映画「釣りバカ日誌 スペシャル」あらすじ、ネタバレ結末

映画「釣りバカ日誌 S」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

主人公は鈴木建設営業三課の
釣りバカ社員の浜崎伝助です。

釣りの相棒の鈴木一之助は
伝助が勤務する会社の社長ですが、
2人の関係は他の社員には秘密です。

ある日、
伝助の隣人の八郎の船で
伝助と一之助はスズキを釣りに行きます。

昼まではボウズだった2人ですが、
伝助が潮の流れを読んで
午後からは大漁になりました。

 

山内健吾というサラリーマンは、
同じ電車に乗る女性に一目惚れしました。

声をかける勇気はないので、
宝石商を営む父の昭男に相談しました。

昭男は興信所に頼めと答えました。

 

相手の女性の名前は佐々木志野で
恋人はいませんでした。

志野の父は伝助の上司の佐々木課長です。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

 

数日後、
一之助を友人の昭男が訪ねてきました。

息子の健吾が一之助の部下の
佐々木課長の娘に恋をしたと相談します。

一之助は健吾の事も知っており、
社長室に佐々木課長を呼び出して、
見合い話を進めました。

相手が社長の息子なので
佐々木も大喜びします。

志野の事を知っている伝助も
佐々木と同じように喜びます。

 

 

この日の夜、
一之助は昭男を連れて
行きつけのクラブに行きます。

昭男はチーママの舞子に恋したようです。

亡くなった妻に似ているのです。

舞子が気に入った昭男は、
この日から店に通い始めます。

 

少し時は流れて、
山内家と佐々木家の両家で
歌舞伎を見に行きます。

歌舞伎の後は、
志野と健吾の2人でデートします。

健吾だけではなく、
志野も前から健吾の事を
認識していたようです。

志野も健吾の事を気に入り、
2人はまた会う約束をしました。

一方で酒屋の息子の武は、
志野の弟から見合い話を聞き
動揺して転んでしまいます。

志野の事が好きなようです。

 

翌日、
鈴木建設がホテル建設の
指名から外される事態となりました。

指名されたのはランクが下の
田中建設という会社です。

一之助は秋山専務に理由を尋ねます。

バブル崩壊時に
金にならない先方の仕事を
一之助が断った事が原因でした。

話を聞いた一之助は、
先方の会社に向かい土下座しました。

 

この日の夜、
一之助は舞子の店で飲んで
愚痴をこぼします。

ところが昭男が現れます。

謝罪で疲れていた一之助は、
昭男の相手をせずに店を出て
伝助の家に向かいました。

伝助と妻のみち子は、
すでに寝ようとしていましたが、
元気がない一之助の相手をしました。

 

また別の日、
志野は健吾とのデートに向かいます。

志野の姿を目撃した武は、
彼女を尾行しました。

待ち合わせ場所に現れた武は、
自分も志野が好きだと宣戦布告します。

もちろん健吾は気分を害し、
我に戻った武は2人に
謝罪して去りました。

武の言葉を聞いた志野は、
自分も彼が好きだと気付いて、
健吾に謝罪して武を追いかけました。

 

 

翌朝、
伝助は泊りの出張に向かいます。

仕事よりも鮎釣りが楽しみのようですが‥‥

 

この日の夜、
一之助は舞子と食事して、
昭男に嫁がないのかと尋ねます。

舞子は少し怒った表情で
他に好きな人がいると答えました。

好きな人とは一之助の事です。

 

お酒が進んだ一之助は、
伝助が出張だと忘れて
浜崎家を訪ねました。

一之助はみち子に舞子の話をしますが
すぐに眠ってしまいました。

翌朝、
一之助が慌てて帰宅する様子を、
近所の自転車屋の主人が目撃し
出張から戻った伝助に話してしまいます。

しかも自転車屋の主人は、
一之助が落としたハンカチを
伝助に渡しました。

 

不倫を疑った伝助は
急いで帰宅してみち子を問い詰めます。

みち子は正直に答えます。

しかし、
伝助はみち子の言葉を信じず、
自分の妄想を口にして
みち子を困らせました。

 

みち子は祖父の米寿を祝う為に
実家の出雲に帰る予定がありました。

みち子は、
「浜ちゃんが信じてくれるまで帰らない」
と告げて息子の鯉太郎と家を出ました。

伝助は頭がおかしくなりました。

 

スポンサーリンク

結末

責任を感じていた佐々木課長は、
一之助に退職願を提出しました。

一之助は仕事とは関係ないと
退職願を受理しませんでした。

 

するとその場に伝助が現れ、
みち子が実家に帰ったと言って、
退職願を提出しました。

一之助は伝助に事情を説明し、
みち子を迎えに行けと諭しました。

 

伝助は会社の金で出雲に向かいます。

出雲に向かう電車の中で、
伝助はみち子と鯉太郎が死ぬ夢を見て、
みち子を疑った事を後悔しました。

出雲に着いた伝助は、
みち子に心から謝罪します。

みち子は伝助を許しました。

 

伝助とみち子が
2人だけの時間を楽しんでいると
一之助が遅れて駆け付けました。

邪魔された伝助は拗ねますが、
一之助が釣りの話を始めると
すぐにご機嫌になりました。

2人は仲良く釣りに出かけ
見事な鯛を釣り上げました。

もちろん夜は
鯛を肴に旅館で宴会です。

「釣りバカ日誌7」のネタバレへ

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す