映画「ある会社員」のストーリーを結末までネタバレ

映画「ある会社員」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のヒョンドは、
金属製造会社に勤務する会社員です。

ただし、
彼が勤務する営業二部は
暗殺を請け負っています。

ヒョンドの正体も凄腕の暗殺者です。

 

ある日、
ヒョンドはバイトのフンと
仕事に向かいました。

ヒョンドは子供の頃は
歌手を目指していたと明かします。

その話を聞いたフンは、
「知り合いに歌手がいました」
と答えました。

その後、
2人はあるビルに入り込んで
標的を殺害しました。

フンもかなりの実力です。

 

ところがヒョンドは会社に
フンの始末も命じられており、
彼を取り押さえます。

死を覚悟したフンは、
ある事をヒョンドに頼みました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

社長の息子のジョンテは、
会社1の実力と称えられている
ヒョンドを目の仇にしています。

何故なら社長もヒョンドを
1番信用しているからです。

ヒョンドはジョンテを
ほぼ無視しています。

ジョンテからすると
そんな態度も気に入らない様子。

 

ヒョンドは
退職済みの元上司の家を訪れ、
家族にお金を届けて欲しいと
フンに頼まれたと相談します。

元上司は暗殺者は遺言を聞かず
余計な事を考えるなと告げます。

近ごろヒョンドは、
今の仕事に疑念を感じているようです。

 

一方で警察は、
フンについて調べています。

 

ヒョンドは、
フンの望みを叶える為に
彼の実家を訪れました。

フンには妹がいました。

フンの母親はシングルマザーで、
ヒョンドが少年時代に憧れていた
元歌手のミヨンでした。

ヒョンドはミヨンに
お金と自分の名刺を渡します。

 

また別の日、
ヒョンドは社長に呼び出され
チン部長を見張れと命じられます。
(ヒョンドは課長)

子供を轢き殺されたチンは、
会社を無断欠勤して
犯人を捜しているのです。

ヒョンドはチンを尾行しますが、
あっさりバレてしまいます。

ヒョンドはチンに
会社に連絡して欲しいと頼みます。

チンは「家族が全てだった
会社を辞める。」と答えて
ヒョンドを気絶させました。

 

会社に戻ったヒョンドは、
「これでお前が部長だな」
とジョンテに嫌味を言われます。

 

その後、
ヒョンドは隠れ家に向かいます。

なんとヒョンドは隠れ家に
フンを匿っていました。

実はヒョンドは
フンを社員にと推薦しましたが、
ジョンテが使い捨てにしろと命じたのです。

ジョンテが気に入らないヒョンドは
会社に内緒で彼を生かしました。

 

ヒョンドはフンを連れて
ミヨンと食事をしました。

彼を家族の元に帰すつもりのようです。

フンの家族と接する内に
さらにヒョンドは自分の仕事、
いや、自分について考えます。

 

そんな時に上層部が
チン部長の解雇を決定しました。

この会社の解雇とは死を意味します。

チンは逃げずにヒョンドを待っていました。

ヒョンドはチンを倒して
彼の後頭部に銃口を突きつけます。

チンは死を覚悟しますが、
ヒョンドは彼を逃がしました。

 

 

ヒョンドは部長に昇進しました。

実力が確かで無口なヒョンドは、
部下からも慕われているようです。

ヒョンドが気に喰わないジョンテは、
フンとチンの始末の計画が
少しズレていると社長(父)に報告します。

社長はヒョンドを信用しているので、
「計画通りに進まない時もある」
と息子を一蹴しました。

 

そんな中、
ヒョンドはミヨンをデートに誘いました。

憧れの人とのデートです。
いつも冷静なヒョンドが
浮ついているようです。

2人はミヨンの友人が経営する
田舎のカフェを訪れました。

ミヨンの友人は
カフェの売却を考えているようです。

 

夜になって、
ヒョンドがミヨンを家に送ると、
フンを探す刑事に遭遇します。

刑事は2人に声をかけて、
ヒョンドに身分証の提示を求めます。

ここでミヨンは刑事に
ヒョンドの名刺を渡しました。

 

ヒョンドが逃がしたチン部長が、
会社に捕まってしまいます。

ヒョンドは社長に理由を聞かれますが、
何も答えませんでした。

チン
「殺し屋稼業を仕事と呼んで
会社員だ?聞いて呆れる。

毎日スーツを着て会社に通い、
仕事を済ませて家に帰って寝る。

よくやれるよ。

どうだヒョンド。
お前なら分かるだろ?」

ヒョンドは社長の目の前で
チンを殺害しました。

 

その直後、
ヒョンドの名刺を持った刑事が
会社を訪ねて来ました。

刑事たちはオフィスを見て、
普通の会社だと納得します。

刑事を追い返したジョンテは、
ヒョンドを殴りました。

 

何かが吹っ切れたヒョンドは、
仕事の途中で抜け出して
ミヨンに会いに行きました。

2人はいい雰囲気です。

ミヨンはヒョンドに
カバンをプレゼントしました。

ヒョンドは想いを伝え、
例のカフェを購入して、
経営しないかと持ち掛けます。

ミヨンは提案を受け入れ
ヒョンドは退職願を書きました。

 

そんな中、
ヒョンドの解雇が決まり、
彼は2人の部下に襲撃されます。

ヒョンドは社内1の凄腕です。

騙し討ちしたとしても
2人で勝てるはずがありません。

 

スポンサーリンク

結末

2人の部下を殺したヒョンドは、
ミヨンを心配して彼女に家に向かいます。

ヒョンドはミヨンと
フンとフンの妹を車に乗せ、
元上司の家に隠れました。

元上司は仕事を辞めると
何も残らないと忠告します。

 

ミヨンに問い詰められたヒョンドは、
自分の会社の真相を明かしました。

ミヨンは驚きつつも、
ヒョンドとの未来を望みました。

 

ヒョンドは自宅に帰り
隠していた大金を回収して、
ミヨンの元に戻ります。

ところが元上司の家には
会社の人間が待っていました。

3人も拘束されています。

会社に戻る事を決めた元上司が
ヒョンドを手土産にしたのです。

ヒョンドは隙を突いて
元上司と会社の人間を殺害しますが、
ミヨンに流れ弾が当たりました。

ミヨンは命を落としました。

 

復讐を決意したヒョンドは
スーツに着替えて武装し、
会社に乗り込みました。

何度も言いますが、
ヒョンドは最強の殺し屋です。

まずは数十人いる
オフィスのザコを全滅させ、
例の刑事に通報しました。

 

さらにヒョンドは、
裏のオフィスに向かい
上層部の人間を倒します。

社長は資料室で裏稼業の
書類を処分していました。

社長はヒョンドを油断させて
彼を殺そうとしました。

その場にフンが現れて
社長を射殺しました。

 

ヒョンドはフンに脱出の手順を伝えます。

そこにジョンテが現れて
ヒョンドとフンを撃ちます。

ヒョンドは重傷を負いつつも
ジョンテを殺して、
フンを逃がしました。

 

やがて警察が駆け付けて、
ヒョンドは大人しく捕まりました。

 

 

 

スポンサーリンク



コメントを残す