映画「テルマエ・ロマエ2」のストーリーを結末までネタバレ

映画「テルマエロマエ2」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

ローマ帝国のハドリアヌス皇帝は、
侵略戦争による領土拡大をやめ、
近隣諸国との平和共存を目指す為に
領土の一部を他国に返還しました。

ところが、
世界征服を望む元老院は、
平和路線を覆そうと考えています。

そのころローマ帝国では、
コロッセオでの剣闘士の戦いが
重要な催し物でした。

アケボニウス(曙)という剣闘士が
とにかく強いようです。

 

そんなある日、
テルマエ技師のルシウスは、
元老院に呼び出されます。

過酷な戦いに挑む剣闘士の為に
コロッセオのテルマエを
改装して欲しいというのです。

ルシウスは皇帝の為と信じ、
依頼を引き受ける事にしました。

傷を癒す風呂を考えている時、
ルシウスは再び現代の日本に
タイムスリップしてしまいました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ルシウスが飛んだ先の銭湯では、
関取たちが疲れを癒していました。

関取たちに風呂から追い出されます。

 

そのころ真実は、
新作の漫画を描いていましたが、
「風呂の描写がダメ」と言われていました。

 

ルシウスは相撲巡業を見学します。

血を流さない戦いに
民衆が歓喜しています。

銭湯に戻ったルシウスは、
マッサージチェアと入浴剤に
興味を示しました。

日本語を喋れないルシウスは、
関取たちに馬鹿にされたと思って
涙を流して元の世界に戻ります。

 

ローマ帝国に戻ったルシウスは、
薬草風呂とマッサージチェアを作りました。

さらにコロッセオでの戦いは、
相撲に変更しました。

ハドリアヌスの側近の
アントニヌスも喜びます。

そんなアントニヌスから
新たな依頼が舞い込みます。

平和路線への変更に伴って、
子供人口が急激に増えました。

アントニヌスは子供の為の
テルマエを作ろうと考えたのです。

子供は宝だと言うアントニヌスの為に
ルシウスは依頼を引き受けました。

 

お湯に浸かっていたルシウスは、
子供に頭を踏まれて溺れ、
現代の日本に飛びました。

ルシウスが到着したのは、
屋内の温水プールでした。

ルシウスは多くの子供達が、
ウォータースライダーで
遊んでいる姿を目撃します。

 

一方で真実は、
お風呂の描写の練習の為に
風呂を扱う雑誌記者として働いていました。

偶然にもこのプールで、
真実とルシウスは再会します。

ルシウスは真実に
プールについて質問しました。

この施設の名前は
「湯~とぴあ」というようです。

2人は再会を喜んでいましたが、
涙を流したルシウスは元の世界に戻り
ウォータースライダーを作りました。

ウォータースライダーは
大好評となりました。

 

また別の日、
ルシウスはハドリアヌスに呼び出されます。

「いつかバイアエの地に
理想の温泉施設を作って欲しい」
と頼まれます。

「テルマエのユートピアを作る」
とルシウスは約束します。

ルシウスは理想郷建設を始めます。

平和を望まない元老院は、
ルシウスの抹殺を目論みます。

 

そんな中、
北方で国境警備中の
次期皇帝候補・ケイオニウスから
ルシウスに手紙が届きました。

北方の国境付近は極寒で、
兵士たちも疲労困憊なのです。

ケイオニウスを心配する
アントニヌスからも北方に
温泉を作って欲しいと頼まれます。

しかし、
バイアエの温泉施設建設もあるので、
ルシウスが北方に行く事はできません。

悩んでいたルシウスは、
井戸に落ちてタイムスリップして
山の中の樽風呂を目撃しました。

ルシウスは樽風呂を
北方の戦線に送りました。

しばらくして、
ケイオニウスから感謝の手紙が届きました。

手紙を読んでいたルシウスは、
元老院に雇われた山賊に襲われます。

偶然にも温泉を見つけたルシウスは、
ここに宝が眠っていると説得して、
山賊を働き手にしました。

見事に温泉が湧き、
温泉に入ったルシウスは
現代に飛びました。

飛んだ先は草津温泉でした。

真実と再会したルシウスは、
温泉街を案内してもらいます。

真実は記者をやめて、
仲居をしているようです。

ゲームセンター、手品、ビール、
ラーメン、餃子、混浴に感動しました。

古代ローマに戻ったルシウスは、
山賊たちを雇って建設中の温泉街に
ラーメン屋、ゲームセンター、
射的などの娯楽施設を作ります。

そんな中、
北方の国境で疫病が流行り
ケイオニウスが病に倒れます。

ケイオニウスは療養のために
ローマに戻ってきました。

前作での真実の予言が的中しました。
このままではケイオニウスは命を落とします。

 

日本に飛んだルシウスは、
真実に疫病の事を相談します。

疫病とは結核だと判明しました。

その後、
ルシウスは寿司を食べますが、
ワサビのせいで涙を流して
古代ローマに戻りました。

この際、
真実を連れ帰ってしまいます。

バイアエの温泉街も
かなり完成に近づいていますが、
思うように温泉が湧きません。

働き手や職人から不満が出ますが、
ルシウスは掘り進めます。

 

真実とルシウスは、
病に苦しむケイオニウスを目撃します。

結核患者なので、
入浴はよくありません。

真実はケイオニウスを
隔離した方がいいと進言しますが、
彼は次期皇帝候補なので、
アントニヌスに却下されました。

その結果、
職人たちの間でも結核が流行し、
温泉街の建設にも影響が出ます。

アントニヌスは真実に謝罪し、
ケイオニウスは女グセは悪いものの、
とても優れた人物だと教えました。

そんな中、
ケイオニウスはルシウスに
死ぬ前に兄に会いたいと言います。

兄のジェイオニオスは男が好きで、
子孫を残せない事を理由に家を出て、
行方不明になっていました。

ところが最近になって、
目撃証言が出てきたのです。

 

ケイオニウスが意識を失うと、
ハドリアヌス皇帝も倒れてしまいます。

一方で元老院は、
ケイオニウスの兄・ジェイオニオスを
ケイオニウス本人として担ぎ上げ、
殺し合うコロッセオを復活させました。

彼らは武闘派路線を推し進め、
国民の戦闘意欲を掻き立てます。

ジェイオニオスは、
コロッセオで世界征服を宣言します。

ルシウスとアントニヌスは、
コロッセオでジェイオニオスを糾弾します。

ところが、
真実が持っていた歴史書を見られます。

ジェイオニオスは真実を
国を陥れる魔女として幽閉しました。

ハドリアヌスとケイオニウスが
病に苦しんでいるので、
真実を助ける事ができません。

そんな中、
現代の指圧師や関取たちが、
古代ローマにタイムスリップしました。

ルシウスは指圧師に
ハドリアヌスの治療を任せました。

 

そのころ真実は、
牢屋の中で歴史書を読んで、
バイアエでの建設は成功するが、
次の建設現場でルシウスが死ぬ事を知ります。

真実の面会に向かったルシウスは、
泣いて現代に戻ればいいと伝えますが、
真実は「ユートピア」の完成を
見届けたいと答えました。

その場に戦いに疲れ果てた
剣闘士のアケボニウスが現れ、
真実を脱獄させてくれました。

ルシウスと真実はバイアエに逃走します。

ジェイオニオスは、
元老院派の兵士を率いて
ルシウスを追撃しました。

 

スポンサーリンク

結末

ジェイオニオスと元老院の軍勢が
バイアエの温泉施設に現れ、
ルシウスと真実を追い詰めます。

その場にケイオニウス本人が現れ、
ジェイオニオスと元老院の陰謀が暴かれます。

兵士はケイオニウスに従い、
民衆は元老院をボコボコにします。

ルシウスは必死に説得しますが、
民衆は止まりません。

そんな中、
ルシウス達が掘り進めていた場所から
大量の温泉が湧き始めました。

理想郷「ユートピア」が完成し、
民衆たちは歓喜します。

争いもこれにて終了です。

回復したハドリアヌス皇帝も駆け付け、
改めて平和路線を民衆の前で宣言し、
ルシウスの功績を称えました。

その後、
ルシウスは北方のパンノニアに
新しいテルマエの建造を依頼されます。

真実はパンノニアでの作業中に
事故に巻き込まれる事を教えます。

ルシウスは、
「テルマエ建造中に死ぬなら本望だ、
成すべきことに命を賭ける。」
と答えました。

真実はルシウスを止めず、
完成した漫画を見せると約束して、
現代に戻りました。

 

現代に戻った真実は、
漫画「テルマエ・ロマエ」を描きました。

漫画は空前のブームとなり、
映画化も決定しました。

真実は原作者として、
映画の撮影現場に向かいます。

そこでルシウス役を演じる
イタリア人と対面します。

ルシウスにまったく似ていません。

真実がガッカリしていると、
近くの井戸から本物が現れました‥‥

 

スポンサーリンク



コメントを残す