「男と女(韓国映画)」あらすじ、ネタバレ結末

映画「男と女」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

自閉症の息子を持つサンミン、
鬱病の娘を持つギホン、
2人は子供達の国際学校がある
フィンランド・ヘルシンキで出会います。
(心の病を緩和する事を目的とした学校)

ある日、
学校主催のキャンプが行われ、
サンミンは息子・ジョンハを送り届けました。

ジョンハが心配なサンミンは、
キャンプに同行したいと申し出ますが、
先生に断られてしまいました。

 

スクールバスが出た後、
サンミンはギホンに話しかけ、
タバコの火を借りました。

彼も娘・ユリムを送りにきたのです。

 

サンミンの様子を見ていたギホンは、
自分の車に彼女を乗せて
キャンプ場に向かいました。

キャンプ場の様子を見たサンミンは、
お礼としてレストランで食事を奢ります。

その後、
2人はヘルシンキに帰ろうとしますが、
大雪で足止めされました。

2人はキャンプ場近くの
コテージに泊まる事になりました。

もちろん部屋は別々です。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

翌朝、
まだ帰れそうではないので、
2人は近くを散歩する事にしました。

雪が降る山道を歩いた2人は
サウナがある小屋を発見します。

勝手に小屋に入った2人は
サウナで体を暖めます。

惹かれ合った2人は
小屋の中で結ばれました。

 

夜になって、
ギホンはサンミンを自宅に送り届けました。

ギホンは別れを惜しみますが、
サンミンは何事もなかったかのように
彼の車を降りました。

自宅に戻ったサンミンは、
韓国で暮らす夫・ジェソクに電話をかけます。

 

数日後、
サンミンはキャンプを終えた
息子のジョンハを迎えに行きます。

 

それから少し時が流れて、
サンミンは息子のジョンハを連れて
韓国・ソウルに戻りました。

ギホンの事は忘れてないようです。

 

さらに8か月の時が流れます。

サンミンはジョンハとジェソクの
3人での穏やかな日々に戻りましたが、
普通の学校に転校させたジョンハは、
学校で友達の教科書を破ったりと
問題行動を起こしてしまいます。

他の保護者が迷惑がっているので、
サンミンは転校させたいと
ジェソクに相談します。

ジェソクは転校しても
同じ事の繰り返しだと答えます。

さらにジェソクは、
もしも次に転校させるなら
特別支援学校だと考えているようです。

 

サンミンはアパレルメーカーの社長です。

本人曰く、
名ばかりの社長です。

ある日、
サンミンの店の前を
ギホンが通りがかりました。

目が合ったサンミンは
ギホンを引き留めて
店の中に招き入れました。

2人は何気ない会話をして
連絡先を交換します。

 

ギホンもソウルに戻り、
妻と娘の3人で暮らしています。

妻のムンジュは感情の起伏が激しく、
気に入らない事があると
グラスを割ったりします。

何回か自殺も試みた過去があるようです。

ちなみにギホンは
建築関係の仕事をしています。

 

また別の日、
ギホンとサンミンの2人は
一緒にランチを食べます。

お互いに相手が好きで
手を握ってみたりしますが、
想いを伝える事はありません。

 

サンミンの店の閉店後、
服を見たいとギホンが訪ねて来ました。

服を見たいと言うのは口実で、
サンミンに会いに来ただけです。

サンミンはギホンを中に入れ、
2人は熱い口づけを交わします。

ただし、
ジョンハの事を思い出したサンミンは
彼に抱かれる事を拒みました。

 

また別の日、
ギホンの家でパーティが行われます。

ギホンはセナという昔馴染みの女性の
ギャラリーを作るために帰国しました。

ギホンの妻・ムンジュは、
2人の関係を疑っており、
少し険悪な雰囲気になりました。
(セナには彼氏がいる)

しかも娘のユリムが
お漏らしをしてしまいます。

ギホンの苦労は絶えません。

 

翌朝、
ムンジュが薬を飲んで
自殺を図りました。

ムンジュは一命を取り留めますが
娘と共に実家で過ごす事になりました。

 

 

出張でプサンに行くサンミンを
ギホンは駅まで送りました。

2人とも疲れた顔をしています。

何故かギホンは
サンミンと一緒に
電車に乗りました。
(もうストーカーにしか見えない)

もうすぐギャラリーが完成するので、
ギホンはフィンランドに戻るかもしれません。

2人は電車の中で
大切な時間を過ごしました。

 

この日の夜、
酒を飲んだギホンは、
サンミンに電話をかけました。

ギホンの声には元気がなく、
サンミンは仕事を切り上げて
彼の元に向かいました。

こうして2人は遂に
本当に男女の(不倫)関係になりました。

 

また別の日、
サンミンはギホンに会うために
建設中のセナのギャラリーを訪ねます。

ギホンは留守で、
セナが出てきました。

サンミンはセナから
ギホンの家庭事情を聞き
罪悪感に苛まれます。

サンミンはギホンに
「もう終わりにしよう」
というメールを送りました。

 

次の日、
2人は会って話す事になりました。

サンミン
「辛くなる前に別れましょ。」

ギホン
「通じ合えたはずだ。」

サンミン
「先の見えない関係よ。
結局は別れるしかないの。」

そんな中、
ジョンハが行方不明という連絡が入ります。

ギホンは、
涙を流すサンミンを励まし、
ジョンハ探しを手伝いました。

ギホンの活躍もあってサンミンは、
川で佇むジョンハを発見しました。

ジョンハが何度も「海」と呟いたので、
ギホンは2人を海に連れて行きました。

楽しい時間を過ごしたサンミンは、
ギホンにお礼を言いました。

2人の携帯が鳴り響きますが、
2人とも電話に出ません。

 

スポンサーリンク

結末

ギホンが帰宅すると、
ムンジュとユリムが家にいました。

ユリムを抱きしめたギホンは、
自分の行いを少し後悔します。

 

サンミンの会社主催の
ファッションショーが行われます。

サンミンとギホンは
ショーの後に会う約束を交わします。

 

ところが‥‥

ショーの後、
ジェソクがジョンハと一緒に
サンミンを迎えに来ました。

サンミンは2人と帰宅します。

 

ギホンに会いたいサンミンは、
ジョンハが眠った後に出かけようとします。

ジェソクに問い詰められたサンミンは、
不倫相手がいる事を打ち明けました。

呆然とするジェソクに
「許さなくていい」と告げ、
サンミンは家を飛び出しました。

サンミンはホテルに部屋を取り、
ギホンが来るのを待ちます。

 

ギホンはサンミンが待つホテルに向かいます。

彼女の部屋の前まで行った時、
ギホンはユリムの事を思い出し、
扉を叩く事ができませんでした。

ギホンは涙を流してホテルを去りました。

 

1年の時が流れました。

サンミンはジェソクと離婚し、
ジョンハとも離れて暮らしています。

一方のギホンは、
家族と共にNYで暮らしています。

 

姉に誘われて両親が暮らす
NYを訪れたサンミンは、
家族と過ごすギホンを目撃しますが、
声をかける事はありません。

去りゆく彼女を見かけたギホンは、
慌てて追いかけようとしましたが、
目の前にユリムが居たので
思い留まりました。

 

タクシーに乗ったサンミンは、
久しぶりに電話でジョンハと話して
涙を流しました。

タクシーを降りたサンミンは、
女性運転手と一緒にタバコを吸い
物思いにふけました。

あの日みたいに雪がよく積もっています‥

 

スポンサーリンク



コメントを残す