映画「マスク」のストーリーを結末までネタバレ

映画「マスク」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のスタンリーは、
ドジで気弱な銀行員です。

ある日、
スタンリーは窓口業務で
絶世の美女・ティナと出会います。

彼女に一目惚れしますが、
冴えないスタンリーは彼女に
アプローチする余裕もありません。

一方でティナは、
カバンにカメラを隠して
銀行内を撮影しています。

この映像を確認したのは、
ティナの恋人でマフィアのドリアンです。

ドリアンは部下と共に
銀行強盗を計画しているようです。

ただし彼は警察に睨まれており、
ボスのニコに目を付けられています。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

スタンリーは同僚のチャーリーと
高級ナイトクラブ「ココボンゴ」を訪れます。

そこでスタンリーは、
ティナに再会しました。

彼女はここの歌姫で、
ドリアンは店を取り仕切っています。

スタンリーが
ボロボロの代車に乗っていたので、
彼は店から追い出されました。

帰り道で代車は壊れてしまい、
スタンリーは橋の上で佇みます。

川を見ていたスタンリーは、
ゴミを溺れている人と勘違いして、
川に飛び込みました。

その際に
木製の不思議な仮面を発見し、
自宅に持ち帰りました。

帰ると愛犬のマイロが
スタンリーを癒します。

 

そんな中、
スタンリーは出来心で
例の仮面をつけてみました。

その直後、
仮面はスタンリーに吸い付き
竜巻が発生しました。

スタンリーは
緑色の顔に赤色のスーツの
怪人に変身してしまいます。

このマスクにはその人間の
本性を引き出す力があります。

それだけではありません。
マスクを付けている時は、
身体能力が圧倒的に向上しています。

マスクを付けたスタンリーは部屋を出て、
いつもうるさい大家に仕返しします。

アパートを出たスタンリーは、
街のチンピラにお仕置きをして、
自分を騙した車の整備会社を襲撃します。

 

翌朝、
元の姿に戻ったスタンリーは、
全て夢だったと言い聞かせますが、
アパートにケラウェイ警部補が現れます。

大家が呼んだようです。

スタンリーは
何も知らないフリをしました。

スタンリーは
仮面を捨てようと考えますが、
ティナを忘れる事ができずに
仮面に頼ってしまいます。

 

ある日、
マスクを付けたスタンリーは、
黄色いスーツに着替えます。

この日の夜、
ドリアンは部下に
銀行襲撃を命令していました。

アリバイ工作の為に
ドリアン自身は店に向かいます。

 

銀行にスタンリーが現れて、
ドリアンの部下からお金を横取りしました。

ドリアンの部下たちは
駆け付けた警察と銃撃戦になります。

 

大金を手に入れたスタンリーは、
「ココボンゴ」に向かいます。

今回は丁重に中に案内されました。

スタンリーは舞台に上がり
ティナと踊り始めます。

その大胆な行動で
クラブの客たちの注目を集め、
ティナも口説き落としました。

ところが、
ドリアンの部下が帰って来たので、
店の中で銃口を向けられます。

今のスタンリーには
銃弾は当たらないようです‥‥

スタンリーは
ドリアン一味をからかって逃走しました。

その後、
「ココボンゴ」に警察が現れ、
ドリアン達が逮捕されます。

ところが、
ケラウェイ警部補は店の中で
スタンリーのパジャマの切れ端を拾います。

 

翌朝、
ケラウェイ警部補の訪問を受けます。

スタンリーは仮面を隠しますが、
クローゼットの中には大金が
残されていました。

スタンリーは警部補を追い返します。

 

釈放されたドリアンは、
街中のチンピラなどを雇って、
仮面の男(スタンリー)を狙います。

 

スタンリーが出勤すると
ティナが会いに来ました。

マスクの男に惚れたティナは、
スタンリーに彼の事を尋ねます。
(マスクの男が銀行を襲ったから、
何かを知っていると思った。)

自分がマスクの男とは言えず、
「知り合いだから会いに行かせる。」
と約束しました。

ありのままの自分で会うか、
マスクの姿で会うか迷います。

 

この日の夜、
スタンリーはティナが待つ公園に向かいます。

真実は話せずマスクの姿で
ティナの前に姿を現します。

マスクのスタンリーは、
再びティナを口説きますが、
ケラウェイ警部補率いる警察が現れます。

スタンリーは、
警察の前で踊って油断させ
見事に逃走しました。

 

路地裏に逃げたスタンリーは、
仮面を外しますが記者の
ペギーに見られてしまいます。

スタンリーはペギーに
仮面の真相を明かしますが、
彼女に仮面を奪われてしまいます。

実はペギーは
ドリアンに雇われていたのです。

彼女はドリアンに仮面を渡しました。

仮面をつけたドリアンは、
とても凶暴な男になりました。

ドリアンはスタンリーの家から
銀行のお金を奪い取って
スタンリーを警察に引き渡します。

スタンリーは
ケラウェイ警部補に逮捕されました。

賢いマイロは車を尾行して、
留置所のスタンリーに会いに来ました。

 

翌朝、
ティナがスタンリーの面会に来ました。

マスクを手に入れたドリアンは、
何か恐ろしい事を計画しているようです。

スタンリーはティナに
街を出た方がいいと助言します。

ところが、
面会を終えたティナは、
ドリアンの部下に拘束されました。

 

スポンサーリンク

結末

 

ティナの悲鳴を聞いたスタンリーは、
窓からマイロを留置所に引き入れ、
看守から鍵を盗ませます。

脱獄したスタンリーは、
看守を気絶させて逃走します。

 

この日はボスのニコが
「ココボンゴ」に来ていました。

マスクを装着したドリアンは、
ニコに反旗を翻します。

ニコはドリアンに殺されました。

 

ドリアン一味は客を拘束して、
店の売上金を回収します。

最後にドリアンは、
ティナを木に縛り付けて
足元に爆弾を設置しました。

 

スタンリーはマイロを連れて
「ココボンゴ」に乗り込みます。

同僚のチャーリーを見つけて、
他の客を避難させるよう指示します。

スタンリーは捕まりますが、
最後のキスを頼まれたドリアンは、
ティナの前で仮面を外しました。

ティナが仮面を蹴り飛ばします。

その仮面をマイロがキャッチして
スタンリーに渡しました。

スタンリーはドリアンを倒して
ティナの足元の爆弾を解除しました。

その場に警察が駆け付け、
ドリアン一味は逮捕されました。

スタンリーに助けられた市長は、
彼を見逃せと警部補に命じました。

 

その後、
スタンリーはティナに告白します。

ティナはスタンリーを受け入れ、
彼が持つ仮面を川に投げました。

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す