「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」あらすじ、ネタバレ結末

「ルパン三世 ヘミングウェイ・ペーパーの謎」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

文豪・ヘミングウェイが自殺ではなく
殺されたという噂があります。

パリにいたヘミングウェイが
ある体験を小説にしようとした時に
殺されて原稿を奪われたのです。

そしてその原稿には
お宝の在り処が書かれていた‥‥

 

あくまでも噂で、
ルパンも本気で信じてはいません。

それでも情報屋にお金を払って、
地中海のコルカカ島にヘミングウェイの
最後の原稿が隠されたパンドラの箱
あると聞き出しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ルパンはドイツに向かって
箱の鍵を持つと言われている
貴族に会いに行きます。

ところが、
武器商人のマルセスの
傭兵隊長・マッシュが
鍵を奪った後でした。

ルパンは、
先に箱を手に入れるために
コルカカ島に向かいました。

島に入ったルパンは、
カルロス大統領の軍隊に襲われ、
バーの女主人・マリアに救われます。

この島は大統領のカルロスと
コンサノという2人の男が
統治を巡って争っています。

ルパンは
コンサノ一家に雇われた暗殺者だと
カルロス軍に勘違いされたのです。

 

ルパンの相棒の次元は、
ある目的の為にコルカカ島で
コンサノの用心棒をしています。

石川五ェ門は、
斬鉄剣でも斬れないと言われる
パンドラの箱を見つけるために
カルロスの用心棒をしています。

カルロスが箱を所持していますが、
五ェ門はまだ気づいていません。

 

カルロスとコンサノは、
覇権を争って戦をしており、
次元と五ェ門も戦場で遭遇します。

仕方ないので2人は
戦うフリをしました。

遠くから見ていたルパンは
馬鹿笑いしました。

 

時を同じくして、
ルパンを追う銭形警部は、
スイスで峰不二子を見かけ、
彼女を尾行する事にしました。

不二子はマルセルの秘書をしています。

マルセスは
マッシュから受け取った鍵を
スイスの銀行の金庫に預けます。

金庫の中には様々な美術品が
保管されていました。

 

ルパンは次元と五ェ門を
マリアのバーに呼び出して、
共闘を持ちかけます。

2人とも乗り気ではありません。

次元の目的は、
マルセスの傭兵隊長の
マッシュを殺害する事です。

かつて次元はマッシュと組んで
仕事をした事がありました。

マッシュは次元以外の
仲間を裏切って全滅させ、
金を独り占めしたのです。

 

この島にはホテルはありません。

ルパンはマリアに頼んで
馬小屋に泊めてもらいました。

 

次の日、
武器商人のマルセスが島に現れ、
戦車を土産にコンサノと手を結びます。

もちろんマルセスの目的は、
カルロスが持つパンドラの箱です。

ここで次元とマッシュは再会します。

 

ルパンが目を覚ました時、
マリアの姿がありませんでした。

マリアはコンサノの命を狙って、
彼の部下に捕まっていました。

ルパンはマリアを見つけて救出しました。

この日の夜、
次元がバーに現れて
マッシュと戦うと宣言します。

ルパンと五ェ門は、
手伝うと申し出ますが、
次元は1人で行くと答えました。

次元は去り際に五ェ門に
箱はカルロスが持っていると教えます。

 

次元は正々堂々と
マッシュと戦いますが、
傭兵部隊に邪魔されて
拘束されてしまいました。

 

不二子を追った銭形警部は、
コンサノのアジトに潜入していました。

銭形はコンサノの部下に捕まります。

 

そのころ五ェ門は、
カルロスの邸宅で箱を見つけ、
斬鉄剣で斬ろうとしました。

ところが噂通り箱は斬れず
五ェ門は落ち込みました。

動揺した五ェ門は
カルロスの部下に拘束されました。

 

翌朝、
前日の件でマリアが
コンサノの部下に襲撃されます。

ルパンとマリアは
コンサノの部下を倒して逃走します。

ルパンはマリアから話を聞きます。

コンサノとカルロスは元々は仲間で、
この島に眠る財宝目当てに
島外から来た人物です。

それがいつの間にか
島を統治するようになったのです。

住民はサソリという名前の
レジスタンス組織を作って
2人と戦って全滅しました。

マリアの兄はサソリのリーダーで、
彼女は唯一の生き残りです。

マリアは仇を討つ目的で、
2つの軍を相手にバーを経営しています。

 

そんな中、
ルパンの前に不二子が現れ、
2人はカルロスの邸宅から
パンドラの箱を盗み出しました。

2人はスイスに向かいます。

ルパンがマルセスに変装して、
金庫から鍵を取り出しました。

ルパンが箱を開けると
原稿が入っていました。

ルパンは原稿を撮影しますが、
マルセスとマッシュがヘリで現れ、
ルパンから箱を奪いました。

 

スポンサーリンク

結末

マッシュはマルセスとの契約を切り、
コンサノの部下になりました。

コンサノが箱と鍵を手に入れ
マルセスは殺されました。

その情報がカルロス側に流れ、
カルロス軍がコンサノ一家を攻めます。

2つの勢力は拮抗しており、
勝負はつきません。

そこで2人は
1番強い傭兵同士に戦わせ
お宝の優先権を決める事にしました。

次元と五ェ門です。

次元と五ェ門は
真剣に戦うフリをして、
2つの勢力から逃げ出し
ルパンと合流しました。

 

その後、
箱と鍵を持つコンサノが
優先権を持つ事を条件に
2人が手を結びました。

2人は軍隊を連れて
原稿が示している
島の南側の谷に向かいます。

原稿を撮影していたルパンも
仲間を連れて谷に向かいます。

ただし南の谷は
死の谷と呼ばれており、
近付くと死ぬと言われています。

 

この日は大雨で
コンサノとカルロスは、
軍ごと濁流に飲み込まれました。

 

ルパンたちは谷の奥で
宮殿を発見しました。

そこには大量のお宝が眠っていました。

そのお宝とはウランです。

 

ウランの塊を見たルパンは、
自分には必要ないと
その場を立ち去ります。

そもそもこの場に長時間いると
放射能を浴びすぎて命を落とします。

 

そんなルパンたちの前に
生き残ったマッシュが現れます。

ルパン達が部下を倒し、
次元がマッシュの頭部を撃ち抜きました。

 

バーに戻ったルパンはマリアに
コンサノとカルロスの死を伝えます。

ルパンに惹かれていたマリアは、
別れの際に彼にキスしました。

 

一方の五ェ門は
再びパンドラの箱に挑みます。

意外にもあっさり斬れました‥‥

4人が島を出ようとした時、
牢屋から脱出した銭形が現れ、
ルパンを逮捕しようとしました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す