映画「プロテクター」のストーリーを結末までネタバレ

映画「プロテクター(ジャッキー)」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のビリーは
香港からアメリカに移住して
NY市警の刑事になりました。

ある日の仕事終わり、
移住10年目を迎えたビリーは、
バーで相棒のマイケルと酒を飲みます。

ビリーがトイレに入った時、
店に4人の強盗犯が現れました。

ビリーは、
トイレに入った1人を射殺します。

トイレから出て店に戻りますが、
ビリーを庇ったマイケルが被弾します。

ビリーは2人を倒しますが、
犯人の1人は逃走しました。

マイケルは瀕死の状態ですが、
犯人を追えとビリーに告げます。

ビリーは店主にマイケルを任せて
犯人を追います。

ビリーと犯人は
ボートでチェイスを繰り広げ、
最終的に犯人のボートは爆発しました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

マイケルは命を落としました。

ビリーは仇討ちした事を叱責され、
署長に交通課への異動を告げられます。

それでも署員たちは、
ビリーの行動を誇らしく思っている様子。

 

それからしばらくしてビリーは
社長令嬢のローラが主催する
ファッションショーの警備を担当します。

新しい相棒は
ビリー同様に左遷されたダニー。

会場でビリーとダニーは、
ローラと護衛のベニーと挨拶を交わします。

 

ショーの途中で
謎の武装勢力が現れて
ローラを誘拐されてしまいます。

ビリーはベニーの通話記録を見て
6回も香港に電話をかけている事を知ります。

 

本部長は司法省の人間を呼んでおり、
犯人らしき人物の写真を見せます。

写真の人物は、
香港の犯罪組織のボスの
ハロルドの部下です。

香港出身のビリーは、
ハロルドの事を知っています。

司法省の調べでは、
ローラの父とハロルドは手を組んで
香港から麻薬を運んでいるようです。

原因は不明ですが、
ローラが誘拐された先は
香港で間違いなさそうです。

ビリーとダニーは、
香港警察の特別捜査官として
香港に旅立つ事になりました。

 

 

香港に到着した2人は、
ホワイトヘッド署長に挨拶しますが、
捜査協力を拒否されました。

ところが署長室を出ると
他の刑事が署長の非礼を詫び、
例の電話番号の情報を教えてくれました。

夜のマッサージ屋さんでした。

この日の夜、
2人はマッサージ店を訪れ、
受付でベニーの名前を口にします。

受付の女性は
ベニーの事は知らないと答え、
2人にマッサージを勧めました。

2人は呑気にマッサージを受けますが、
当たり前のように襲撃されます。

すぐに危険を察知したビリーは、
ダニーを守って2人で戦います。

2人はハロルドの部下に捕まりますが、
一瞬の隙を突いて逃走しました。

 

次の日、
ビリーは昔の情報屋で
裏社会にも詳しいリーに会います。

足を洗ったリーは、
関わりたくないと言いますが、
ビリーとダニーは尾行されており、
ハロルドの部下が現れました。

ビリー達はリーの娘のリンや、
リーの部下のスタンと協力して
ハロルドの部下を倒します。

観念したリーは
ビリーに協力する事にしました。

ビリーはローラの写真を渡して、
居場所を探して欲しいと頼みます。

 

ビリーとダニーが
ホテルの部屋に戻ると、
大金が置かれていました。

さらに
謎の男から電話がかかってきて、
アメリカに帰れと脅されます。

ビリーが断ると、
2人は覆面の男たちに襲われます。

2人は覆面男たちを倒しますが、
街で騒動を起こしたので、
ホワイトヘッド署長に怒られました。

 

スポンサーリンク

結末

ハロルドは表向きは
実業家として活躍しています。

300万ドルで購入した競走馬が
稼ぐ賞金の全てを寄付すると
記者会見を開くようです。

ビリーとダニーは
記者会見場に顔を出して
ハロルドを挑発しました。

 

記者会見の後、
ベニーの姿を発見したので、
ダニーはベニーを尾行します。

ビリーはリーに会いに行きますが、
ハロルドに殺された後でした。

リンは激怒して
父の代わりにビリーに協力します。

リンはビリーを
リーの友人の占い師と会わせます。

占い師は
夜に港で船に薬が積み込まれ、
ローラが戻ると予言します。

 

ベニーを尾行したダニーは
港に到着していました。

ダニーは港の監視を行います。

 

時を同じくして、
ベニーから金を受け取ったハロルドは、
誘拐したローラを返す事を約束します。

 

夜になって、
ビリー、ダニー、スタンの3人は、
港に向かいました。

3人は麻薬の製造所と
監禁されているローラを発見します。

ローラを救出した3人は、
製造所を爆破して逃走しますが、
ダニーがベニーに撃たれて
捕まってしまいました。

仕方ないのでビリーとスタンは、
ローラを連れて逃げます。

 

ビリーはハロルドに電話をかけ、
「ダニーを殺したらローラを殺す」
と脅します。

ハロルドとビリーは、
港で会う約束を交わします。

ビリーはスタンとリンに
ホワイトヘッドへの連絡を頼んで
1人で港に向かいます。

 

ビリーの前にハロルドと
ローラを連れたホワイトヘッドが
姿を現しました。

ホワイトヘッドはハロルドに
買収されていたのです。

ハロルドは余興として
ビリーとベニーを戦わせます。

ベニーは空手の達人ですが、
最後はビリーが勝利しました。

その場に署長に従わない
真面目な刑事たちが駆け付け、
ローラとダニーを解放しました。

ホワイトヘッドは逮捕されますが、
ハロルドはヘリで逃げ出します。

ビリーは港の重機を操作して、
ヘリを墜落させました。

 

NYに戻ったビリーとダニーは
特別功労賞の勲章を授かりました。

 

スポンサーリンク



コメントを残す