このタンカーには、
爆弾が仕掛けられていました。

ジョンとゼウスの2人は、
爆弾に巻きつけられます。

二日酔いで頭痛が酷いジョンは
サイモンにアスピリンを要求します。

サイモンは餞別だと言って
入れ物ごとジョンに渡しました。

サイモンは沿岸警備隊に連絡し、
タンカーを爆破して金塊を
海に沈めると宣言しました。

サイモンは仲間と共にボートで逃走します。

 

爆弾に縛りつけられたゼウスは
金塊と一緒に沈むと嘆きますが、
ジョンは金塊は乗っていないと答えます。

海に沈んだと思わせれば、
確実に彼らの物になるからです。

ジョンは飛び降りる時に使用した
ワイヤーをゼウスに渡して、
手錠を外させました。

自由になった2人は、
爆弾が爆発する前に海に飛び込み
一命を取り留めました。

タンカーは爆発して沈んだので、
サイモンはジョンの死を確信します。

 

ジョンはサイモンを追う前に
別居中の妻・ホリーに電話をかけます。

ところが、
アスピリンの入れ物に
サイモンのアジトの場所の
ヒントが記されていました。

ジョンは電話を放置して、
ヘリでサイモンのアジトを襲撃します。

警察とサイモン一味の
銃撃戦が始まります。

サイモンの部下は全員逮捕されますが、
サイモンは腹心のカティアと
ヘリで逃走しようとします。

ジャックは電線を絡ませて
サイモンのヘリを墜落させ
彼を始末しました。

ゼウスと事件解決を喜び合いますが、
ホリーを放置している事を思い出し、
電話をかけ直しました。

次作「ダイハード4」のネタバレへ

 

スポンサーリンク



コメントを残す