映画「プロジェクトA」のストーリーを結末までネタバレ

映画「プロジェクトA」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

舞台はイギリス植民地時代の香港。

主人公は水上警察のドラゴン。

香港付近の海上では
海賊が横行しています。

水上警察は取り締まる立場ですが、
何度も失敗して船を沈められています。

 

そんなある日、
水上警察に海賊討伐の命が下ります。

部隊を率いるドラゴン隊長は、
居酒屋に部下を集めて
討伐の前祝を開きます。

 

同じ居酒屋には、
陸上警察のジャガー警部と
彼の部下たちの姿もありました。

陸上警察と水上警察は
日頃から折り合いが悪く、
警察なのに乱闘騒ぎを起こしました。

彼らは総監によって逮捕されますが、
ドラゴンの上司の司令官の働きかけで
釈放されました。

こうして討伐に向かうのですが‥‥

 

スポンサーリンク

ネタバレ

水上警察の部隊が
船に乗り込もうとした瞬間、
海賊に船を爆破されてしまいました。

武器商人が水上警察の情報を
海賊に流していたようです。

水上警察は陸上警察に吸収され、
ドラゴンはジャガーの部下になり
海賊討伐はイギリス海軍が引き継ぎます。

この日からドラゴンたちは
ジャガー警部の厳しい訓練を受けます。

 

それから数日後、
指名手配中の密輸犯・チャンが
高級クラブに潜伏しているという情報が入ります。

ジャガーはドラゴン達を引き連れて
高級クラブに向かいます。

ドラゴンはチャンを発見しますが、
乱闘騒ぎを発展します。

ここはチョウという
大金持ちが経営するクラブで、
彼に呼び出された総監に
ジャガーは捜査中止を命じられます。

このチョウという男は、
裏で武器を売っています。

 

総監に謝罪しろと言われたドラゴンは、
バッジを投げて警察を辞任し、
隠れていたチャンをボコボコにします。

チャンを捕まえたドラゴンは、
ジャガーに手柄を渡して店を出ました。

 

様子を見ていた泥棒のフェイが
ドラゴンに声をかけてきました。

2人は昔からの顔馴染です。

フェイはドラゴンに
この前の出撃で船が燃やされたのは、
総監が裏切者だからだと伝えます。

これはフェイの嘘です。

フェイはドラゴンの協力を得て、
軍隊からライフルを盗んで
チョウに売りつけようとしますが
警察に阻まれました。

 

一方のドラゴンも
司令官の娘のパールから
総監は裏切者ではないと教えられます。

その場にチョウの部下と海賊が現れ、
ドラゴンはフェイと喧嘩しつつも
パールを守りながら戦います。

フェイとパールは無事に逃げますが
ドラゴンは市街で自転車での
チェイスを繰り広げます。

それでも最終的には
高い時計台に追い込まれました。

ジャガー率いる陸上警察が駆け付け
チョウの部下と海賊を追い払いますが、
ドラゴンは時計台の屋上から落下します。
(有名なシーン)

幸いにも軽症で済んだようです。

 

時を同じくして、
海軍が海賊の討伐に向かいましたが、
逆に襲撃されて提督や海兵隊が
人質にされてしまいました。

 

香港の総督はチョウを仲介人に
海賊に身代金を払って人質を
返してもらおうと考えます。

チョウはライフル100丁を要求します。

話を盗み聞きしていたドラゴンは、
水上警察を復活させるべきだと
総督を説得しました。

総督は特別救援隊の隊長に
ドラゴンを任命しました。

 

 

ドラゴンは美人なパールを
チョウに近づけます。

チョウが油断した隙を突いて
ドラゴンがチョウを拘束しました。

ドラゴンとジャガーは協力して
海賊との連絡手段を聞き出します。

 

 

結末

ドラゴンはチョウに変装して、
大量の荷物を持って海賊の
アジトに潜入しました。

鳩を飛ばしてジャガーに
アジトの場所を知らせます。

ドラゴンは海賊頭のサンと対面し
大量の贈り物(ライフル)を渡します。

この日はサンの誕生日で
ドラゴンはパーティに招待されます。

一方で海賊の宝を狙うフェイも
海賊のアジトに潜入しています。

 

夜になって、
ドラゴンの報せを受けたジャガーが
部隊を率いて海賊のアジトに現れます。

ドラゴンは宴の席を盛り上げて
ジャガー達が人質を解放する時間を作ります。

ジャガーは人質を逃がしますが、
ドラゴンの正体がバレてしまいます。

ジャガーとフェイは
ライフルや手榴弾を使用して
ドラゴンを救出しますが
海賊との乱闘になりました。

 

ドラゴンも戦闘に参加します。

ドラゴン、フェイ、ジャガーの3人で
サンに戦いを挑みます。

3人がかりでも劣勢ですが、
サンを絨毯でグルグル巻きにして
手榴弾で爆破して勝利しました。

 

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す