「ルパン三世 霧のエリューシヴ」あらすじ、ネタバレ結末

「ルパン三世 霧のエリューシヴ」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

2007年の夏、
ルパン一味は北海道の霧多布岬近くで
海底サルベージを行っていました。

白きたまゆら」と呼ばれる
伝説の秘宝を探しています。

「白きたまゆら」は、
タイムマシーンではないかと言われています。

ルパンは海の底で
巨大な女神の像を見かけます。

そんな中、
銭形警部が現れたので、
ルパンは次元と逃走しました。

ルパンはクルーザーで逃走しますが、
銭形率いる警官隊が追いかけてきます。

船で車道に乗り上げたルパンは、
周囲の建物を破壊しながら逃走して、
五ェ門が待つ愛車に乗り込みます。

車で逃走しますが、
今度は銭形がパトカーで
追いかけてきました。

カーチェイスを繰り広げる中、
不思議な現象が発生します。

周囲の車の運転手が、
次々と姿を消したのです。

霧に包まれたルパン達は、
岬の灯台に辿り着きます。

するとルパン達の前に
魔毛狂介と名乗る科学者が現れます。

ルパン、次元、五ェ門の3人と
彼らを追う銭形は魔毛が開発した機械で、
500年前の世界に飛ばされました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ルパン達は、
500年前の蝦夷に飛ばされます。

気付くと戦場の真っただ中でした。

ルパン、次元、五ェ門は
シャイン家の兵士に囲まれ
リーダーのハサマに拘束されます。

ハサマは次元のマグナムと
五ェ門の斬鉄剣を取り上げました。

彼らは2つの武器を使って、
敵対するノース家を潰す気です。

彼らは巨大な女神の像がある
シャインの城に連行されました。

女神の像が現代の海の底で
ルパンが見た物にそっくりです。

 

ルパン達が牢屋に入れられると
再び魔毛が姿を現しました。

彼は2854年生まれで
タイムマシーンを発明した科学者です。

運転手が姿を消した理由は、
魔毛が運転手の祖先を消したからです。

魔毛の目的は復讐です。

ルパン三十三世が、
魔毛の恋人で不二子の子孫を
寝取った事を恨んでいます。

恨みを晴らす為に
先祖のルパンを500年前に飛ばし、
苦しませながら殺すつもりです。

 

その後、
牢屋から抜け出したルパン達は
ノースの間者から女王のイセカを守ります。

ルパンはイセカの胸の首飾り
財宝に関係していると考えますが、
島外退去を命じられました。

「白きたまゆら」が本当に
タイムマシーンだとすれば、
現世に帰る事ができます。

そこでルパンたちは、
「白きたまゆら」を探す事にしました。

3人はシャイン家の城に忍び込みますが、
不二子の祖先のお不三が現れて
イセカの首飾りを盗みました。

ルパンはお不三を追って
首飾りを奪い返しました。

どうやら魔毛の本当の目的も
「白きたまゆら」のようです。

その為に怪盗ルパンを送ったのです。

ルパンはイセカに首飾りを返し、
「五ェ門を用心棒として雇って欲しい」
と頼みました。

イセカとハサマは、
五ェ門を雇いました。

 

シャイン家とノース家は
島の対岸で暮らしています。

シャイン家の島には、
神火という炎があり、
夜は明るく冬は暖かいのです。

一方でノース家が暮らす島は、
狩りに頼る不安定な生活をしています。

ノース家は神火を狙っています。

イセカは幼い時に
ノース家に捕まった過去があります。

その時に知り合った現国王のエシカは、
戦を望んではいません。

シャイン家を狙っているのは
ノース家の宰相のオビタキです。

 

神火の正体は天然ガスです。
イセカはパイプラインを作ってノース側に
ガスを送れないかと考えています。

 

そのころ銭形は
ノース家に拘束されて、
拳銃を奪われていました。

オビタキはその銃を使って、
シャインに攻め込もうとしています。

歴史上では、
イセカは戦争で命を落としており、
五ェ門は彼女を救おうと考えます。

五ェ門がそんな話をすると
船頭の少年・タカヤが、
祖父がオビタキに奪われた
白い弓を取って来て欲しいと頼みます。

お不三も手を組む事になり、
ルパン一味はタカヤの船で
ノース城へと向かいました。

五ェ門はエシカの部屋に入り、
戦争を望まないという
イセカの伝言を伝えました。

 

ルパン、次元、お不三は
ノース家の兵士に見つかって襲われます。

弓はありませんでした。

逃走したルパンは、
監禁されている銭形を発見して
こっそり牢屋の鍵を渡しました。

ルパン達が兵士に追われている隙に、
タカヤがオビタキを殺そうとしました。

タカヤの父はノースの元宰相で、
戦中にオビタキに殺されたのです。

タカヤは復讐の為に
ルパン達を利用したのです。

暗殺はお不三に阻まれました。

 

 

ルパンと次元は、
女神の像の地下の祠で
「白きたまゆら」を発見したフリをして、
魔毛のタイムマシーンを奪おうとします。

ところが、
脱獄した銭形に騙されて
作戦は失敗しました。

怒った魔毛は、
オビタキに現代の武器を渡し、
シャイン家を殲滅するよう仕向けます。

魔毛はシャイン家もろとも
「白きたまゆら」を葬ろうとしています。

ノースの城に潜入したお不三は
その事をルパンに伝えます。

次の日は、
1ヵ月に1度の島と島の間に
道が出来る日です。

 

スポンサーリンク

結末

ノースがシャインに攻め込みます。

ハサマはシャイン軍を率いて、
オビタキ率いるノース軍を迎え撃ちます。

五ェ門はイセカを守り、
ルパンと次元は宝を探し、
お不三はタカヤと避難します。

魔毛の介入によって、
ノース軍が戦いを有利に進めます。

イセカはオビタキの前に姿を現し、
和平を結ぼうと提案します。

オビタキはイセカを殺そうとしますが、
五ェ門が斬鉄剣で守りました。

エシカも戦場に現れて、
イセカと和平を結びました。

タカヤは復讐しようとしますが、
お不三が身を挺して止めました。

 

ルパンと次元は宝物庫で
「白きたまゆら」を発見します。

魔毛は横取りしようとしますが、
ルパンの罠に嵌って、
タイムマシーンを奪われました。

「白きたまゆら」は偽物で、
ルパンでも本物は発見できない様子。

そんな中、
戦争の影響で女神の像が崩れ始め、
オビタキは命を落としました。

イセカは女神の像と海に沈みますが、
タイムマシーンに乗ったルパンに救われます。

その様子を見た島の民は、
「白きたまゆらの奇跡だ」
と口にしました。

「白きたまゆら」とは魔毛の
タイムマシーンだったのです。

ルパン達が現世に帰る時、
イセカは五ェ門に胸飾りを贈りました。

ルパン達は現世に帰りますが、
胸飾りはお不三がスっていました。

 

胸飾りは峰家の家宝となり、
現世に戻ると不二子が所持していました。

タイムマシーンは壊れたので、
五ェ門が斬りました。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す