「ポリス・ストーリー/レジェンド」のストーリーを結末までネタバレ

「ポリス・ストーリー/レジェンド」の
ネタバレを結末まで公開します。

タイトルはポリス・ストーリーですが、
シリーズとは別の世界です。

あらすじ

主人公は中国警察のジョン刑事。
(とても60歳には見えないジャッキー)

ある日、
ジョンは娘のミャオに呼び出され、
クラブ「ウー・バー」を訪れます。
(かなり大きな建物)

いかにも怪しい雰囲気です。

 

仕事人間だったジョンは、
妻が死んだ時も立ち会えず、
ミャオとの関係は最悪です。

そんな娘からの呼び出しです。
ジョンは躊躇いつつも建物に入ります。

ちなみに明日は妻の命日です。

 

店に入ったジョンは
マスターのウーによって
ミャオが待つ個室に通されました。

ウーは右足が不自由なようです。

久しぶりに会ったミャオは、
派手な化粧に赤色の髪、
タバコも吸い始めていました。

ミャオが父を呼び出した理由は、
恋人を紹介したいからです。

その恋人とはウーの事でした。

ミャオと2人っきりになったジョンは、
交際には反対だと言います。

もちろん大喧嘩になりました。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

ジョンとミャオが口論していると、
バーの中で喧嘩騒動が発生します。

騒ぎを聞きつけたジョンは、
ミャオを部屋に残して止めに入ります。

ジョンはウーとの連携で
見事に犯人を取り押さえました。

その直後、
ジョンは何者かに背後から襲われ、
意識を失ってしまいました。

 

ジョンが意識を取り戻すと、
バーは完全に閉鎖されており、
客は人質に取られていました。

別室に拘束されているジョンは、
主犯のウーに目的を尋ねますが、
「あんただ」とだけ言われます。

ジョンは過去の事件を思い出しますが、
ウーに心当たりはありませんでした。

ジョンはウーがいない間に
拘束具を解いて部屋から出ます。

客は檻のような場所に
監禁されていますが、
危害は加えられていない様子。

ウーの事務所に忍び込んだジョンは、
女の子の写真を発見します。

 

建物内を逃げ回ったジョンは、
トイレで娘のミャンと接触します。

髪の毛はカツラでした。
見事な黒髪ロングです。

父を困らせたくて
悪ぶっていただけなのです。

ジョンはミャンの協力を得て
ウーが回収した携帯を手に入れ、
外にいる刑事に電話をかけて、
中の状況を伝えました。

建物には爆弾が仕掛けられており、
警察が突入したら大爆発します。

 

逆に外の刑事はジョンに
ウーの要求を伝えました。

ウーは囚人のウェイという男性を
連れてこいと言ったようです。

局長の承認が下りたので、
ウェイは現場に向かっています。

 

ウーはジョンが逃げた事に気付き、
ミャオを人質に取って呼び出します。

ジョンは大人しく捕まって
檻の中に入りました。

 

檻の中には、
ウェイが捕まった事件の
目撃者が3人もいました。

薬局の店員、
ナイトクラブのママ、
会社経営者。

ウェイは、
薬局で女性を殺して逮捕されました。

担当したのはジョン刑事で、
この場に関係者が4人もいるのです。

さらにウーは、
犯人のウェイを呼んでいます。

偶然のはずがありません。

ジョンはウーに
他の人質を解放しろと要求します。

ウーは自分の話を始めます。

幼い頃にタイに移住。

父が借金を残して死んだので、
ウーは格闘家になって返済しました。

今の部下たちは、
そのころ知り合った者たちで、
全員がウーを尊敬しています。

ウーは、
薬局で事件が起きた5年前に
中国に戻って来たのです。

 

そんな中、
警察が突入を試みますが、
工場を改装したこの建物は、
要塞のような造りでした。

突入は失敗です。

 

ウェイが現場に到着しますが、
建物の中に入ることを拒みます。

当たり前と言えば当たり前です。

 

ここでジョンは、
関係者以外の人質を解放すれば、
自分がウェイを説得すると申し出ます。

するとウーは
格闘で部下に勝ったら
要求を飲むと答えます。

 

ジョンは檻の中でウーの部下と戦います。

相手は元ファイターです。

かなり劣勢に追い込まれますが、
人質たちに背中を押されて勝利しました。

ジョンは4人を連れて外に出て、
ウェイを連れて戻る事になりました。

ウェイを連れて戻れば、
残りの人質も解放される手はずです。

ジョンは
怪我をしているウーの仲間1人と
人質3人を連れて外に出ました。

ジョンは特殊部隊の隊長や、
局長に中の状況を説明します。

やはり強行突入は難しそうです。

 

ジョンはウェイを説得します。

ウェイは納得しました。

何故ならウェイが逮捕されてから、
ジョンは彼の母を気にかけていたのです。

ウェイはジョンに感謝しており、
自ら役に立つ事を望んだのです。

 

ジョンはウェイを連れて中に戻ります。

例の目撃者3人の首に
爆弾が装着されていました。

ジョンは外の隊長から無線で
人質が1人いないと報告を受けます。

ウェイの顔を見たウーは、
今回の事件を起こした理由を喋り始めました。

 

5年前、
薬局でウェイに殺されたのは、
ウーが幼い時に別れた妹でした

成長したウーは妹を探し続け、
やっと5年前に見つけたのです。

しかし、
ウーが中国に戻って来た時には、
妹は命を落としていました。

ウーはこの事件の真相を知りません。

だから関係者を無理やり集めたのです。

ウーは正直に話せば解放すると
人質たちに伝えました。

 

スポンサーリンク

結末

まずはウェイが話します。

ウェイは病気の母の為に
薬局で薬を盗みました。

店を出ようとしたとき、
目撃者の社長が財布を落とし、
ウェイが拾いました。

社長は泥棒だと騒ぎ、
薬局の店員が万引きに気付きました。
(ナイトクラブのママは社長の連れ)

警察に通報されそうになったので、
ウェイはウーの妹を人質に取りました。

社長とママは逃げ、
店には店員とウーの妹が残りました。

ここでジョンが店に駆け付けました。

 

次にウーが自分の推測を語ります。

ジョンの腕なら
ウェイを射殺する事も可能でした。

しかし、
ジョンは説得を試みました。

そこで意外な事が発生します。

妻が事故に遭ったという
電話を受けたジョンは、
ウェイの説得に集中する事ができず、
ウェイはウーの妹を殺してしまった‥‥

 

今度はジョンが語ります。

妻が事故に遭ったのは事実ですが、
ジョンは電話には出ていません。

妻の死に気付いたのは
ウェイの事件を解決してからです。

説得中も集中しており、
ウェイもその事に同意します。

ウェイは動揺していましたが、
ウーの妹は冷静でした。

 

再びウェイが語ります。

ジョンの説得中に
店の外が騒がしくなり始めました。

次々と警察が来たからです。

ここでウーの妹は小さい声で
殺して」と呟きました。

ジョンも聴いています。

2人が動揺した直後、
ウーの妹はウェイが持っていたナイフで
自分の頸動脈を切ってしまったのです。

すなわちウーの妹は自殺です。

ウーは信じようとしませんが、
ナイトクラブのママは見ていました。

人質に取られる前にウーの妹は、
大量の睡眠薬を求めたのです。

何かを察したナイトクラブのママは
「睡眠薬の自殺はオススメできない」
とウーの妹に助言したのです。

その直後、
事件が発生しています。

 

ウーの妹は妊娠していました。

ジョンの話では、
事件後も父親は現れませんでした。

 

ここで隠れていたバーテンダーが現れます。
(隊長が報告した解放されていない人質)

彼を見たジョンは、
ウーの事務所の写真を思い出して、
彼がウーの妹の恋人だと気付きます。

 

ウーの妹が妊娠した時、
妹は異国の兄に電話で相談しました。

相手の事を知ったウーは、
妹に別れる事を勧めたのです。

バーテンと妹はケンカをして
そのまま永遠の別れとなりました。

今回はウーの復讐を傍で見るために
彼の下で働くことにしたのです。

バーテンはウーの妹を愛しており、
自分が悪かったと自殺しようとします。

その場に特殊部隊が突撃し、
ウーの仲間を射殺しました。

 

ウーはミャオを連れて逃走し、
ジョンは1人で後を追います。

ジョンは線路で2人に追いつきます。

ウーはジョンに拳銃を渡して、
「列車が来る前に自殺をすれば、
ミャオは助けてやる」と告げます。

銃を受け取ったジョンは、
自分の命など惜しくないと答えて
自分に向けて引き金を引きました。

弾は入っていませんでした。

 

ウーは自分の負けを認め、
ミャンを解放します。

ジョンは逮捕しようとしますが、
ウーはジョンを撃って、
列車に轢かれて自殺しようとします。

特殊部隊の隊長が
線路を切り替えていたので、
ウーは死ぬことはできませんでした。

その場に特殊部隊が現れて、
ウーは逮捕されて、
ジョンは病院に搬送されました。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す