映画「ターミネーター1」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ターミネーター」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

未来(2029年)、
人工知能「スカイネット」が指揮する機械軍と
人類が戦争を行っています。

人類は窮地に陥りましたが、
リーダーのジョン・コナーの指揮で
反撃に転じました。

脅威を感じたスカイネットは、
リーダーのジョンを消す為に
彼女の母のサラ・コナーを殺そうと考えます。

そこで、
人型殺人機械・ターミネーター
1984年に送り込みました。

人類もサラを守る為に
カイル軍曹を1984年に送り込みます。

2人は2029年に戻る事はできません。

 

1984年のロサンゼルス、
ある建設現場に裸姿で筋骨隆々の
ターミネーター(シュワちゃん)が舞い降ります。

ターミネーターは、
その辺のチンピラから服を奪い、
武器屋で装備を整えます。

 

時を同じくして、
カイルも1984年に到着します。

裸だったので警察に追われますが、
逆に拳銃を奪って逃走しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ターミネーターは、
公衆電話の電話帳を使って
サラ・コナーを探します。

同姓同名の別人を何人も殺しています。

「サラ・コナー」連続殺人事件として
警察は捜査を開始しました。

 

やがてターミネーターは、
目当てのサラの家に押し入りますが、
彼女はクラブに出かけていました。

ターミネーターは、
サラの同居人のジンジャーと
彼女の恋人のマットを瞬殺します。

ターミネーターは、
留守電と部屋にあった写真から
サラの声と顔を知ります。

 

ターミネーターは、
クラブに向かってサラを襲撃しますが、
間一髪のところでカイルが現れ
サラの命を守りました。

カイルはサラを連れて逃走し、
事情を説明します。

襲撃者は人型機械・ターミネーターで
カイルはサラの息子のジョンの指示で、
サラを守る為に2029年から来たと‥‥

核戦争が勃発し、
人工知能が人類絶命を宣言、
人類と機械の戦争が始まりました。

人類を滅亡の危機から救ったのは、
まだ生まれていないサラの息子のジョン。

とても信じれる話ではありませんが、
目の前にいるターミネーターは
ショットガンを浴びても立ち上がります。

カイルとサラの2人は、
車を盗んで逃走しますが、
ターミネーターも
パトカーを奪って追いかけます。

 

そんな中、
カイルとサラは警察に捕まります。

事情聴取を受けたカイルは、
本当の事を話しますが、
誰も信じてくれません。

それでも大事な使命があるので
カイルの心が折れる事はありません。

 

サラは30人以上の警官が守る
警察署に泊まる事になりました。

深夜になると、
ターミネターが正面から襲撃してきます。

マシンガンとショットガンの二刀流です。

銃弾など効かないので、
警官が勝てるはずありません。

カイルは騒ぎに乗じて脱走し、
サラを連れて逃走しました。

サラは身を挺して
自分を守るカイルの言葉を信じます。

カイルはサラに頼まれて
未来のジョンの様子を教えます。

ジョンは素晴らしい人間ですが、
父親については不明のようです。

サラはジョンを育てた伝説の人で、
1984年に飛ぶ事はカイルが志願したようです。

カイルとサラは、
外で身を寄せ合って眠ります。

 

次の日、
カイルとサラはモーテルに泊まります。

カイルが買い出しに出かけている間に
サラは母親に電話をかけました。

ターミネーターはこの電話から
カイルとサラの居場所を特定します。

一方でカイルは、
お手製の手榴弾を作ります。

この日の夜、
カイルはジョンに写真を渡された時に
サラに一目惚れした事を明かします。

サラもカイルが好きになっていました。

2人は男女の仲になりました。

 

スポンサーリンク

結末

夜明けになるとモーテルに
ターミネーターが現れました。

カイルとサラは、
車を盗んで逃走しますが、
バイクで追いかけられます。

カイルはサラに運転を任せて
お手製の手榴弾で対抗します。

 

ターミネーターはバイクで転倒し、
大型のトラックに弾かれますが、
まったく死ぬ気配がありません。

逆にトラックを奪って
カイルとサラを追いかけました。

サラは被弾したカイルを連れて逃走します。

 

カイルはトラックを爆破して、
ターミネーターを燃やしました。

ところが、
表面の生体部分だけが溶けて、
完全にロボットになっただけでした。

カイルとサラは、
近くの金属加工工場に逃げ込みます。

追い詰められたカイルは
サラを守る為に必死に戦いますが
所詮は人間です。

肉弾戦では歯が経ちません。

 

カイルは最後の爆弾を使って、
ターミネーターの体を爆破しました。

爆発に巻き込まれたカイルは命を落とし、
サラは涙を流しました。

ターミネーターは、
上半身だけの姿になっても
サラを追いかけます。

サラはプレス機を使用して
完全にターミネーターを破壊します。

その後、
警察が駆け付けて、
サラは病院に搬送されました。

 

それから数ヶ月後、
サラはカイルの子供を
妊娠した事に気付きます。

息子・ジョンの為に
サラは音声データを残しています。

そんなある日、
ガソリンスタンドに寄ったサラは、
子供に写真を撮られました。

サラは子供に頼まれて
5ドルで写真を買い取ります。

その写真は、
カイルが持っていた物でした。

 

スポンサーリンク



コメントを残す