「相棒18」1話あらすじ、ネタバレ結末 花の里はなしか

10月9日に放送された
「相棒18」1話のネタバレを公開します。

あらすじ、ネタバレ

杉下右京が行方不明になりました。

捜査一課の伊丹や広報課の美彌子、
長官官房付の峯秋も心配そうです。

一方で刑事部長の内村や副総監の衣笠は、
右京を解雇する名目ができたと話しています。

 

行方不明から1週間が経った日、
秋田の海岸に右京のスマホが流れつき
秋田県警から警視庁に連絡が入ります。

右京の相棒の冠城亘は、
急いで秋田に飛びます。

そこで週刊フォトスの記者の
風間楓子と再会しました。

スマホは丁寧にも
発泡スチロールに入っていました。

亘と楓子は、
潮の流れを計算して北海道付近の
離島・天礼島に目を付けました。

 

スポンサーリンク

 

天礼島に渡った亘は、
中年男性がミナという女性を
連れ去ろうとする現場に遭遇します。

駐在と亘が近付くと男は姿を消しました。

ミナは日本とロシアの交流を目的とする
信頼と友好の館」という財団のメンバーです。

先ほどの男性はミナの父・岩田で、
自衛隊の元レンジャーです。

岩田は財団のトップの
甘村井という男を怪しんでおり、
ミナを連れ帰ろうとしています。

岩田は財団を宗教団体か
何かと疑っているようです。

甘村井と会った亘は
メンバーに右京の写真を見せますが
誰も心当たりはないようです。

ただし、
彼らは明らかに何かを隠しています。

 

館を出た亘は
右京を捜索しつつも
財団について調べます。

館がある土地は
甘村井の一族が経営していた
リゾートホテルがった場所です。

ミナは学生時代にギリシャで
ボランティア活動していたようです。

 

時を同じくして、
右京が館の一室で目覚めます。

意識が混濁しているようです。

財団のメンバーは、
そんな右京を食事に誘い、
怪しげなお酒を飲ませています。

財団のメンバーたちは、
右京を始末する予定ですが、
足踏みしているようです。

 

カフェに立ち寄った亘は、
ロシアから渡ってきたと言われる
怪しげな粉の存在を知ります。

マスターの話では
飲めば幸せになれるようです。
(おそらく右京は、
この薬を飲まされている)

亘は岩田と民宿で再会し
身分を明かしました。

 

北海道の洞爺湖付近では、
元議員の片山雛子が議員への
返り咲きを目指して活動しています。

 

海岸を調べていた亘は、
北海道大学の教授と出会い、
ロシアのゴミなどが島に
流れつく事を知ります。

かつては放射能を帯びたゴミが
漂着すると恐れられていたようです。

教授の話によると、
アザラシの死骸が流れつく事件が
連続で発生しているようです。

亘が猟奇殺人に例えると、
教授は同じ事を言った人物が
もう1人だけいたと打ち明けます。

右京の事です。

普段は札幌にいる大学の教授は、
「信頼と友好の館」のメンバーに
海岸の監視を依頼しています。

 

夜になって、
亘が館を訪れると
外で岩田と遭遇しました。

岩田の話では、
メンバーは住み込みのはずですが、
館には誰もいないようです。

 

翌朝、
再び右京が館の一室で目覚めます。

今度は監視がおらず、
右京の意識もハッキリしています。

館の中を歩いた右京は
遺体を発見しました。

 

右京から110番通報が入り、
亘は駐在と共に館に向かい
右京と再会しました。

右京は薬を盛られて
1週間も意識が混濁していたのです。

殺害されたのは財団代表の甘村井。

犯人は首をひねって殺害しており、
ミナは自分の父の岩田を疑います。

亘も前日の夜に
岩田の姿を目撃しています。

 

ミナたちの話では、
甘村井に岩田を任せて、
メンバーたちは館の外に出たようです。

ミナたちは、
崖下の漁師が使う小屋で
一夜を明かしています。

話を聞いた右京は
小屋を見せて欲しいと頼みます。

 

右京が着替えている間に
亘は嘘を付いた理由をミナに尋ねます。

アザラシの遺体を調べていた右京は、
「信頼と友好の館」のメンバーと知り合い、
館に招待されました。

館で食事をしたとき、
冗談で右京に薬を盛りました。

右京が普通の状態ではないので、
亘に会わせなかったとミナは話します。

ここまでの話では、
携帯を海に流した人物は不明です。

 

スポンサーリンク

結末

右京と亘はミナを連れ
崖下にある小屋を訪れます。

右京はミナに
携帯を流した人物について尋ねます。

右京
「その人物は皆の意向に従えないが
同調はできなかった。

穏便な裏切りと言えるでしょう。

私の身を案じてくれたのは誰でしょう。」

ミナ
「私です。
イタズラにしてはやり過ぎだと
思っていました。

正直、気休めでした。
本当に捜索者が現れて驚きました。」

やがて北海道警察が現れ、
右京は館に戻ります。

亘はこっそり鑑識に頼んで
ミナの指紋を調べてもらいます。

 

そんな中、
館の中で次々とメンバーの遺体が発見され
犠牲者は合計で4人になりました。

生き残りのハナという女性の話では、
昨晩、岩田が殺戮を繰り広げたようですが‥‥

残り2人のメンバーは未だに行方不明です。

右京は亘に連れられ、
岩田が宿泊する民宿を訪れます。

岩田は連続殺人事件について認知しておらず、
「昨晩は建物にも入っていない」
と主張しました。

やがて北海道警察が
岩田を訪ねて民宿に来ます。

右京と亘は岩田を連れて
どこかに行ってしまったようです。

 

スポンサーリンク



コメントを残す