「ルパン三世 盗まれたルパン」あらすじ、ネタバレ結末

「ルパン三世 盗まれたルパン」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

フランスにて、
ブルボン朝の財宝が
トラックごと何者かに盗まれました。

駆け付けた銭形警部は、
ルパンの犯行を疑って
トラックを追いかけますが、
犯人は金髪の少女・ベッキーでした。

そんな中、
ルパンが次元と共に現れて、
トラックに侵入しました。

ルパンは
ベッキーからトラックを横取りし、
不二子に迎えを頼みます。

ところがルパンは、
次元とベッキーの目の前で
何者かに誘拐されてしまいました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

銭形はICPO特務局次長・マーフィーに
ルパンが誘拐された事を報告します。

ルパンを誘拐したのは、
かつてアルカトラズ刑務所から脱走した
世界的強盗団のボス・マルコヴィッチです。

マルコヴィッチは不二子も誘拐しており、
ルパンにグラン・バトー博物館にある
ダイヤより硬い宝石ブルズアイ
盗むようルパンに指示します。

ブルズアイを盗んだ泥棒は、
ことごとく謎の死を遂げており、
呪われた宝石とも言われています。

 

ルパンは次元と五ェ門を呼び出し、
変装して客として博物館に入って
下準備を施します。

夜になって、
博物館に侵入した3人は、
見事にブルズアイを盗みます。

ルパンは囮になるフリをして、
次元と五ェ門を置き去りにして
1人で逃げてしまいます。

ルパンはヘリに乗って脱出し、
マルコヴィッチの元に向かいますが、
途中でベッキーが現れて
ブルズアイを盗まれてしまいました。

次元と五ェ門にボコボコにされました‥‥

 

 

そのころ銭形はマーフィーから
ルパンがブルズアイを盗んだ事を
教えられていました。

その銭形は
ベッキーについて調べていました。

ベッキーは窃盗を繰り返していますが、
ルパンの過去の手口に類似しています。

 

 

1人になったルパンは、
馴染みの機械工・ランバージャックを頼ります。

偶然にもランバージャックは、
ベッキーの育ての親でした。

実はベッキーはルパンが十数年前に
コンビを組んでいたキャットという
美人女盗賊の娘です。

キャットもブルズアイに近付いて
謎の死を遂げた1人です。

 

ルパンは
銭形とベッキーを出し抜いて
ブルズアイを取り返しました。

次元と五ェ門も助けに来てくれました。

ルパンはブルズアイを持って、
マルコヴィッチとの待ち合わせ場所に行き、
ブルズアイと不二子を交換しようとします。

ところが、
不二子の誘拐は嘘でした。

不二子はマルコヴィッチと手を組んで、
ルパンを騙していたのです。

ルパンは次元と共に
不二子を追いかけようとしますが、
銭形が現れたので逃走しました。

ただし、
不二子に渡したブルズアイは偽物で、
本物はまだベッキーが隠し持っています。

ルパンは取り戻したブルズアイが
偽物だと気付いていたのです。

 

ベッキーのアジトに向かったルパンは、
彼女からキャットの娘だと言われます。

ベッキーは母を殺した犯人が
ブルズアイを狙っていると考え、
仇を討つために手元に置いています。

ルパンは危険すぎると言って
自分に渡せと説得しました。

ルパンはブルズアイを取り戻しました。

 

次元と五ェ門と合流したルパンは、
ブルズアイを五ェ門に斬らせます。

すると中からは、
超高性能の発信機が出てきました。

ブルズアイは泥棒をおびき寄せるエサです。

ブルズアイを盗んだ泥棒は、
本物の持ち主に居場所を特定されます。

本物の持ち主は泥棒を襲撃して、
コレクションを奪っているのです。

 

マルコヴィッチは、
ルパンが本物を渡さないと
見込んでいたようです。

そしてマルコヴィッチの狙いは、
ルパンが今まで集めて隠している
ルパンコレクション」です。

 

時を同じくして、
ランバージャックとベッキーが
マルコヴィッチの部下のサンタナに襲われます。

ルパン一味が駆け付け、
2人の命を守りました。

サンタナは逃げ出しますが、
マルコヴィッチが母の仇だと考え、
ベッキーがサンタナを尾行しました。

ベッキーは窮地に陥りますが、
ルパンがバイクで救出しました。

ベッキーはルパンに
相棒になりたいと申し出ますが、
まだ子供だと断られてしまいました。

 

そのころ銭形は
ブルズアイに関する事件を調べて
マルコヴィッチに辿り着きました。

銭形とマーフィー次長は、
マルコヴィッチの居場所を特定しました。

 

また別の日、
今度はマルコヴィッチの部下で
青龍刀使いの白竜がベッキーを襲います。

ルパンの依頼で監視していた五ェ門が
ベッキーを守り抜きました。

青龍刀は折れてしまいますが、
白竜は指弾を使う事もできます。

 

ベッキーは逃げた白竜を脅して、
マルコヴィッチのアジトに向かいます。

アジトに着いたベッキーは、
白竜に拘束されてしまいました。

 

そのころ不二子は、
ルパンに近付いていました。

不二子は色仕掛けで
「ルパンコレクション」の
在り処を尋ねます。

ルパンは小さな田舎の村に
不二子を案内しました。

 

スポンサーリンク

結末

小さな田舎の村には
ルパンが盗んだお宝が
あちらこちらに置かれています。

その事を知った不二子は、
再びルパンを裏切って、
マルコヴィッチを呼び出しました。

不二子はマルコヴィッチに捨てられます。

ルパンと不二子は、
マルコヴィッチ一味に囲まれますが、
次元と五ェ門が駆け付けます。

ルパン一味は村を利用して、
マルコヴィッチ一味と戦います。

次元はサンタナ、
五ェ門は白竜を倒します。

さらに不二子も
マルコヴィッチの秘書の
ドルクルスを倒しました。

ルパンはこの村に
ランバージャックを呼んでいました。

ルパンは彼にある事を頼みます。

 

マルコヴィッチは1人になりますが、
ベッキーを人質に取っています。

爆弾付きペンダントを
装着されたベッキーは
ルパンを射殺しました。

するとその場に
マーフィー次長が現れます。

マルコヴィッチとマーフィーは協力者で、
「ルパンコレクション」を狙っていたのです。

マーフィーはマルコヴィッチを射殺して、
コレクションを独り占めしようとします。

キャットを殺したのも
マーフィーだったようです。

そんな中、
ランバージャックによって、
村が破壊され始めます。

死んだフリをしていたルパンは、
動揺したマーフィーを拘束して
銭形に逮捕させました。

村は崩壊しましたが、
「ルパンコレクション」など存在しません。

盗む過程を重視するルパンは、
コレクションなどしていません。

この村はごく普通の田舎村で、
ルパンは住民を避難させていたのです。

ルパンは街を破壊したので、
住民たちに大金を支払いました。

ちなみに次元と五ェ門は、
最初から知っていたようです。

 

自分が子供だと自覚したベッキーは、
ルパン一味への仲間入りを断念しました。

 

ルパン一味はヘリで逃げ出し、
次元はベッキーの父親について尋ねます。

ルパンは父親説を否定しました。

 

グラン・バトーの所有者はマーフィーです。

博物館にはマーフィーが
今まで泥棒達から奪い取った
お宝が集められています。

ルパン達の次の獲物になりそうです。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す