「奪い愛、夏」2話あらすじ、ネタバレ 裏切ったら許さないよ~

今回は8月15日に放送された
「奪い愛、夏」の第2話のネタバレです。

1話のおさらい

婚活アプリ会社・ラブネクストの
広報に勤務する桐山椿は、
同じく広報に勤務する空野杏と
交際していました。

ところが、
和菓子屋を経営する父が
1億円の借金を抱えてしまいます。

そんな時に社長の花園桜が
「1億円で私と結婚しなさい」
と椿に命令しました。

形だけの結婚ですが、
浮気はしないという条件付きです。

椿は父を救うために
桜と結婚する事にしましたが‥‥

 

スポンサーリンク

あらすじ、ネタバレ

ラブネクスト社長の桜が
部下の椿と結婚したと
大々的に報道されます。

ラブネクストの入会者が
1日で20万人も増える結果となり、
桜も満足のようです。

社内も大盛り上がりで
杏の同僚の瞳もお祝い会を
開こうと提案します。

もちろん椿と杏は元気がありません。

椿を慕う後輩の姜は、
椿の心配をします。

 

ある日、
椿は杏が待つ自宅に帰宅します。

椿は桜の家で暮らしているので、
杏は家を引き払わないのかと尋ねます。

椿は杏と会えるこの空間を
守り通すと答えました。

 

杏と愛を確かめ合った椿は、
シャワーを浴びて桜の家に帰ります。

桜の家にいる時間は苦痛でしかありません。

椿の帰りが遅いので、
桜は浮気を疑いますが、
椿は適当に言い逃れます。

 

また別の日、
椿は姜に全てを打ち明け、
杏を愛していると告白します。

姜は何でも協力すると言ってくれました。

 

この日の夜、
桜より先に帰宅した椿は、
ある部屋が気になって
中に入ろうとしますが、
鍵がかかっていました。

その場に桜が現れて、
椿は怒られてしまいます。

 

桜は椿の実家に挨拶に行き、
どら焼きを渡されていました。

椿の父のどら焼きを食べた桜は
不味いと言って吐いてしまいました。

 

その後、
桜はブラックカードを椿に渡して
銀行口座を解消しろと命じました。

カードの明細は秘書の土筆が管理します。

これはマズイ事になりました。

個人口座がないと自宅の
家賃を支払う事ができません。

次の日、
椿は杏にその事を相談し、
杏の家で会いたいと言いますが、
桜と同じマンションなので危険です。

 

この日の夜、
椿は断っていましたが、
瞳と土筆が話し合って広報部で
お祝い会を開く事になりました。

話を聞きつけた桜も
飲み会に参加する事になり、
椿は同僚の前で夫婦を演じます。

椿と桜は
演出家が書いた馴れ初めを
皆の前で口にします。

さらに土筆と桜の作戦で
桜と椿がキスする事になりました。

杏は過呼吸で倒れ、
桜、椿、土筆が病院に付き添いました。

 

スポンサーリンク

桜のシンガポール出張が決まります。

椿は日本で3日間お留守番です。

しかも会社も3連休なので、
椿と杏は熱海に旅行に行く事にしました。

 

初日、
椿はマスクに帽子なので
完全に不審者です。

少し距離を取って歩いているので、
杏は寂しそうです。

杏が元気ないので、
2人は別々の布団で眠りました。

 

2日目、
元気がない杏を見た椿は、
変装を解いて杏と熱海デートしました。

いっぱい写真を撮ります。

 

3日目、
伊豆の動植物園でデートします。

 

2人が売店にいる時、
桜から電話がかかってきました。

急な仕事が入ったので、
桜は帰国していました。

しかも偶然にも
同じ場所に来ていました。

 

2人は女子トイレの個室に隠れます。

桜は恐ろしい嗅覚で
女子トイレを疑いますが、
取引先の社長に呼び出されます。

難を逃れた椿と杏は逃走して
東京に帰りました。

 

椿が桜の自宅で、
杏との写真を見ていると
桜が伊豆から帰ってきます。

椿は3日間の事を尋問されます。

新しいトイレットペーパーが
まったく使用されていなかったので、
桜は椿が家に居なかった事を見抜きます。

 

桜は果物の杏を差し出して
「好きでしょ?
食べていいのよ?
裏切ったら許さないよ?」
と椿に言いました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す