映画「アイスエイジ2」のストーリーを結末までネタバレ

映画「アイスエイジ2」の
ネタバレを結末まで公開します。

あらすじ

氷河期の時代。

マンモスのマニー、
ナマケモノのシド、
サーベルタイガーのディエゴは、
今でも行動を共にしています。

近ごろは地球温暖化の影響で、
地球を覆っている氷が溶け始めていました。

温かい場所が好きな動物たちは、
海や川で遊んでいます。

昔のように南に逃げる必要もありません。

 

そんなある日、
マニーとシドとディエゴが遊んでいると
分厚い氷河が溶けて割れました。

海面が見えた時、
水恐怖症のディエゴは、
マニーの体に飛びつきます。

マニーはこのまま氷が溶けると
大洪水が発生すると予見して
一緒に暮らす動物たちに伝えます。

マニーたちは、
氷のダムの谷で暮らしており、
氷が決壊したら住処が水没するのです。

動物たちはマニーの言葉を信じませんが、
ハゲワシが姿を現してマニーの言葉が
真実だと教えました。

さらにハゲワシは谷の外れに
大きな船があるとマニー達に教えます。

 

スポンサーリンク

ネタバレ

動物たちは谷の外れにある
船を目指すことになりました。

近ごろマニーは他の動物たちに
「最後のマンモスだ」と
からかわれて元気を失っています。

 

移動の途中でマニー達は、
フクロネズミのエディとクラッシュ、
雌マンモスのエリーに出会います。

エディとクラッシュはイタズラ好きで、
シドなどは完全に遊ばれています。

マニーは、
マンモスのエリーを見て喜びますが、
エディとクラッシュと共に育ったエリーは、
自分をフクロネズミだと信じているのです。

あの大きい体で
木に登ったりしています。

 

シドとディエゴのお節介で
3人も行動を共にする事になりました。

自身をフクロネズミだと思うエリーは
ハゲタカに怯えて死んだフリをします。

マニーはエリーに
自分達の足跡や影が
同じだと説明しますが、
エリーはマンモスだと認めません。

 

6人が氷の上を歩いている時、
分厚い氷が割れて2体の
水生爬虫類に襲撃されました。

水恐怖症のディエゴは、
まともに動くことができません。

マニーが戦って追い返します。

 

マニーはエリーに恋したようですが、
性格的に認める事はありません。

 

やがてエリーはマニーとの出会いや、
子供の時に見た景色を思い出し、
自身をマンモスだと認めはじめます。

エリー
「どこかで分かっていたの。
フクロネズミとしては大きいし、
男の子にはモテないし。」

マニー
「でもマンモスとしては君は‥‥」

エリー
「なに?」

マニー
「魅力的だ。」

エリー
「どこが魅力的?」

マニー
「どこが‥
おしり?」

お尻を褒められたエリーは喜びました。

 

一方でシドは、
ディエゴの水恐怖症に気付き
泳ぎ方を教えました。

それでもまだ水には入れません。

 

 

翌朝、
マニーたちが目を覚ますと
水が間近に迫っていました。

急いで谷の外れに逃げます。

谷の外れには、
大きな木の船がありました。

 

船を目前に
間欠泉の地帯に差し掛かります。

マニーは突っ切る事を提案、
エリーは迂回を提案します。

2人の口論は決着がつかず、
マニー、ディエゴ、シドは突っ切り、
エリー、エディ、クラッシュは、
迂回路を探すことになりました。

 

スポンサーリンク

結末

勇気を出して前に進んだマニー達は、
間欠泉の地帯を突っ切りました。

しかし、
エリーたちの姿はありません。

 

その時でした。

氷のダムが決壊して、
大洪水が発生しました。

大きな震動によって岩が崩れ、
エリーが崖下に閉じ込められます。

エディとクラッシュが助けを求めに現れ、
マニー、ディエゴ、シドの3人は、
大量の水が押し寄せる道に戻ります。

ディエゴは水に飛び込んで、
溺れかけたシド、エディ、
クラッシュの3人を助けました。

マニーは水生爬虫類を倒して
見事にエリーを救出しました。

 

さらに氷のダムは決壊を繰り返し、
マニー達の住処から水が引いていきました。

マニーたちが壁の向こう側を見ると
マンモスの群れが姿を現しました。

マンモスは絶滅していませんでした。

群れを見たマニーとエリーは喜びます。

 

エリーは、
群れと行動を共にしようとしますが、
マニーは躊躇しました。

マニーにとってはマンモスよりも
シドとディエゴの方が仲間なのです。

エリーは立ち去ります。

シドとディエゴは、
マニーを送り出します。

 

エリーを追いかけたマニーは
一緒に居たいと想いを伝えます。

エリーはマニーを受け入れます。

 

ディエゴとシドは、
2人で旅を続けようとしますが、
マニーとエリーは群れよりも
彼らと行動を共にする事にしたようです。

 

映画を観るならU-NEXTの無料体験がオススメです。

U-NEXT


 

スポンサーリンク



コメントを残す