映画「お買いもの中毒な私」のストーリーを結末までネタバレ

映画「お買いもの中毒な私」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のレベッカは、
NYの園芸雑誌の編集者です。

彼女の夢は、
ファッション雑誌・アレットの記者です。

子供の時は貧乏だったレベッカは、
高級ファッションに憧れ続けていました。

大人になって給料を貰い始めたレベッカは、
すぐに買い物依存症となりました。

クレジットカードの支払いも
ままならない状態です。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

レベッカはアレット編集部の
面接を受けれる事になりました。

気合を入れて面接の為に
緑色のスカーフも購入しました。

ところが出版社を訪れると
「そのポストはすでに埋まりました」
と受付で追い返されました。

落ち込むレベッカを見た受付は、
経済誌の採用面接を勧めました。

経済誌もファッション誌も
同じ出版社が発行しているので、
入社すれば可能性があると考え、
レベッカは経済誌編集部の面接を受けます。

そこで編集長のルークと出会います。

専門的な知識がゼロなので、
面接の途中で逃げるように立ち去りました。

 

翌朝、
出社したレベッカたちは、
廃刊と社員の解雇を告げられました。

お金がなければ買い物もできません。

親友のスーズと住む自宅には、
クレカの請求書が大量に届きます。

1万ドル以上の借金があるようです。

現実逃避の為に
レベッカはスーズと酒を飲みます。

そこでスーズはレベッカに
ファッションの記事を書いて
アレットに送ってみればいいと提案しました。

酔ったレベッカは、
すぐに手紙を書きあげますが、
経済誌のルークにも悪口の手紙も書きます。

この2つの手紙の送り先を間違えています‥‥

 

数日後、
ルークから電話がかかってきます。

レベッカの手紙を読んだルークは、
ファッションに例えた比喩だと勘違いし、
彼女を雇う事にしたのです。

当初の予定通りレベッカは
アレットへの足掛かりとして
経済誌編集部で働く事を決意します。

レベッカはルークに助けられながら
カード利息に関する記事を書きます。

ファッションに例えた
庶民でも読みやすい記事です。

ここで有名になりたくないレベッカは
ペンネーム「グリーンスカーフガール」として、
経済コラムニストデビューしました。

彼女の記事は馬鹿ウケして、
有名経済コラムニストになります。

早く借金がある事を
ルークに言った方がいいのですが‥‥

 

また別の日、
レベッカは両親に呼び出されます。

「結婚してから今まで貯金していた」
と父に言われたレベッカは、
お小遣いをくれると期待しますが、
その貯金を全て使用したという話でした。

しかも自分の記事に感化されて、
キャンピングカーを購入した様子‥‥

 

そんな中、
レベッカはルークと一緒に
マイアミ出張に行く事になりました。

一方で親友のスーズは、
結婚する事になりました。

結婚の準備を進めるスーズは、
レベッカがルークに恋したと気付きます。

 

マイアミのイベント会場にて、
レベッカは銀行の頭取に
「あなたの会社のディスプレイは退屈。
手数料無料のセールをしたら?」
と失礼な態度を取ります。

ルークの上司は怒りますが、
頭取はその意見に喜び、
会社には新しい仕事が舞い込みました。

 

このイベントでNYの印刷業界の
チャリティーパーティに
編集部を代表してルークと
レベッカが出席する事が決定しました。

これはとても名誉な事です。

ルークがとても喜んでいるので、
自分に多額の借金がある事を
レベッカは伝える事ができません。

レベッカはルークの母が
大金持ちだと知ります。

両親は離婚しており、
ルークは父親に育てられました。

大人になったルークは母親から
稼業を継ぐよう迫られていますが、
ルークにはそのつもりはないようです。

 

レベッカは、
ルークに本気になりますが、
彼女の前にライバルが現れます。

アレット編集部のアリシアという女性です。

アリシアが入社したので、
レベッカは面接を受ける事ができませんでした。

アリシアもルークに好意を寄せており、
美人でスタイルもいいので、
レベッカは敗北を悟ります。

 

スーズはマイアミから戻ったレベッカを
買い物依存症患者が集まる会に連れて行きます。

他の患者たちは
自分の今の努力を口にしますが、
レベッカは買い物の楽しさを口にしました。

 

チャリティーパーティーにて、
遂にアレットの編集長と対面しました。

レベッカは
自分を売り込もうとしますが、
あっさり失敗しました。

ついでにレベッカは、
パーティーで大失態を演じますが、
ルークが助けてくれました。

パーティーの後、
ルークに告白されたレベッカは、
彼にキスしました。

 

それから数日後、
レベッカがTVデビューする事になり、
アレットの編集長が彼女の衣装を
選ぶ事になりました。

レベッカは大喜びして、
編集長と買い物に行きます。

編集長はレベッカのセンスを認めます。

その様子を見ていたアリシアは、
レベッカを目の仇にします。

 

レベッカは
編集長と購入した衣装と、
スーズの結婚式用のドレスを買って、
買い物依存症患者の会に行きます。

衣装とドレスを没収されて、
売り飛ばされてしまいました。

 

会が終わった後に店に行き、
2つの衣装を買い戻そうとしますが、
お金がないので1つしか購入できません。

レベッカが選択したのは、
TV出演用の衣装でした。

 

それから数日後、
レベッカはルークと共に
TVに出演しました。

ところがTV番組の会場に
取り立て屋が現れ借金がある事を
カメラの前で公言しました。

しかも今まで重ねた嘘も
ルークにバレてしまい、
彼の信用を裏切ってしまいました。

本当の事を言えと言われたレベッカは、
入社したのはアレットへ行くための
ステップアップだったとルークに答え
別れを告げられました。

その後、
結婚式用の衣装を売った事がバレて、
親友のスーズにも見限られてしまいます。

 

スポンサーリンク

結末

ルークはレベッカの件で
会社の上司に怒られました。

ルークはレベッカは嘘を付いたが、
コラムは本物だったと庇いました。

ルークの話を聞いた社長は、
新しい雑誌を出すべきだと主張し、
別会社をルークに任すと宣言しました。

 

両親に慰められたレベッカは
今までの自分の行いを反省します。

そんなある日、
アレットの編集長が
レベッカに会いに来ました。

あのTVでの事件は
若い女性の間で反響が大きく、
「レベッカをアレットに引き抜きたい」
という話でした。

レベッカは大いに喜びますが、
ルークが会社を去る事を知り
ショックを受けて断りました。

 

レベッカは
買い物依存症の会に頼み込んで、
自分が所有するブランド品を
処分するセールを行いました。

お気に入りの緑色のスカーフは、
オークションにかけられました。

おそろしい事に300ドルで落札されました。

売り上げは1万ドルを超え、
無事に借金も完済となりました。

さらに例の衣装も買い戻し、
親友のスーズの結婚式に参列し、
彼女とも仲直りしました。

 

結婚式の後、
街を歩いていたレベッカは、
ルークに声をかけられました。

ルークはあの緑色のスカーフを
レベッカに手渡して彼女にキスしました。

落札したのは彼だったようです。

それから少し時は流れて、
レベッカはルークの新雑誌の
コラムニストになりました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す