映画「大脱出」のストーリーを結末までネタバレ

映画「大脱出」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公のレイは、
自ら囚人として刑務所に入り、
脱獄する事で不備を指摘する
セキュリティ・コンサルタントです。

 

ある日もレイは、
連邦刑務所の隔離房から脱獄し
迎えに来た仲間のアビゲイルと
ハッシュの車で逃げます。

すぐに警察が追いかけてきますが、
社長のレスターが現れて
現場の警察に事情を説明しました。

レイとレスターは、
所長に警備の穴を指摘して去ります。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

また別の日、
レスターの会社にCIAの
ジャシカという女性が現れます。

ジェシカたちは、
危険な犯罪者を失踪と見せかけて
閉じ込める施設をテスト運用しています。

名付けて「墓場」。

そこでの脱走が不可能だと
証明するためにジェシカは
レイに仕事を依頼しに来たのです。

非正規な監獄なので、
場所すらも教えてもらえません。

収監されている囚人たちは
裁判も受けれない危険人物ばかりで、
何が起きるかは分かりません。

アビゲイルもハッシュも反対しますが、
報酬は通常の2倍なので
レスターは受けたいようです。

2人の反対を押し切って、
レイも仕事を引き受けました。

アビゲイルは不安そうです。

ハッシュはレイの体に
発信機を打ちました。

 

次の日、
レイは何者かに誘拐されます。

目を覚ました時には、
例の監獄の中でした。

1人1人が透明な独房に入れられています。

 

誘拐された事に怒ったレイは、
所長のホブスに中止を訴えますが、
まったく相手にされませんでした。

レイは騙された事に気付き
予定通り脱獄を計画します。

レイは他の囚人にイジメられますが、
エミルという男が助けてくれました。

エミルは政府が探している
天才的な義賊・マンハイムの部下です。

エミルはレイの様子を見て
彼が脱獄を考えている事に気付き、
協力を申し出ました。

2人は監獄を観察して
警備の穴を探し始めます。

懲罰房が気になったレイは、
エミルと殴り合いの喧嘩をして
懲罰房の中に入ります。

カイリー医師の診察も受けます。

アビゲイルとハッシュは、
発信機の信号が途絶えたので
レスターを問い詰めていました。

レスターは適当に言い逃れします。

 

懲罰房で弱点を見つけたレイは
エミルに金属片が欲しいと頼みます。

エミルはホブスにケンカを売って
看守たちからの拷問を受けます。

その最中に金属片を手に入れ、
レイに渡しました。

 

準備を整えた2人は、
食堂で騒ぎを起こして
再び懲罰房に入ります。

レイは金属片を使って
懲罰房の床のネジを外して、
脱出を試みます。

ここでレイとエミルは
衝撃の事実を知ります。

この監獄が建物ではなく、
海に浮かぶ巨大タンカーだと‥‥

監獄から出ても周囲は海です。
しかも現在地は分かりません。

とりあえず脱走は中止です。

 

もちろん諦める訳はありません。

まずは現在地を知る必要があります。

さらにレイは何度も看守に殴られ、
カイリー医師の診察も受けます。

 

一方でホブスは
レスターと電話しています。

彼らは裏取引しているようです。

 

アビゲイルとハッシュも
「墓場」と呼ばれている
監獄の存在に辿り着きます。

ただし場所が分かりません。

 

レイとエミルは、
簡易的な六分儀を作ります。

ただし2人はマークされているので、
エミルを憎むジャベドを仲間に加え、
六分儀を彼に渡します。

ジャベドはホブスと取り引きして、
甲板で祈ることを許されます。

この時、
六分儀で経度を測定しました。

 

一方のホブスは
この監獄の出資者たちから
マンハイムを捕まえろと命じられます。

ホブスはレイに少しの自由を与え、
エミルから情報を引き出せと脅します。

レイは情報を与えるフリをして
脱獄計画を進めます。

 

レイはジャベドの測定や
様々な条件を考慮して現在地が
モロッコの沖合だと特定します。

さらにカイリー医師を味方につけ、
外部との連絡に成功し、
迎えの手はずを整えました。

 

スポンサーリンク

結末

作戦決行日、
レイとエミルは囚人を扇動して
騒動を起こします。

2人は看守を倒して武装し、
ジャベドを連れて逃走します。

看守が3人を追いかけ、
ホブスは甲板への扉をロックしました。

 

ジャベドは2人を庇って被弾します。

2人は連れて行こうとしますが、
ジャベドは囮を買って出ました。

ジャベドは命を落とします。

 

レイはエミルを甲板に向かわせ、
ロックを解除する為に主電源がある
機関室へと向かいます。

レイが主電源を落として、
エミルが甲板に出ます。

甲板に出たエミルは
レイが用意したヘリに乗って、
機関銃で看守たちを倒します。

 

一方のレイは
排水装置から海に出ます。

ヘリに乗ったエミルがレイを見つけ、
無事に回収しました。

ホブスが甲板に出てヘリを狙いますが、
レイとエミルの反撃に遭って死亡しました。

モロッコの海岸に着いた時、
レイとエミルは作戦成功を喜びます。

するとエミルの仲間と
CIAのジェシカが迎えに来ました。

実はエミルこそが
義賊のマンハイムなのです。

ジェシカはマンハイムの娘で、
CIAに潜入中だったのです。

ジェシカは父を脱獄させる為に
レイを墓場に送り込みました。

ただしレイを騙すつもりはなく、
裏切っていたのはレスターです。

レスターは、
脱獄不可と証明された暁には、
墓場のCEOの座を約束されていたのです。

その為にはレイが、
閉じ込められたままの必要があります。

 

レイの指示によって、
アビゲイルとハッシュが、
レスターに罰を与えました。

それは死よりも辛い罰です‥

 

スポンサーリンク



コメントを残す