映画「ステイフレンズ」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ステイ・フレンズ」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

アートディレクターのディラン、
NYの人材派遣会社で働くジェイミーは、
同じタイミングで恋人と別れました。

ディランはジェイミーの紹介で
NYのGQ誌の面接を受ける事になりました。

ロサンゼルスに住むディランは、
NYに引っ越すつもりはありませんが、
ジェイミーが必死に頼むので
仕方なく受ける事にしたのです。

見事に面接に合格しますが、
ディランは転職(引っ越し)に難色を示します。

ジェイミーはNYの夜の街を案内し、
ディランにNYの魅力を伝えます。

ジェイミーはスノーボーダーの
ショーン・ホワイトと交友があるようです。

これにはディランも驚きます。

NYで楽しい時間を過ごしたディランは、
GQ誌への転職を決意しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ディランがGQで働き始めると
ジェイミーが契約書を持ってきました。

自分のボーナスに関わるので、
1年は辞めないでね
とジェイミーはディランに頼みます。

NYに引っ越したばかりのディランは、
オススメのランチを尋ねました。

誘われたと思ったジェイミーは
彼を昼食に連れて行きました。

ディランの父は
アルツハイマーを患っており、
ディランはロスを離れる事で
姉のアニーに怒られたようです。

ディランの携帯に元カノのケイラから
電話がかかってきました。

ディランは電話を切り、
ジェイミーと恋愛の話になりました。

仕事が好きなディランは
恋愛など面倒でしかないようです。

ジェイミーはディランを
自宅で行うパーティに誘いました。

 

次の日の夜、
ディランはジェイミーの自宅を訪れ、
彼女と彼女の友人と楽しい時を過ごします。

デイランとジェイミーの交友は続き、
2人で家で映画を観る関係になります。

恋愛映画を観た後、
2人はお互いに相手の体を求めました。

ここでディランは、
恋愛なしの体だけの関係を提案し、
ジェイミーもそれを受け入れました。

「この先もずっと友達」

2人はそう誓って
ベッドに入りました。

2人はお互いの体が気に入ったようです。

 

その後も2人は
会ってはベッドイン‥
会ってはベッドイン‥
会ってはベッドイン‥
会ってはベッドイン‥
会ってはベッドイン‥
野球を観た後にもベッドイン‥
スイカを食べた後にもベッドイン‥

お猿さんのようです。

 

そんなある日、
ディランはジェイミーの母の
ローナと出会います。

ローナは自由奔放なので
2人の関係も最高だと褒めました。

 

また別の日、
ディランは同僚のトミーに
ジェイミーとの関係を打ち明け、
「女はそんな関係を続ける事はできない」
と忠告されました。

 

それから数日後、
ジェイミーは彼氏が欲しくなったと
ディランに関係の解消を申し出ます。

ディランはジェイミーを応援し、
後腐れなく2人の関係は終了しました。

今後は普通の友達に戻る予定です。

 

2人は昼食を食べて公園に行き、
お互いの相手を探してみます。

するとディランは
さっそく金髪美女に声をかけました。

残念ながら女性には旦那がいました。

 

その様子を見ていたジェイミーも
イケメンの男性に声をかけました。

男性は医師のパーカー、
恋人も妻もいません。

ジェイミーはパーカーと
デートに行く事になりました。

 

そして週末、
ジェイミーはパーカーと食事し、
「5回目のデートまでは体の関係はなし」
と伝えました。

パーカーは約束を守って
ジェイミーに手を出しませんでした。

時を同じくして、
ディランはジェイミーが気になる様子。

トミーと合コンに行って、
女性をお持ち帰りしますが、
まったくその気になれません。

 

そして5回目のデートの時、
ジェイミーはパーカーと関係を持ちます。

ところが翌朝、
ジェイミーと関係を持ったパーカーは、
満足して彼女の前から姿を消しました。

ジェイミーは自信をなくしますが、
ディランが優しく慰めました。

 

独立記念日が迫り、
ディランが帰省する事になりました。

ジェイミーに予定がないと知り、
ディランは彼女を実家に招待しました。

ディランに押し切られる形で、
ジェイミーはロスに行く事に‥‥

 

ジェイミーはロスの街を気に入り、
誘ってくれた事に感謝します。

ジェイミーはディランの実家で、
彼の父、姉のアニーと
その息子のサミーと出会います。

女性が一緒なので、
父もアニーも喜んでいます。

ただし、
ディランは恋人を連れてこないので、
アニーは友達だと気付いています。

夜になって、
ジェイミーはアニーと話して、
ディランが子供の時に吃音で
苦労した事を知りました。

際限なく明るい今のディランからは
まったく想像ができません。

夜も遅くなって、
ディランはジェイミーの寝室を訪れます。

失恋したばかりの上に
関係をすでに解消しているので、
ジェイミーは拒否しました。

ジェイミーは友達として
寄り添って欲しいと頼みます。

ディランは話したり歌って、
ジェイミーを笑わせました。

楽しい時間を過ごした2人は、
やはり体の関係になりました。

今までとは少し違った夜になり、
ジェイミーは本気でディランを愛しました。

 

次の日、
ディランはサミーと海に行きます。

サミーは祖父がたまに自分を
「ディラン」と呼ぶんだと教えます。

レストランでの夕食の際、
ディランの父の症状が出て、
ディランは悲しい表情を浮かべました。

かつてディランは
誰よりも父を尊敬していました。

今ではそんな父を他人が
憐みの目で見るのです。

そう話すディランにジェイミーは
「周りの目は関係ない。
今も立派で尊敬できる父親よ。」
と言いました。

 

また次の日、
アニーがサミーの修学旅行の間は
父の面倒を見て欲しいとディランに頼みます。

ディランは了承して
NYに連れて行くと約束します。

さらにアニーは、
ジェイミーとの関係を尋ねます。

ディランは体だけの関係で
恋愛対象ではないとハッキリ答えました。

この2人の会話を偶然にも
ジェイミーが聞いていました。

ショックを受けたジェイミーは
仕事の呼び出しだと嘘を付いて
先にNYに帰ってしまいました。

 

スポンサーリンク

結末

会話を聞かれた事を知らないディランは、
今まで通りジェイミーに連絡しますが
無視され続けました。

 

一方でジェイミーは大手の会社から
ディランを紹介して欲しいと頼まれます。

まだ契約の期間が残っている上に
ディランとは連絡を取っていないので
無理だと答えます。

 

少し時が流れたある日、
ディランは始めてNYに来た時に
ジェイミーに案内された場所で
彼女を発見します。

そこでディランは、
会話を聞かれていた事を知ります。

ディランは謝ろうとしますが、
「もう友達でもない」と言われました。

そんな中、
大手会社が直接ディランと
交渉を始めてしまいました。

ジェイミーはディランのオフィスを訪ね、
当てつけのつもりかと迫ります。

ディランはもしも転職したら
自分がボーナスを払ってやると
皮肉を言って彼女を追い返しました。

その後、
帰宅した2人はお互いに後悔しました。

ディランはアニーに電話をかけ、
ジェイミーとの関係が終わった事を告げます。

ジェイミーも母のローナに
ディランとの関係が終わった事を伝えます。

 

父がNYに来たので、
ディランは空港に迎えに行きます。

2人は空港のレストランに入りますが、
アルツハイマーの父は自宅と勘違いし、
ズボンを脱いでしまいました。

周囲は憐みの目で父を見ますが、
ディランは同じようにズボンを脱ぎました。

2人がステーキを食べていると
ある女性を見て父が「リリー」と叫びました。

その女性はリリーではありませんが、
ディランはリリーについて尋ねます。

リリーは海軍時代に出会った最愛の女性です。

アニーとディランが産まれたので、
結婚について後悔はしていませんが、
今でも忘れる事ができないのです。

ディランの母は家族を捨てて
10年以上も前に家を出ています。

ディランの父は、
自分がリリーを忘れられないから
妻が出て行ったと思っています。


「人生は短い、
無駄な事をしている時間はない。
病気になってやっとわかった。」

ディラン
「この前の子を覚えてる?
僕がぶち壊した。」


「やり直せ。」

ディラン
「喋ってもくれない。」


「方法はいくらでもある。
彼女を最愛の人と思うならやり直せ。」

ディランは父とタクシーに乗って、
ジェイミーに会いに行きました。

彼女が大好きな映画のラストシーンにように
ディランはジェイミーに告白しました。

ジェイミーはディランを受け入れ、
2人は熱い口づけを交わしました。

その後、
2人は初デートに行きますが、
途中で我慢できなくなりました。

やはり相性が抜群のようです‥

 

スポンサーリンク



コメントを残す